焼きそばやうどん、そばは、忙しいときでも簡単に調理ができる便利な食材です。しかも、乾めんのそばやうどん、冷凍のうどんは、長期間保存が可能。これらのそばやうどんは、添加物不使用の製品が増えていますが、いまだに使用しているものも見受けられます。焼きそばは生めんが多く、かんすいや着色料などが使われ、保存料が添加されたものもあります。

東洋水産 マルちゃん焼きそば.png

原材料
めん(小麦粉(国内製造)、植物油、食塩/グリシン、かんすい、クチナシ色素、保存料(しらこたん白)、(一部に小麦・さけを含む))、添付調味料(砂糖、食塩、粉末ソース、香辛料、粉末醤油、ポークエキス、植物油/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、(一部に小麦・大豆・豚肉・りんごを含む))

動物事件で不安なデータが続出している

生めんの焼きそばです。めんに使われている添加物は、グリシン、かんすい、クテナシ色素、保存料(しらこたん自) です。

グリシンはアミノ酸の一種で、味付けや保存性向上の目的で使われています。酸の一種なので、制菌作用があるからです。アミノ酸なので安全性は高いはずなのですが、鶏の白色レグホンに1日に4g 以上のグリシンを大量経口投与すると、なぜか中毒症状を起こして、極度の疲弊、昏睡、死亡が見られました。

またモルモットに大量経口投与した実験では中毒症状を起こし、呼吸筋が麻痔して死亡しました。グリシンをうまく代謝できないようです。ちなみに、「グリナ」(味の素) という、不眠症に効果があることを暗示したサプリメントが出ていますが、この成分はグリシンです。

1包に3g のグリシンを含んでいて、1日に1包を飲みます。すでに多くの人が利用しているといいますが、害が現れたという話は聞かないので、人間には中毒症状を起こさないのかもしれません。

保存料のしらこたん白は、サケやニシンなどの精巣( しらこ) の中の核酸およびアルカリ性たんばく質を、酸性水溶液で分解後に中和して得られたもので、プロタミンともいいます。

制菌作用があるため、保存料として使われ、天然の成分ということもあって、合成の保存料よりは毒性が低いと考えられています。ただし、しらこたん白抽出物質を0.6 2 5〜〜5.0 % 含むえさをラットに食べさせた実験では、白血球の減少、肝重量の減少、肝細胞の委縮などが見られました。

天然物賛といえども、大量に摂取すると悪い影響が出るようです。食品に添加されている量ではどれほどの影響が出るのか気になりますが、人体実験はできないので、詳細は分かりません。また、

この製品には、クチナシ色素やカラメル色素なども添加されています。焼きそばの場合、生めんだけの製品が売られていて、通常は保存料が使われていません。そうした製品を買ってきて、ソースや塩で味付けしたほうがよいと思います。

カップめんはど多くの種類の添加物が使われている製品はないでしょう。

合成保存料や合成着色料を使用していないことをうたったものもありますが、それ以外に調味料や香料、酸味料、着色料など、たくさんの添加物が使われています。

それらが人体に与える影響が心配です。また、油で揚げためんの場合、有害な過酸化脂質が多かれ少なかれ生成されます

日清食品 カップヌードル.png

原材料名:
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、ポーク調味料、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、味付豚肉、ねぎ)、スープ(糖類、粉末しょうゆ、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポーク調味料、メンマパウダー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、くん液、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

添加物まみれのカップ麺の代表 カップヌードルを食べ過ぎたときの症状

子どもから大人まで大人気の製品です。しかし、この製品には2 つの大きな問題があります。1 つはめんを油で揚げているため、過酸化脂質ができることです。

カップめんは、めんを油で揚げている製品がほとんど。「どん兵衛」(日清食品) や「赤いきつね」(東洋水産) などのうどん、さらに日本そばや焼きそばなどのカップめんもありますが、それらのめんもほとんどが油で揚げています。これによって、油が酸化しやすくなり、過酸化脂質ができてしまうのです。

カップめんは賞味期限が長いので、さらに時間の経過とともに過酸化脂質は増えていきます。過酸化脂質は有害です。一定量をネズミなどの動物に食べさせると死んでしまいます。人間の場合は、胃痛や下痢を起こすことがあります。抗酸化作用のあるビタミンEを添加してはいますが、その働きは不十分で、酸化を完全に防ぐことはできないのです。この製品のもつ1つの問題は、添加物があまりにも多いこと。

