お酢には食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きがあり、その有効成分は酢酸であることがわかっています。食事と一緒にお酢をとると、糖質の吸収がゆるやかになるため、血糖値もゆっくり上昇するのです。

食後血糖値が急上昇すると、血管を傷つけ動脈硬化が進みます。また高血糖を下げるために大量のインスリンが分泌されるので、すい臓にも負担がかかります。お酢はこうした弊害を防いでくれるのです。加えてお酢のよいところは、さまざまな食材を漬け込んで保存食として活用できること。

とりわけ糖尿病の人にはごぼうを漬け込んだ「酢ごぼう」がおすすめです。ごぼうには水溶性食物繊維の一種であるイヌリンが豊富に含まれています。イヌリンは水溶性食物繊維として、腸内の余分な糖質をからめとって排出する働きがあります。

またイヌリンをエサにする腸内細菌は短鎖脂肪酸をつくって腸内分泌細胞を刺激し、血糖値をゆるやかにするホルモン(GLP-1 ) などの産生を促します。さらにごぼうには水に溶けない不溶性食物繊維も豊富なため便秘を解消して腸内環境を良好に保ってくれます。加えてお酢の酢酸がつくりだす酢酸菌も腸の善玉菌を増やします。悪玉菌が多いと、脂肪を貯め込みやすい体質になるため、内臓脂肪が増えてインスリンの効き目が悪くなります。

逆に善玉菌が増えると、脂肪細胞からアディポネタチンというインスリンの効き目をよくする成分が分泌されます。このようにお酢とごぼうの組み合わせはよいことずくめなのです。酢ごぼうの効果をさらに高めるには、食事の1番最初によくかんでゆっくり食べるのが大事なポイントです。先にごぼうの食物繊維を消化管に送り込むことで、糖の吸収をゆるやかにし、血糖値の急上昇を抑えられるからです。その後の食事もゆっくりとれば、血糖値の上昇はさらにゆるやかになり、わずかのインスリンで血糖値を下げるので低血糖も防げます。糖尿病の薬を減らせる可能性もあるので試してみるといいでしょう。

酢ごぼうの作り方

材料(作りやすい分量)
  • ごぼう(2本)
  • 黒酢(400ml)
  1. ごぼうの皮をとる ごぼうをキレイに洗い、包丁の背で皮をこするようにしてこそげとる
  2. ごぼうを切る 皮をとったごぼうを5cm程度の長さに切り、さらに食べやすいサイズに切る。
  3. 切ったごぼうを密閉容器に入れ、黒酢を注ぐ。
  4. 冷暗所で保存。 3の酢ゴボウを冷暗所で保存。1週間程度食べられるが2週間たつと味がなじんでおいしくなる。なお、再度作る場合は黒酢は新しいものに変える。

1日に3回食べれば血糖値急降下。毎食時に15~20切れ程度を目安によく噛んで食べる。

ゴボウのプロフィールはこちら。

たくさんは家に置かないこと

小さな子供がいる家には、人形やぬいぐるみがたくさんあると思います。また、キャラクターものが好きだったりして、家に人形やぬいぐるみをコレクションしている、という人もいるでしょう。

風水では、人形やぬいぐるみもその家の住人と考えられ、人間と同じように気を分け合う存在なのです。5人家族なら、その空間に入ってくる良い気を普通は5人で分け合うのですが、そこに人形が1体ある場合、家の住人は6人とみなされて、良い気も6人に分けられます。

これは、人のかたち、動物のかたちをしたすべてのものに当てはまります。ですから、人形やぬいぐるみがたくさん置いてある家では、家族ひとりひとりが吸収する運気が減ってしまうということになります。

ただし、人や動物のかたちをしているものでも、ただ飾られているだけでなく人形以外の何かの役割をもっているものは別です。例えば、タオルハンガーやティッシュカバーなどになっているものに関しては、人間と同じように気を分け合う存在とはみなしません。

人形やぬいぐるみを家に置くなら、たくさんは置かず、気に入ったもの2~3体くらいにしておきましょう。注意するのは、特に気の入り口となっている玄関に置くのを避けることです。

人形はどうやって捨てたらよいか

人形やぬいぐるみって、なんだか捨てにくいですよね。そこで、人形を捨てるにはどうしたらよいのかというと、顔が汚れないように注意することが大切です。それは、人形を捨てるときに顔を汚してしまうと、持ち主だった人の容姿に影響が出るといわれているからです。

そこで、どのようにしたらよいのかというと、まず、顔が汚れないように、布や和紙などの通気性が良いもので包みます。このとき、ビニールや化学繊維などの素材のもので包むのは、おすすめできません。

金の気が返ってくるように処分はきちんとする

女性にとってジュエリーは特別なもの。たとえば、昔の恋人からもらったものでも捨てないで持っているという人も多いのでは?

