アカシアポリフェノール 効果 血糖値を下げドロドロ血液をさらさらにする糖尿病によく効くポリフェノールについてです。

糖尿病による合併症は命に関わる

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度が正常より高い状態(高血糖)が、慢性的に続く病気のことをいいます。

私たちが食事で摂取した糖質(炭水化物) は、胃や腸でブドウ糖に分解され、血液に乗って全身に運ばれます。高血糖になると、血液は砂糖水のようにドロドロになります。その状態が長く続くと、血流が悪くなり、血管が傷つきやすくなります。その結果、さまざまな合併症を引き起こします。

糖尿病の三大合併症として知られているのが

  1. 糖尿病性網膜症
  2. 糖尿病性腎症
  3. 糖尿病神経障害

です。これらが悪化すると、

  • 失明
  • 腎不全
  • 足の壊疽

を引き起こします。通常、人体には血糖値を正常に保つ働きが備わっています。その役割を担う体内で唯一のホすいぞうルモンが、膵臓から分泌されるインスリンです。

血糖値は、食事のたびに上昇します(食後血糖)。インスリンは、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んで血糖値を下げる働きをします。

食後血糖の高い人は、インスリンが分泌され続ける状態がたび重なり、しだいにインスリンが効きにくくなつたり、インスリンの分泌が低下したりします。その結果、高血糖の状態が慢性的になり、合併症の発症につながります。

肥満も、糖尿病を加速させます。

  1. 内臓脂肪型肥満
  2. 糖尿病
  3. 高血圧
  4. 脂質異常症

の4つは、互いに合併しやすく、俗に「死の四重奏」と呼ばれます。これら4つの症状が合併していると、動脈硬化の進行を招き、心筋梗塞や脳卒中など命に閃わる病気を発症する危険性が飛躍的に高まるのです。糖尿病治療の主眼は、血糖値をコントロールして合併症を防ぐことです。

食事制限や運動など生活習慣の改善が大切ですが、長続きせずに途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。血糖コントロールがうまくいかず、苦労している人も少なくありません。

アカシアポリフェノール 効果 抗酸化作用が強力

そんな人たちにお勧めしたいのが 「 アカシアポリフェノール 」 です。アカシアは、熱帯から温帯地域に広く分布するマメ科の常緑樹です。原産地であるオーストラリア大陸の原住民は、アカシアの若葉や豆のさやなどを古くから食用にしてきました。このアカシアの樹皮に含まれる成分が、アカシアポリフェノールです。私がアカシアポリフェノールに注目した理由は、活性酸素を無毒化する抗酸化作用が、ポリフェノールの中でもずば抜けて強かったからです。

生物が取り込んだ酸素の一部は、構造が不安定で多くの物質と反応しやすい性質を持つ活性酸素に変化します。ポリフェノールには、この活性酸素の働きを抑える抗酸化作用という働きがあります。

活性酸素は、私たち人間の体内でも日々発生します。例えば、血管内で活性酸素が発生すると、血液中の脂質やコレステロールが酸化して過酸化脂質に変わり、これが血管を傷つけて動脈硬化の進行を促進します。

活性酸素の害を抑える抗酸化作用が強いということは、さまざまな病気の予防や改善に役立つ可能性がある。そう考えて、アカシアポリフェノールに注目したのです。

内臓脂肪を燃やしてインスリンの効きを高める

これまでの研究成果から、アカシアポリフェノールの具体的な作用を朗和介しましょう。

アカシアポリフェノール効果 糖尿病を改善

空腹時血糖値が高めの成人男女にアカシアポリフェノールを12週間摂取してもらい、血糖値の変化を調べたところ、とらなかったグループに比べ、食後血糖値の上昇が抑えられました。

このヒト臨床実験に先立ち、マウスを用いた実験で、血糖値が下がるメカニズムを解明しました。普通に飼育しても糖尿病と肥満になるマウス(実験用のネズミ)を用いて、高脂肪食のえさにアカシアポリフェノールを加えて与えました。

すると、空腹時血糖値の低下と、インスリン濃度の低下が確認され、体重の増加も抑えられていたのです。ここで注目すべきは、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの濃度が下がったことです。これは、インスリンが少なくても血糖値が下がった、つまり「インスリンが効きやすくなつた」ことを意味します。