原材料のうち、加エでん粉以降が添加物で、全部で15種類も表示されています。これらが一度に口から入ってくるので、胃の張りや、胃の重苦しさ、ビリビリとした痛み、下腹への鈍痛を感じることがあるわけです。

また、添加物はたんばく質や炭水化物と違って分子量が小さいので、すぐに腸から吸収され、血液に乗って全身にめぐります。とくに調味料のL・グルタミン酸Naが大量に使われているので、それらが腸から吸収され、顔や腕に灼熱感を感じたりすることがあります。

油揚げめん製品の場合は、過酸化脂質と添加物が合わさって、胃部不快感や下痢などを起こしやすいと考えられます。こうした問題は、「カップヌードル」だけでなく、ほかのカップめんにも当てはまります。ただし、これらの症状に陥るかどうかは個人差があって、何も感じない人が多いのも事実です。

「日本のパンはおいしくない」と感じている人も多いでしょう。その一因は、イーストフードにあります。これを使うと、大量生産してもふっくらしたパンを焼くことが可能になりますが、しっとり感が失われ、パサパサしてしまい、味わいがなくなります。一方で、イーストフードを使っていないパンもあります。また、菓子パンには多くの添加物が使われているので注意。

山崎製パン 芳醇.png

原材料
小麦粉・糖類・マーガリン・パン酵母・食塩・発酵種・脱脂粉乳・植物油脂・醸造酢・乳化剤・イーストフード・V.C・(原材料の一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

動物実験では臭素酸カリウムに発がん性があることがわかっている

この製品には、イーストフードが使われています。また、「本製品は品質改善と風味の向上のため臭素酸カリウムを使用しております。その使用量並びに残存に関しては厚生労働省の定める基準に合致しており、第三者機関( 日本パン技術研究所) による製造所の確認と定期検査を行なっております」という表示があります。

実は臭素酸カリウムは、ネズミを使った実験で、腎臓に腫瘍を、腹膜にがんを発生させることが分かっているのです。

山崎製パンでは「添加する臭素酸カリウムは微量であり、パンを焼成される過程で分解されてしまうので、安全性に問題はない」とし、これを厚生労働省も認め、販売を許しているのです。しかし全製品で十分分解されているのか分かりませんし、そもそも発がん性のある化学物質をパンに使うという企業姿勢が問題です。

乾物には、麩、のり、かんぴょうがありますが、いずれも保存性が高いので、買い置きして使える便利な食材です。とくに麩やのりはそのまま食べることができます。ただし、製品によっては,着色にタール色素が使われていたり、味付けに調味料(アミノ酸等)が使われていたりします。タール色素は危険性が高いのでそれを使った商品は買わないようにしましょう。

真田 小花麩.jpg

原材料、小麦粉、グルテン、着色料(パプリカ色素、クチナシ色素、ベニコウジ色素)

パッケージのデザインの可愛さに騙されてはいけない

味噌汁やお吸い物にそのまま浮かべるだけでよい簡単な麩。小麦粉と小麦粉に含まれるたんぱく質のグルテンでできています。しかし、彩りをよくするためにタール色素が使われた製品があるので要注意。この製品もタール色素が使われています。

タール色素は、その化学構造や動物実験から発がん性の疑いがもたれています。赤色3号はラットによる実験で甲状腺の腫瘍の増加が認められています。黄色4号は人間に蕁麻疹を起こすことが知られています。皮膚科医の間では非常に警戒されています。青色1号はラットへの注射実験でガンが発生しています。

<

ベーコンにもハムやウィンナーと同様に亜硝酸Naが添加されています。ほかにもリン酸塩や着色料なども使われるこが多い食品ンです。ただし、中には発色剤を使っていない製品もまります。そうした製品はやや茶色っぽくて見た目は悪いのですが安心して食べることができます。

日本ハム 低温ハーフベーコン.jpg

品名
彩りキッチン ハーフベーコン
原材料
豚ばら肉、還元水あめ、卵たん白、食塩、大豆たん白、豚コラーゲン、乳たん白/調味料(有機酸等)、リン酸塩(Na)、カゼインNa、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、香辛料、コチニール色素、(一部に卵・乳成分・大豆・豚肉を含む)

添加物でつくられた不自然食品

原材料のうち、調味料(無機塩等)以外が添加物で、発色剤の亜硝酸沌が使われています。トレハロースは、きのこやエビなどに含まれる二糖類なので問題ありません。

増粘多糖類は、樹液や豆類、海藻、細菌などから抽出した粘性のある多糖類。全部で30品目程度あり、毒性のものは少ないのですが、中には発がん性や、胎児に影響のある催奇形性の疑いがあるものも。