ジュエリーなどのアクセサリーを処分する場合には、『捨てる』というより、『運を得る』という感覚で処分します。

風水では、アクセサリーなどの宝石は「金」の気をもつものだと考えます。「金」の気は豊かさや楽しみごとを司るので、持っていても身につけない、使わないアクセサリーやジュエリーがたくさんあると、豊かさや楽しみごとを生じにくいということになります。

しかし、次のような方法で、使わないアクセサリーからも豊かさを得ることができます。

特に、宝石がついているアクセサリーの場合、きちんとした捨て方をすることで、自分自身に「金」の気、つまり金運に象徴される豊かさや楽しみごとが返ってくるというわけです。

運気をアップしたいと思うなら、もったいないと思わずに、処分してみましょう。

ジュエリーを処分するときは、川や湖、海などの水辺に捨てるのが基本です。時間は何時がよいかというと、だいだい午後の2時~5時頃の間がベストだといえます。

ただし、いやな思い出があるものや嫌いな人からもらったものなら、新しい運気を生み出す午前中に捨てるのがよいです。また、縁を切りたいと思っている人からもらったジュエリーは、川や湖ではなく、海に流しましょう。

別れた恋人の写真を持っていると新しい出会いが妨げられる

風水では、写真は、その瞬間の気を記憶しているものだと考えられています。

昔つきあっていた恋人との写真というのは、誰でも捨てにくいものだとは思いますが、すでに終わってしまった縁(えん)が記憶された写真を持っていると、風水的には、まだその縁は終わっていないと見ます。

そして、ひとつの縁をきちんと切らない限りは、次の縁はやって来ないのです。

自分の気持ちのうえでは区切りがついて、きちんとその縁を終わらせていたとしても、別れた恋人の写真を捨てずに持っていることで、自分にとって必要な人との次の出会いが妨げられてしまいます。

たとえば、昔の恋人を含め5人以上の人が一緒に写っている写真なら残っていても問題ないのですが、2人が一緒に写っている写真や恋人だけの写真があると、それが新しい出会いのチャンスを妨げるので、きちんと処分したほうがよいです。

きちんと捨てることで過去の縁を浄化する

思い出が深い写真は「水」の気をもっています。それを「木」の気をもつ白い布で包んで、晴れた日の午前中に捨てます。晴れた日は「火」の気が強いので、過去の縁を清浄化してくれます。

思い入れの強い写真なら、自分の家よりも高いところに捨てることで、スムーズに写真から生じる悪い縁を切ることができます。小高い丘の公園にあるゴミ箱などがよいです。

写真が1枚しかないなら2つに折って捨てる、何枚もあるなら写っている面同士を合わせて、布や紙に包んでから捨てるようにします。

古い下着を捨てて運気をアップする

「もったいない」と、ものを大切にする気持ちは大事なことですが、ずっと着ていない衣類、何年も前に流行った服をクローゼットの奥にしまっていませんか?

風水の世界では、流行は時の運、つまり、チャンスを司るといわれていて、流行に左右され過ぎるのは問題ではありますが、チャンスを手に入れるためには、ある程度流行に敏感になることは大事です。

また、風水では、布は縁(えん)を司るものとされています。流行遅れの洋服を着ていたり、ずっと捨てられずにいるということは、恋愛や人間関係など、出会いのチャンスに恵まれないということになります。

着なくなった洋服を、いつまでもクローゼットにしまっておくと、「古い」や「使わない」といった「陰」の気が、クローゼットの中のほかの衣服にも移ります。

女性は男性よりも布から生じる運を体内に吸収しやすいため、流行遅れの服や着なくなった服は縁に恵まれない体質をつくることになったり、悪い縁を呼び込んだりします。

特に、古い下着は注意する必要があります。下着は肌に直接触れる衣類なので、ほかの衣類よりも、運気にもたらす影響力が大きくなるのです。

下着の寿命は、使い始めてから1年くらいです。縁(えん)に関してだけでなく、現在の自分の運気を変えたいと思うなら、まずは、クローゼットの奥で眠っている古い下着を整理してみましょう。