糖尿病の初期段階では、体内でインスリンが多く分泌されているにも関わらず、その働きが悪いために血糖値が下がりにくくなることがあります。これを「インスリン抵抗性」といいますが、アカシアポリフェノールには、インスリン抵抗性を改善する作用があるのです。

アカシアポリフェノール効果 肥満改善

別の第三者機関の実験では、アカシアポリフェノール入りのえさを食べたマウスでは、体重の増加だけでなく内臓脂肪の増加も抑えられました。

詳しく調べると、アカシアポリフェノールには、肥満を防ぐ複数の働きがあることがわかったのです。第1に、脂肪を分解するリパーゼという酵素と、でんぷんを糖に分解するアミラーゼという酵素の働きを抑え、小腸での脂肪や糖の吸収を抑える働きがあります。

第2に、筋肉における熟の産生を活発にして、体内の脂肪の消費を促します。肝臓でも熟の産生が増大し、脂肪が合成されるのを抑える作用もあります。つまり、アカシアポリフェノールは、体内で脂肪が吸収・合成されるのを抑えると同時に、脂肪の燃焼も促すので、体重や体脂肪の増加を防ぐのです。これらの効果は、肥満ぎみの成人男女を対象にした臨床試験でも確かめられています。

試験ではアカシアポリフェノールを8週間摂取してもらい、開始前と終了後に腹部CT画像を撮影し、内臓脂肪の平均面積を調べました。

その結果、アカシアポリフェノールをとらなかった人は、内臓脂肪が平均7平方cm増えました。それに対し、アカシアポリフェノールをとった人たちは、平均11.1平方cmも内臓脂肪が減少していたのです。

内臓脂肪と糖尿病には、深い関係があります。内臓脂肪から分泌されるアディポネクチンというホルモンには、インスリン抵抗性を改善して糖尿病を防ぐ働きがあります。

アカシアポリフェノール - 効能 効果

アカポリ糖ケア.jpg

水の硬度と、国産 の 超軟水 に関する情報です。

水の硬度、硬水と軟水について

知っている人もいるかと思いますが、水には 硬度 というものがあります。水にはいくつかのミネラルが含まれていて、主にマグネシウムイオンとカルシウムイオンが含まれているのですが、水 1000 ml ( 1 L )の中に溶け出している マグネシウム と カルシウム の量を表した数値が 硬度 です。この マグネシウム と カルシウム が多く含まれているほど、水の硬度が高いということになります。

そして、硬度の高い水を 硬水 、硬度の低い水を軟水 と呼んでいます。

WPIMGL2641_TP_V4.jpg

日本では、一般的に 硬度 0~100 mg/l を軟水、 101~300 mg/l を中硬水、 301 mg/l 以上を硬水としています。これからこちらで紹介するのは、日本で分類されている軟水の中でも、さらに硬度の低い( 0~50 mg/L ) 超軟水 です。ちなみに、国連のWHO( 世界保健機関 )での基準では、硬度が 0~60 mg/L 未満を 軟水、 60~120 mg/L 未満を 中程度の軟水、120~180 mg/L 未満を 硬水、180 mg/L 以上を 非常な硬水 といいます。

好みの問題もあるでしょうが、一般的には水の硬度が高いほど、まったりとしたクセのようなものがあり飲みにくいといわれています。反対に硬度が低いほどスッキリしていて飲みやすく、おいしいと感じることが多いようです。

おすすめの 国産 超軟水 の紹介

白神山地の水
世界自然遺産の白神山地のブナの森が生んだ自然水。ほとんど不純物を含まない日本では珍しい超軟水です。クラスター(水分子)が小さいため、のどごしもやわらかです。
日田天領水 ( ひたてんりょうすい )
万病の根元といわれる活性酸素を除去する効果が期待されている活性水素水です。モンドセレクションを受賞したこともあり、世界的にも評価の高い水です。
奥長良川の秘水
万病の原因とされる活性酸素の除去に期待できる活性水素水。日本では数少ない非加熱無菌充填処理でボトリングされています。口当たりもよくまろやかな味わいが好評です。
屋久島縄文水
日本有数の多雨地である屋久島の縄文杉を育んだこの天然水は有機物をほとんど含まない硬度10の天然水。世界遺産が生んだミネラルウォーターとして人気です。
温泉水99
温泉水99は油と混ざる不思議なアルカリ性の温泉水です。超軟水で クラスター (水分子集団)が細かいので吸収率がよく体内にミネラル、水分が素早く浸透します。