ただし、どれが使われているのかは不明。pH調整剤は全部で30品目程度あり、酸性度ヤアルカリ度の調節、保存性向上の目的で使われます。

それほど毒性の強いものはありません。コチニール色素は、南米に生息するカイガラムシ科のエンジ虫から抽出した橙色の色素。これを3% 含むえさをラットに13週間食べさせた実験で、中性脂肪やコレステロールの増加が認められました。

微量でがんを引き起こすニトロソアミン類

亜硝酸ナトリウムとアミンが反応してできるニトロソアミン類は知られているだけでも10 種類以上あって、いずれも動物実験で発がん性が認められています。

中でも、代表的なN-ニトロソジメチルアミンの発がん性は非常に強く、えさや飲み水にわずか0.0001~0.0005 % 混ぜてラットに与えた実験で、肝臓や腎臓にがんが発生するという結果が得られました。

しかも、これまでにニトロソアミン類は、食肉製品からしばしば検出されているといいます。亜硝酸ナトリウムと肉に多く含まれるアミンとが反応してできてしまうようです。したがって、亜硝酸ナトリウムを添加したハムやウインナーソーセージ、ベーコンなどを頻繁に食べるのは好ましくないと考えられます。

安全なベーコンを食べるには

グリーンマークブランドの商品を購入しましょう。

安心、安全のグリーンマーク 信州ハム「グリーンマーク ローススライス 60g」

主に豚肉や鶏肉を原材料とするウィンナー。しかし、ハムと同様に色合いを良くするための発色剤・亜硝酸Naが添加されることの多い食品です。

さらに、赤いウィンナーには、タール色素の赤色102 号や赤色3号も使われています。タール色素は、その化学構造や動物実験の結果から、発がん性が疑われている合成着色料です。

伊藤ハム アルトバイエルン.jpg

豚肉、豚脂肪、糖類(水あめ、砂糖)、食塩、香辛料、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、保存料(ソルビン酸)、酸化防止剤(ビタミンC)pH調整剤、発色剤(亜硝酸Na)

ビタミンCで発がん物質は防ぐことが出来ない

プリッとした食感に、口の中に広がる肉の味。いろんな料理に使えてお酒のつまみにもなるウインナーソーセージ。しかし、残念ながらこの製品はおすすめできません。

ハムと同様に発色剤の亜硝酸Naが使われているからです。酸化防止剤のビタミンCは、表向きは肉が酸化して変質するのを防ぐ目的で使われていますが、実はニトロソアミン類ができるのを防ぐのが幕の目的です。

ビタミンCには抗酸化作用があり、ニトロソアミン類の発生を抑えられるといわれています。しかし、ビタミンCを添加しても完全には防げません。そのため、これまでもしばしば食肉製品からニトロソアミン類が検出されています。なお、「アルトバイエルン」と並ぶ代表的なウインナーソーセージ製品「シャウエッセン」( 日本ハム) にも亜硝酸Naが使われています。

発がん性物質に変化する亜硝酸Na(ナトリウム)

亜硝酸Na は毒性が強く、中毒症状として、嘔吐、チア′-ゼ(皮膚や粘膜が青色になること)、同意、血圧降下などが知られています。中毒例から計算されたヒト致死量は0.18 ~2.5g です。値に幅がありますが、

最低の0 .18 g は、なんと猛毒の青酸カリ(シアン化カリウム) の致死量0.15gに二匹敵します。

したがって、食品に一定量含まれると中毒を起こすので、ハムやウインナーソーセージに対する添加量が厳しく制限されています。さらに、食肉や魚肉、魚卵に多く含まれるアミンという物質と反応して、発がん性のあるニトロソアミン類に変化するという問題もあります。

このように毒性が強く、しかも発がん性物質に変化する可能性のあるものを、食品に混ぜるべきかどうかは、少し考えれば分かるはずです。

水っぽいハムが増えた理由はこちら。

一重項酸素を有効に消してくれる抗酸化酵素はないものの、SODとカタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼといった抗酸化酵素、それにビタミン類や各種の抗酸化物質(カロテンやポリフェノールなど) の協力で、活性酸素は何とか処理されています。

