ストレスで太ってしまったがヤーコンの赤ワイン煮で体重が戻る

高値安定してしまった血糖値が下がった

十数年前、夫の急死で私の人生は一変しました。ひとりで数千万の住宅ローンを返済し、5人の子僕たちを育てなければならないのです。

当時は理髪店をしていましたが、必死に働きました。そのうち、ストレスのせいかしだいに体重がふえ始めました。立ち仕事だったので足のむくみもひどく、医師に「血圧もコレステロールも血糖値も高い。このままでは、近いうちにほんとうの糖尿病になりますよ」と叱られるようになりました。

はっきりとは覚えていませんが、血糖値は基準値ぎりぎりの数値だったと記憶しています。わが家は母.親が高血圧の発作で亡くなっていたため、高血圧も不安でした。身長は150cmないのに体重は60kgまで増加。確かに、太りすぎでした。

毎月の血液検査の結果はどんどん悪くなるし、処方される薬の量もどんどんふえるばかり。一時期は自力で歩けないほど調子が悪く、不安もつのるばかりでした。

そんなとき、知人から「血糖値が高いなら、ヤーコンがおすすめよ!」とすすめられたのです。ヤーコンという野菜には、血糖値を下げる成分がたっぷりあるとか。そこでヤーコンを食べたり、葉のお茶を飲むようになったのです。

ヤーコンをとり始めてしばらくすると、いままでまったくやせられなかったのに、体重がスルスルと減ってきたんです。血液検査を受けたら、血糖値も低下。1年半後には、すっかり正常値になっていました。うれしくなった私は、せっせとヤーコンをとりつづけました。それがこうじて、ついに自分でヤーコンを栽培し始めました。

ヤーコンの赤ワイン煮

分自でヤーコンを作り始めてから、さらにおいしく食べる方法を考えるようになりました。そこで考え出したのが、「ヤーコンの赤ワイン煮」です。これはヤーコンを赤ワインで煮て作るのですが、加熱してアルコール分を飛ばしてあるのでお酒が飲めない人でも食べられます。

赤ワインもポリフェノールなど体にいい成分が含まれていますから、ヤーコンとあわせることでダブルの健康効果を得られるのではないかと思ったのです。ヤーコンの赤ワイン煮はそのままでもおいしいですが、ヨーグルトにかけたり、牛乳とあわせてもおいしいですよ。

ヤーコンをとり始めてそろそろ3年。最近、健康診断を受けたところ、血糖値も血圧も中性脂肪もすべて正常値。ヤーコンの効果にあらためて感激しました。体の調子が悪いときは、精神的にも落ち込みましたが、健康になったいまは気持ちも前向きになりました。

ヤーコンとはサツマイモそっくりですが、じつはキク科に属する植物。血糖値の高い人におすすめの食品です。ヤーコンは、血糖値を上昇させるデンプンをほとんど含みません。加えて、胃や小腸で分解・吸収されない「フラクトオリゴ糖」も豊富。さらに、血糖値を下げる食物織維も多く含みます。これらの働きのおかげで、ヤーコンをとっても血糖値は上がりにくいのです。このヤーコンを赤ワインで煮れば、糖尿病の人にとってはさらにおすすめ。赤ワインに含まれる皇喜田なポリフェノールには、デンフンの消化・吸収を遅らせ、血糖値の急速な上昇を抑える働きがあります。

ヤーコンに赤ワインがプラスされることで、血糖値の上昇をさらに遅らせることができるのです。


お昼の情報番組「ヒルナンデス!」にも登場

ヤーコンは加熱しても栄養素が失われなく、だし汁も食べることで全ての栄養を摂取できる。ビタミンやポリフェノールが豊富で、そんんあ栄養たっぷりの野菜を手軽に購入できる。ということで紹介されました。2012年頃ですが、このときは、ヤーコンのきんぴらが紹介されました。栄養や効能は、血糖値を下げる作用と全く同様です。