ミネラルを含む 温泉水 を飲んで スリム になる

温泉水 の 国産ミネラルウォーター を飲んでスリムになる方法を紹介します。

水を飲んで無理なく痩せる 温泉水

snow-monkeys-gdd05eca10_640.jpg

近年では、糖質制限をおこなうダイエット や 炭水化物を抜いた食事のダイエット など、さまざまなダイエット法をメディアで見かけます。日本人の食生活の欧米化がすすんだこと、運動不足などが原因で、現代人には肥満が目立つようになりました。ちょっとぽっちゃりしている程度ならともかく、太りすぎていると最悪は生命の危機を招くことも考えられるのです。そこまでいかなくても、高血圧や糖尿病など生活習慣病の原因になるので、スリムな体型を維持しておきたいところです。

さまざまなダイエット法がありますが、無理なダイエットではかえって健康を損なう危険もあり、痩せるなら健康的に痩せる方法が望ましいでしょう。そのひとつとして、『 水を飲む 』ということがあります。

水を飲むとかえって水太りになると思う人もいるかもしれませんが、通常、健康な体であれば、水を飲んで太ったりむくんだりすることはありません。そして、過剰な水分は腎臓の働きによって体外へ排出されます。水を飲むことで、むしろ便通を整えて新陳代謝を良くし、余分なエネルギーが体内に蓄積するのを防ぎます。

水を飲むことの利点

水を飲んで痩せる ということを聞いたことがあるかもしれませんが、その理由として次のようなことが考えられます。

  • 水はカロリーがゼロであること
  • 水を飲むことで暴飲暴食を防ぐこと
  • 水を飲むと代謝が良くなること

第一に、言うまでもなく、水には糖分はなくカロリーがありません。第二に、水を飲むことで暴飲暴食をなくし、正しい食習慣を身につけることができます。たとえば食事中に水を飲めば、食べるペースが落ちて満腹感が得られやすくなります。その分、摂取カロリー、食べ過ぎを抑えることができます。そして、第三には、代謝が上がるということです。代謝は、飲食物から必要な栄養素を取り込んで、不要なものは体外へ排出するという私たちの体のしくみです。水分不足になると血流が悪くなり、代謝もきちんとおこなわれなくなります。代謝が悪くなると体内に老廃物が溜まりやすくなって痩せにくくなるというわけです。

スリムになるために効果的な食事の仕方と水の飲み方

ダイエットを成功させるには、もちろん食事のとり方も大切です。

朝起きたら、まずコップ 1 杯の水をゆっくりと飲みます。朝食は、野菜や海草類を中心に。昼食までの間にお腹が空いたと感じたら、コップ 1~2 杯の水を飲みましょう。昼食の 30 分ほど前にもコップ 1 杯の水をゆっくり飲みます。もしおやつを食べるなら食べ過ぎないよう気をつけ、夕食までにお腹が空いた場合には、またコップ 1 杯の水を飲みます。夕食は、なるべく脂肪のあるものは控えめにしましょう。同じように、夕食の 30 分ほど前になったらコップ 1 杯の水を飲みます。そして、就寝の 1 時間くらい前にもコップ 1 杯の水を飲みます。また、入浴で水分が失われるので入浴前後にもコップ 1 杯ずつの水を飲むといいです。

水を飲むことで、無理をせずに空腹感に耐えるのがポイントです。こうして水を飲んで暴飲暴食を防ぎ、 1 日 3 食をきちんと食べながらリムな体型を目指しましょう。適正に水を摂取すると、健康な体に近づき、健康的なダイエットができるのです。

どんな水を飲んだらいい?