新しい下着が新しいチャンスをもたらしてくれます。

古着を捨てるなら晴れた日が良い

とても気に入っていたり、高価なものだったりして、クローゼットの中で眠ったままの衣類。それらのどういったものを捨てたらよいのかについてですが、基準になるのは、2年以上袖を通していないもの、明らかに流行遅れだと思うものです。

洋服を捨てる場合、紙などの燃えるゴミと一緒に捨ててかまわないのですが、生ゴミとは区別して捨てます。捨てるものだとしても、着ていた衣服に悪臭がつくと恋愛運や人間関係の運が低下するので、それを防ぐためです。

下着を捨てる場合には、いったん紙などに包んでからゴミ袋に入れましょう。これは、「水」の気をもつ下着が、相性の悪い「火」の気をもつビニール袋に、直接触れるのを避けるためです。

そして、洋服や下着などの布を捨てる日は、晴れた日のほうが良いです。「陽」の気の強い日に古いものを捨てることで、それまでの悪い縁も捨てることができるのです。

古い物からは良い気が得られない

この世の全てのものに、ありとあらゆる「気」が存在します。新しいものほど「陽」の気が強くて良い気が満ちていますが、反対に、古いものほど「陰」の気が強くなります。

ものにも寿命があって、自分が特にお気に入りのものは別としても、古くなってしまったものからは、良い気を得ることができないのです。

また、持っていても使わずにしまってあるものも「陰」の気が強くなります。使っていないということはそれを活用していないということで、つまり、命がない状態なので、「陰」の気がこもるのは当然といえます。

たとえば、使っていない食器や着ていない洋服といった、とりあえずしまってあるものが、自分の運気を停滞させているのです。

気の巡りが良くない家は災難に見舞われる

私たちはその空間の「気」を吸収しているので、運気が良くなるためには、良い気で満たされた空間で生活することが大切になります。

特に必要のないものや使わないものが家の中にたくさんあると、気の巡りが悪くなって、その家には「陰」の気が強くなります。そして、気の巡りが良くない家に住んでいると、病気になる可能性もあるのです。

私たち人間が血の巡りや代謝が悪くなると病気にかかるのと同じように、気の巡りが悪い家はさまざまな災難に見舞われることがあります。

必要ないものを処分することで幸運がやってくる

運気を上げ幸運を得るためには、自分にとって必要ないものや使わないものは、思い切って処分しましょう。「いつか使うかもしれない」と思って、ものをとっておきがちですが、そういうものってやっぱり使わないのです。

ただ、なんとなく捨てにくいと思うものもあるでしょうから処分しづらいものの捨て方を紹介していきます。

まずは、自分にとって本当に必要なものと必要のないものを区別するところから、風水を実践していきましょう。

症状が現れたときには既に赤信号の放っておくと恐ろしい糖尿病

生活習慣が発症に影響する2型糖尿病

自覚症状がほとんどなく、症状が現われた時には手遅れになることが多い、サイレントキラーともよばれる「糖尿病」。糖尿病は、インスリンというホルモンの分泌や作用が低下し、高血糖が慢性的に続く病気です。

糖尿病には1型と2型があり、成人に多い2型糖尿病は、遺伝的要因の他、食生活の乱れや運動不足などの生活習慣が原因で発症することがわかっています。発症して間もない頃であれば、食生活や運動など生活習慣を改善することで軽快することもありますが、進行すると内服薬だけでなくインスリン自己注射の治療が必要になってきます。

糖尿病の初期症状は、のどの渇き、頻尿、多尿、食事をしたにもかかわらず空腹感がある、倦怠感などです。ただし糖尿病の初期は多くが無症状ですから、これらの症状を自覚した時は、かなり進行している可能性もあります。重症になると、合併症を起こします。その1 つが抹消神経の障害で、手足がしびれ、場合によっては足の切断を余儀なくされることもあります。また血糖値の高い状態が続くと網膜の血管が損傷し、重症になると失明することもあります。糖尿病腎症では、腎臓の毛細血管が損傷し、重症になると人工透析が必要になります。このように糖尿病は、全身の健康を脅かす恐ろしい病気です。今月は、自分が糖尿病だとわかっていながら数ヶ月にわたって通院も服薬もせず、お酒ばかり飲んでいたことで悲惨な状況に陥った、70歳の男性のお話をしたいと思います。