ここで問題にしたいのは、最初の活性酸素であるスーパーオキシドラジカルです。この活性酸素を叩いておけば、そこから起こる活性酸素の連鎖にまずクサビが打ち込めます。

呼吸や普通の生活で多少多めにスーパーオキシドラジカルが発生しても、それくらいであればSODが処理してくれます。しかし、スーパーオキシドラジカルが大量に発生すると、つくられるSODが間に合わなくなります。

実はもう一つ、大変な問題があります。年齢とともに、つくられるSODの量が減るといわれているのです。

SODだけが抗酸化力だけではありませんが、SODの減少は抗酸化力に大きな影響を与えることは間違いありません。

たとえば、加歳の抗酸化力を100% としますと、20〜30歳でゆっくりと低下し、40歳ぐらいには80% になるといわれています。40歳からは10歳ぐらいごとに20% ほどずつ低下し、50歳代では60% 、80歳代では何とゼロに近くななってしまうといいます。

減少するのはSODだけではありません。カタラーゼもグルタチオンペルオキシダーゼも、年齢とともにつくられる量が減っていきます。

「活性酸素は老化の大敵、病気の元凶です」何度か、こう繰り返しました。いろいろな老化現象から老化を感じるのは、40歳ぐらいからでしょう。

ガンをはじめとした生活習慣病が発見されるのも、中高年世代が多いものです。中高年になると抗酸化酵素が減少し、消されない活性酸素がどんどん増えます。そうしたことから老化が進み、病気が発症すると推測することは無理のない考えだと思います。

活性酸素についてはこちら。

趣味の日本舞踊を続ける体力が戻った

糖質カット酵母を飲んだきっかけは、一昨年の12月に、糖尿病と診断されたからです。

もともと炭水化物や甘いものが好きで、よく間食もしていたので、糖尿病になる可能性はあったのでしょう。

それに加え、私はかねてから患っている皮膚病のために強い薬を飲んでいました。薬の副作用で体調が悪くなるので横になることも多く、運動不足も原因の1一つだったのかもしれません。

糖尿病と診断され、甘いものを控えるよう医師に注意されてからは、炭水化物を減らしたり、つい飲んでしまうコーラをウ一口ン茶に変えたりと、食生活の改善を心がけました。

ところが、血圧や血糖値はまったく変わりませんでした。一番怖かったのは、糖尿病が進行していき、趣味の日本舞踊ができなくなることでした。日本舞踊は10年ほど続けているのですが、踊りの中には激しいものもあり、体力勝負なところもあるのです。

何とかしなくちゃと思い、効果のあるものを探し始めました。そこで見つけたのが、糖質カット酵母「パクパク酵母くん」だったのです。

去年の7月から1日1回飲むようにしました。すると、すぐに数値が下がってきて、ヘモグロビンA1Cは6.0で落ち着くようになりました。

これはいいな、と思い、今度は朝と夜の2回飲むように。とたん、便秘がちだったのが嘘のように1日1度は必ずお通じが来るようになりました。今も糖質カット酵母「パクパク酵母くん」は1日2回食後に飲んでいますが、おかげでとてもいい体調を保てています。

今はひざを痛めたので踊りは少しお休みしていますが、糖尿病の進行は抑えられていますし、ひざが治ったらすぐにでも踊れそうなのでうれしいです。

旅行先にも、もちろん糖質カット酵母「パクパク酵母くん」は携帯しています。先日は遠出をしましたが、これがあれば安心です。

糖質カット酵母「パクパク酵母くん」
https://1088note.com/g-cut/2016/04/post.html

様々な料理に使われるハム。しかし、中にはきれいな肉色を変色させないために、発色剤の亜硝酸Naが添加されている製品があります。

亜硝酸Na は、数ある添加物の中でも毒性が強く、ヒトの推定致死量は0.1 8 ~ 2.5 g 。さらに、発がん性のある物質に変化する可能性もあり、問題視されている添加物の代表です。

丸大食品 ロースハム.jpg

豚ロース肉、還元水あめ、卵たん白、植物性たん白、食塩、ポークブイヨン、昆布エキス、たん白加水分解物/リン酸塩(Na)、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、カルミン酸色素、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・大豆・豚肉を含む)

見た目はキレイでも中身に問題アリ

スーパーで売られているハム製品を食べていて、「市販のハムは水っぽい」「肉のうまみが足りない」と感じている人は少なくないでしょう。豚肉の味わいが少なく、調味料の味ばかりが口に残ります。