水道水がおいしくないなどの理由から、浄水器やウォーターサーバーを利用している人もいるでしょう。スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、ペットボトルに入ったミネラルウォーターがたくさん販売されているので、そういったものを購入している人もいると思います。ネットでも購入できる店が増えました。そこで、ミネラルウォーターを購入するならどんなものがいいでしょうか。

飲泉( いんせん )としても知られる 温泉水 は、健康のために飲むといい水とされています。なかでも 温泉水99 は、一般的なミネラルウォーターと比べ、体内の老廃物を排出する効果が高いといわれています。アルカリ度の高い 温泉水 は、ダイエットのほか、美容にも役立ちます。

冷たい水はのど越しが良くおいしいものですが、冷たすぎると胃腸を冷やしてしまうことが考えられるので、体のことを思うなら本当は常温のまま飲むのがいいのです。

健康

ミネラルを含む 国産 の 温泉水 はこちら

国産 超軟水 おすすめ 5 選

睡眠時間は、7 〜 8時間がちょうどよいとされます。夜 11 時に寝て、朝 6 時に起きるのが理想で、睡眠不足だったり、逆に寝過ぎても糖尿病になる確率が上がってしまいます。

sunrise-717816_640.jpg

シカゴ大学の研究によると、糖尿病とは無関係の 11 人の健康な若い男性に、 1 週間研究室で生活してもらい、 6 日間続けて睡眠時間を 4 時間に制限したところ、 1 週間後には細胞の機能が衰え、 60 歳の人のようになり、糖尿病の初期のような状態になってしまったそうです。

また、日本大学が約 2 万 3000 人の健康データを分析した結果では、糖尿病患者の睡眠時間は 6 時間以上 8 時間未満の場合が最も少なく、 6 時間未満や 8 時間以上の人数は 3 倍から 5 倍になったとの報告があります。

睡眠不足や寝過ぎが続くと糖尿病になる確率が上がる理由は、体内時計が狂い自律神経が乱れるためです。

私たちの体には、目の裏に時計遺伝子を働かせるスイッチのようなものがあり、太陽の動きに合わせて体を対応させるシステムが備わっています。それが、睡眠不足、寝過ぎにより狂ってしまうことで、自律神経のバランスを崩すのです。

具体的には、インスリンの効果が低下してブドウ糖の代謝機能が落ち、血糖値が高くなります。交感神経のホルモン分泌が増加して、血糖、血圧を上げます。それから、食欲を抑えるホルモンの分泌が減り、食欲を促進するホルモンの分泌が増えるので、お腹がすきやすくなり、炭水化物や糖質を異常に欲するようになり、肥満にもつながります。

こうしたリスクを避けるためにも、規則正しくちょうどよい 7 時間睡眠で自律神経を安定させ、ホルモンバランスを整えましょう。そして、日中なるべく日にあたり、体内時計を整えてください。

体内時計が崩れる最たる原因は、光が関係していると考えられています。朝の光が最も強く、網膜へも刺激を与えてくれます。しかし、朝遅くまで寝ていて朝早い時間の光を浴びることができない、夜にずっと起きていて電気の明かりを浴びているという方は網膜から体内時計を整えるための情報が乱れるため、体内時計は崩れると考えられています。

特に、近年は性能の良い遮光カーテンで光をさえぎられてしまったり、静かな環境で休みたいからと窓のない部屋あるいは光の入りにくい部屋を寝室として利用しているなど、朝の光を浴びにくい環境を自らが作り出してしまい、その結果として、脳に朝であることを情報として伝える手段がなくなってしまうため体内時計が崩れてしまうとも考えられています。また、交代勤務の方など昼夜逆転の生活を送られている方も、体内時計は乱れる傾向にあります。

体内時計の乱れを整えるためには、生活習慣を改善することが大切です。体内​時計の乱れによる不眠症がよくならない場合には早めに医師に相談することをお勧めします。

体内時計と生活習慣

熱いお風呂が好きな人ほど、実は入浴で疲れをとることができていません。また、熱いお湯に入ると血圧が激しく変動し、脳梗塞や心筋梗塞を招く危険もあります。お風呂は体をきれいにするだけでなく、リラックスし、疲れをとることができる場所。

糖尿病もリラックスすることで体のストレスを解消することができます。副交感神経優位になると血糖値も下がるのでバスタイムは貴重な時間です。特に仕事などでストレスが多い方は、バスタイムにリラックスする時間をつくるといいでしょう。

macaque-1846731_640.jpg

血糖コントロールにはぬるめの湯船で半身浴がオススメです。水圧によって心臓や肺に負担がかからないように、みぞおちの下ぐらいの高さになるようにお湯をはり、温度は少しぬるめの 38 〜 40 度でゆっくり浸かること。 42 度以上の熱いお風呂は交感神経を刺激してしまうこともあるので注意しましょう。