糖尿病でも通院しなかった70歳男性の場合

ご夫婦2人暮らしのこの男性、奥さまがいくら話しても開く耳を持たず、かかりつけ医はいたものの病院に行けば先生から叱られて「あれはダメ、これもダメ」と言われるのが嫌で、通院していなかったと言います。糖尿病がどのような病気で、放っておいたらどうなってしまうのか、ご本人も奥さまもよく理解されていなかったようです。

本人には自覚症状がほとんどない訳ですから、今まで通りお酒を好きな時に好きなだけ飲み、特に最近はまともな食事も取らず、昼夜関係なく好きな時に寝て、好きな時に起きる、という生活をされていたそうです。そのような生活をおくっていれば、糖尿病ではなくてもどこかおかしくなってしまいそうですよね。

通院と服薬を止めて4 カ月。ついに症状が出始め、体の異常が顕在化してきました。体重が減り、筋力が低下。手足がしびれて歩行が不安定になってしまいました。寝返りや寝起きもやっとの状態で、床ずれができてしまい、要介護認定の申請をすることになったのです。

早速、ケアマネジャーと一緒にご自宅にお伺いし、奥さまの他に同じ市内に住むお子さまも一緒にお話をさせていただきました。まずは何と言っても、かかりつけ医で診察を受けて、服薬をきちんとしていただくこと、必要な栄養補給(食事) をしていただくことをお願いしました。話を聞いて驚いたお子さまは、すぐにお父さまをかかりつけ医へ連れて行ってくださいました。当然のことながら、数値は基準値を大きく超える状態になっていました。

それでも何とか入院は免れ、自宅療養することになりましたので、弊社からは「介護用ベッド」や「床ずれ防止用具」、「手すり」のレンタルに加え住宅改修を行い、自宅内外の動線に手すりを取り付けさせていただきました。後は食事と服薬の管理をしっかりとなさって、適度に動かれることで数値が改善されるのを願うばかりです。

不摂生を続けると2人に1人は糖尿病に

糖尿 病で足の切断を余儀なくされた方、 腎臓が機能しなくなり週3回の人 工透析をされている方もいらっ しゃいます。いずれも症状がない からと、お医者さまから指示され た食事の取り方や服薬などを無視 して生活されてきた方ばかりです。 日本人は欧米人に比べ、遺伝的 に糖尿病にかかりやすい体質とい われています。特に40歳以上の日 本人男性は、不摂生を続けると2 人に1人は糖尿病になる可能性が ある、という詰も聞きました。 食生活の欧米化により、19 55 年に比べるとこの60年間で、糖尿 病の患者数は30倍に増えているの だそうです。 今回、改めて糖尿病という生活 習慣病の恐ろしさを目の当たりに した事例でした。そして糖尿病は5年生存率50%だということを忘れてはいけません

むくみ、悪心、嘔吐、けいれんなど...

健康やダイエット目的などにおいてコレがよいと聞くとそればかり摂取する人が増えます。水においても例外ではありません。

しかも水を大量に飲むのは実は危険なことなのです。体調を崩すだけでなく、命の危機を招くこともあります。2007年にアメリカで水の飲みすぎによる死亡事故も起きています。

「トイレに行かずにどれだけ水を飲めるのか」というコンテストに参加し、約6.5リットルの水を飲んだところで参加女性はリタイアし、帰宅後自宅で死亡したのです。

その死因は水中毒です。通常、水の摂取量には限度がありますが、水分が十分に摂取できていると脳が判断すれば、のどの渇きはなくなり、それ以上水を受け付けなくなります。

しかし、無理して水を飲み続けると、脳の中枢が異常をきたし、いくらでも水が飲めるようになってしまうのです。健康のために、美容のためにと水分を摂りすぎることは決してよいことではないのです。

水を限度以上に飲み続けると、細胞内に水が溜まり、パンパンになり、体がむくみます。これが水中毒の症状です。軟水や硬水であっても例外はありません。

過剰な水分摂取による血液中のナトリウム濃度が低下することが原因で、ナトリウム濃度の低下おしんに伴い重症化します。悪化すれば、悪心、嘔吐、けいれんなどを引き起こし、昏睡状態に陥り、最悪死に至ることもあるのです。水は飲みすぎても少なすぎても健康によくありません。また、がぶ飲みしてもー度に吸収できる量は変わらないので、がぶ飲みもよくありません。1 回に飲む量はコップ1~2 杯が限度です。