それもそのはず、卵や大豆などのたんばく賞を豚肉に注入し、調味料のL・グルタミン酸ナトリウム(【味の素】の主成分)を添加して人工的に味付けしているからです。

この製品の場合、原材料に「卵たん白」「植物性たん白」とありますが、これらは卵や大豆などから作られたたんばく質です。一般に大手ハムメーカーでは、これらのたんばく質を大きな注射器のような器具で注入して、豚肉のかさ上げを図っています。

すると、豚肉本来の味が落ちてしまうので、L・グルタミン酸ナトリウムなどで味付けをしているのです。そのため、不自然な後味が口に残ってしまいます。さらに、発色剤の亜硝酸Na( ナトリウム) が添加されているという問題があります。豚肉にはミオグロビンなどの赤い色素が含まれていますが、時間がたつと酸化して黒っぼく変色してしまうため、茶色っぼいハムになってしまいます。

メーカー側は、「この色では売れない」と考えているようで、それを防ぎ、ピンク色を保つために亜硝酸沌を添加しているのです。

しかし、亜硝酸Naは毒性が強く、これまでの中毒事故から算出されたヒトの致死量は、0.18 〜2.5 gと非常に少量。

ハムに一定量以上含まれると中毒を起こすので、添加量が厳しく制限されています。制限されているとはいえ、これほど毒性の強い化学物資を食品に混ぜること自体大問題なのです。さらに、亜硝酸Naは、肉に多く含まれるアミンという物質と結合して、ニトロソアミン類という強い発がん性のある物質に変化することが分かっています。

そのニトロソアミン類は、酸性状態の胃の中でできやすい物質です。つまり、亜硝酸Naを含んだハムを食べるということは、体内で発がん性物質ができる可能性があるということなのです。

安心して食べられるハムは「グリーンマーク」の表示があるもの

「グリーマーク」の梨品のパッケージには、発色剤・リン酸塩・結着剤・保存料・酸化防止剤・合成着色料・化学調味料などを一切使用していない製品ということを表しています。

また味も悪くありません。ただしパッケージには、「加熱調理することをおすすめします」という表示があります。肉の黒ずみを防ぐとともに、食中毒を起こすボツリヌス菌の増殖を抑える働きがある亜硝酸Na が添加されていないため、万が一ボツリヌス中毒が発生するのを防ぐためにこうした表示があるのです。

安心、安全のグリーンマーク 信州ハム「グリーンマーク ローススライス 60g」
https://life-ddefense.com/ngeat/archives/92

血圧だけでなく血糖値も上がっていた

私はこれまでに脳梗塞を2回、発症し入院しています。

若いころから、健康診断では血圧も血液検査も異常がなく、薬を飲んだこともありません。ところが、7年前に突然、右手と右足が動かなくなり、ろれつも回らなくなりました。驚いて病院へ駆lナ込むと、脳梗塞を発症していたのです。

それでも20日間の入院で身体機能はほぼ回復し、退院することができました。

医師からは、原因は高血圧と糖尿病といわれたので薬を飲み、食事にも気をつけていたのです。しかし、徐々に病状は悪化し、退院から4年後に上の血圧が は200、下の血圧は130 、ヘモグロビンA1Cも9.8まで上がっていました。

それから1年後、再び脳梗塞を発症。今度は左半身にマヒが起こり、左手は肩まで上げられず、車イスに乗せてもらうときに、車イスのステップに左足を乗せることさえできなくなったのです。

まひも軽くなり血圧も正常化

ちょうどそのころ、北海道の友人が「いいものがある」といって、ミミズ食品を送ってくれたのです。私は入院中に、ワラにもすがる思いで、ミミズ食品をとりはじめました。

すると3日後には、左足の感覚が戻ってきて、自分で串イスのステップに足を乗せられるようになつたのです。久でれからはリハビリが順調に進み、1ヶ月後には、杖を突きながらも歩いて退院することができました。

その後、リハビリ施設に通っているうちに、自転車に乗れるようにもなりました。

今でも少しマヒは残っていますが、他人には全くわからないようです。

そしてうれしいことに、現在、最大血圧は122、最小血圧は約80、ヘモグロビンAICは6.2前後で安定しています。服用している薬は食後血糖値の上昇を抑える薬だけで、降圧薬も血液をサラサラにする薬も飲んでいません。

もちろん、3回めの脳梗塞を起こさないためにも、ミミズ食品は今でも飲みつづけています。私はそのおかげで、1回めの脳梗塞の前よりも目覚めもよくなり、元気で意欲も増しているとさえ感じています。

脳梗塞、心筋梗塞の後遺症の回復に「赤ミミズ食品」が注目集まる | パワー

ブログ

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.3