ぬるめのお湯は、副交感神経を優位にし、ホルモンバランスを整えて血糖値を安定させます。また、運動と同じようにエネルギーを消費するので、血行を改善してインスリンの働きも促進してくれます。

リラックス効果が高まり、身体的疲労も穏やかに和らぐため、寝る前の入浴方法としても最適です。

入浴で芯からじっくり温める方法

精神的な疲れやストレスも血糖値を上げる要因です。精神的なストレスや、肉体的なストレス(病気や手術など) は自律神経のバランスを乱します。

ストレスを脳がキャッチすると心身の機能を調節している自律神経のうち、活動時に働く交感神経が優位になって、ストレスに対抗するホルモンのアドレナリンが分泌されます。アドレナリンは、副腎髄質より分泌されるホルモンで、薬物でもあります。 また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもあります。

stress-3853148_1920(1).jpg

それにより、血圧が上がる、筋肉でのブドウ糖の取り込みが抑制される、インスリンの働きが抑制されるなどして血糖値が上がってしまうのです。また副腎皮質から分泌される糖質コルチコイドは,タンパク質を分解させグルコースの合成を促進させることで,血糖値は上昇し元に戻ります。

健康管理のためには、交感神経と副交感神経を切り替えて、オンとオフのメリハリをつけることが必要です。

自律神経のバランスをとるためには、活発になった交感神経をオフにして休ませ、心身をリラックスさせることが必要です。そのためには仕事と全く関係のないことに没頭したり、普段とは違う人と会うといったことが効果的。日常のしがらみを完全に切り離して忘れ、全く関係のないことをすることでリラックスでき副交感神経を働かせることができるからです。

また、笑うことでも副交感神経が活性化されます。休息のホルモンとも呼ばれるインスリンは副交感神経系のホルモンなので、笑いによってインスリンの分泌が適正に行われるようになり、血糖値を下げてくれます。

リラックスする手段は、音楽鑑賞や、映画鑑賞、ショッピング、料理、旅行など、自分に合ったものならどんなものでもかまいません。没頭できる趣味を持つのも手。オススメは、ガーデニングや家庭菜園です。花が咲いたとき、野菜を収穫したときにはとても達成感があり、体を動かすことで糖の代謝も進むので一石二鳥です。

玄米などに多く含まれるギャバが50倍の発酵トマトには脳のリラックス作用が確認(大学の試験)された

緊張をほぐしストレスを克服しリラックス

糖尿病 は、血液中のブドウ糖の濃度が高くなり、血流が悪くなる病気です。医師によっては 血管の合併症 という表現をする場合もあります。

そのため、血流をよくするマッサージは、糖尿病の予防と改善に効果があります。特に、ふくらはぎは、下半身にたまった血液を心臓に送りだす「第二の心臓」と言われている場所。

ふくらはぎの筋肉は、重力に逆らって血液を心臓に戻したり、リンパ液などの体液をカラダに巡らせるための重要な働きをしています。巡りが悪くなった状態でいると、老廃物が溜まり、むくみの原因になります。

立ったり座ったりしている状態では、血液は約7割が下半身に集まっています。それを心臓に戻すポンプのような役割をしているのが、 ふくらはぎ の筋肉です。したがって、 ふくらはぎ をマッサージすることで全身の血流がよくなります。血流がよくなると体が温まって体温が上がり、免疫力がアップします。

そのため、冷え性改善やダイエット、代謝アップにも効果があります。つまり、糖尿病や肥満の予防にも効果が期待できるのです。

4767895_s(1).jpg

逆に、 ふくらはぎ の血流が悪いと心臓に戻される血液の量が減ります。そうすると、血液の循環が正常に行われず、心臓に負担がかかったり、各組織が酸素不足、栄養不足に陥り、正常に機能を発揮できなくなって、糖尿病や高血圧を始めとする生活習慣病を引き起こす原因になります。

デスクワークなど 1 日のうちで座って過ごしている時間が長い人は、ふくらはぎの状態に注意してみてください。

長時間座りっぱなしで仕事をしている人にとって、足のむくみや血流の悪化は無視できない問題です。座り仕事中はふくらはぎの筋肉が使われず、ポンプ作用による血流が起きません。

ふくらはぎが、手のひらより冷たかったり、ほてったように熱かったり、ガチガチに硬くなっていたり、ふにゃふにゃと柔らかかったりといった状態になっていたら体調不良のサインです。