中硬水からはじめて、徐々に硬度を上げる

糖尿病の運動療法というと、今まではウォーキングなどの有酸素運動が効果的といわれ、筋肉トレーニング(筋トレ)はあまり重視されてきませんでした。しかし最近では筋トレと有酸素運動を組み合わせた運動療法が推奨されるようになってきました。

ですが両方やるのは大変だと思う人も多いことでしょう。どちらか1つを選ぶとすれば、私は室内で短時問でできる筋トレをおすすめします。

というのは、私自身がかつて糖尿病を発症したとき、どんな運動をしたら最も血糖値が下がるのか調べたところ、筋トレを行った後の効果が一番高かったからです。

筋トレは、筋肉中に蓄えられたブドウ糖からつくられるグリコーゲンをエネルギーとして消費します。グリコーゲンが消費されると、筋肉の中に新たなグリコーゲンの貯蔵スペースができるので、そこに血液中のブドウ糖(血糖)が取り込まれやすくなり、血糖値が下がるのです。

とはいえ、運動の習慣がない人は、「筋トレ」と問いただけで尻込みする人が多いようです。そんな人におすすめしたいのが、「超スロー立ち座り」。イスからゆつくり立ち上がり、ゆつくり座る。これを繰り返すだけの運動です。イスがあるので転倒する心配もありません。

筋力が低下している人は、これを続けるだけで太ももやお尻の筋肉が強化されます。ある程度筋肉がついてきたら、完全に座らず、イスにお尻がつくかつかないかのところで、立ち上がるようにすると、さらに効果がアップします。

糖尿病の原因は「インスリンの効き目が悪くなる」、「インスリンそのものが出にくくなる」の2 つといわれていますが、最近では3つ日の原因として、「筋肉量の減少」を指摘する糖尿病専門医もいます。この第3 の原因に対して効果がある運動が、超スロー立ち座りなのです。

筋肉量が増えれば、歩くのが楽になり、ウォーキングも苦にならなくなるでしょう。両方を併用すれば、血糖値はさらに改善し、薬を服用している人は、減薬も期待できるようになります。

超スロー立ち座りのやり方

  1. 椅子に座る椅子に座り、両手を胸の前でクロスさせ、顔は正面を向く
  2. ゆっくり立つひざを伸ばし、4秒かけて椅子から立ち上がります。完全に立ち上がったら4秒かけて座ります。これを10回繰り返して1セット。朝・夕方に2回行います。

超スロー立ち座りに発酵黒豆エキスを合わせれば間違いないでしょう。

糖尿病には、血糖値を下げるインスリンというホルモンが出なくなる1型と、インスリンの分泌が衰えたり、その効きが悪くなったりして血糖値が高くなる2型があります。

日本人の糖尿病患者の95%以上は2型なので、ここでは2型糖尿病の治療薬について解説します。2型糖尿病治療の基本は、食事療法と運動療法です。これらを実行しても高血糖が改善しない場合、薬による治療が検討されます。

血糖値を下げる飲み薬(血糖降下薬)には、多くの種類があります。インスリンの分泌を促す薬、糖の消化吸収をゆるやかにする薬、肝臓で糖が作られるのを抑える薬、インスリンの効きをよくする薬など、アプローチもさまざまです。

その人の体質、症状、肥満傾向、生活状況などによって、適合する薬も違ってきます。そのため、生活習慣と効き目を勘案し、薬を変更していくこともあります。糖尿病の治療薬を服用中、特に気をつけなければいけないのが、低血糖です。

薬の作用が強く出過ぎて血糖値が異常に下がり、意識がもうろうとして非常に危険な状態に陥ィることもあります。手足のふるえ、手足の力が抜ける、動悸、冷や汗、頭痛などが、低血糖の代表的な症状です。

低血糖が起きたら、すぐにブドウ糖や砂糖を補給します。糖尿病の薬を服用し始めても、治療の基本である食事療法と運動療法は続けることが大切です。また、薬を飲み忘れがちの場合は、正直に主治医に伝えるようにしましょう。医師は患者さんが薬を正しく飲んでいる前提で診察し、薬を決めるからです。

糖尿病 | 薬の選び方