すぐにマッサージを始めましょう。マッサージは、足首から膝方向へ両手の親指を重ねて押していきます。または、アキレス腱を指でつまむようにしてもみほぐしていく方法もあります。足首からふくらはぎまで筋肉の深部からほぐすように痛気持ちいいくらいの力加減で指圧しましょう。

膝裏の伸ばし 血流が改善して 血圧が下がる

運動不足は、肥満や糖尿病を引き寄せる大きな要因のひとつです。摂取エネルギーに対して、消費エネルギーが少ないと、血糖値が上がってしまうのです。

そこで、運動を 1 日に30 〜 60 分( 1 回 10 分以上×3 回でもOK ) を目安に、週に 3 日以上行いましょう。血液中のブドウ糖は 10 分の運動で筋肉の細胞に取り込まれるため、よく「運動は 1 回に 20 分以上しないと意味がない」と言われますが、実は 1 回に 10 分の運動でも意味があります。

spacer-4194190_640.jpg

しかし、仕事をしていると、帰宅後に運動しようと思ってもなかなかそんな時間はとれません。そんな人は、通勤時間や仕事の合間を有効に使いましょう。通勤は毎日のこと、決まった時間に行えるため習慣化しやすいため運動のチャンス。

  • 電車内での筋力トレーニング
  • 会社帰りは1 駅分歩く

などの「ちょっと運動」を 1 日にこまめに行えば、エネルギー消費量は増えます。つまり、わざわざジムに通わなくても、 10 分の「ちょっと運動」でいいのです。

ウォーキング自体の消費カロリーは、30 分で 100〜150 Kcal 程度と少ないので、運動としての効率はとてもいいようには思えません。ただし、通勤時間は毎日ありますので化欠かさずに行えば効果はあります。

さらに、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動は、やり過ぎると筋肉が落ちるリスクもありますさらに、老化の原因にもなるので、何時間もやればいいってことではありません。

ウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪をエネルギーとして使うので、脂肪が燃えやすい運動です。

あと、1回で長時間行う有酸素運動よりも、通勤で歩く・階段を使う・近所はなるべく歩いていく・掃除をするなど、こまめに動くようにし「日常で消費されるカロリー(NEAT)」を高めた方が糖を消費してくれます。

とにかく大切なのは毎日運動すること。ただし運動は激し過ぎてもよくありません。一番オススメなのは「歩く」こと。

血糖値は食後 30 〜60 分に上がるので、できればそのタイミングで運動するとブドウ糖がエネルギーとして使われ、血糖コントロールに有効です。

糖質制限食+食後の即ウォーキング

デスクワークで体をほとんど動かさないという人は、仕事の合間にできるストレッチで体を動かしましょう。仕事がひと段落するごとに行うなど小マメに行うとさらに活動量は増えます。

また、肩こりや腰痛予防にもなるので仕事の効率アップも期待できるでしょう。ストレッチを行う時間帯は、食後 30 〜 60 分が最も効果的です。この時間にできるだけ行うことをオススメします。 1 時間おきにでも仕事の合間に継続して行うと、充分な効果が期待できます。

体内の水分が不足すると血液がドロドロになり、血流が悪くなります。そうなると、代謝が低下し、脂肪が蓄積されやすくなって血糖値が上がったり肥満になって糖尿病につながります。

そのため、糖尿病であれば、水分補給はとても大切なものです。水分がしっかり摂れていると代謝が活発になり、体内の老廃物を排出するので脂肪燃焼がよくなり、肥満の防止になります。

bottle-2032980_640(1).jpg

また、食前にコップ 1 杯程度の水分補給をすると、食欲を抑制して過食の防止になる効果があります。

なかでもミネラルウォーターは、ブドウ糖を含まないノンカロリーなので、頻繁に飲んでも消化吸収にインスリンを必要としません。そのため膵臓を休ませることができ、インスリン分泌量の改善にも効果があります。

なお、水道水ではなく、ミネラルウォーターのほうが、ミネラルを補い、胃腸への刺激を高めるので適しています。

今さら聞けないミネラルウォーターの知識 はこちら。

バナジウムという成分を多く含むミネラルウオーターがインスリンの効き目を改善させ糖尿病を防ぐことがわかってきました。これは血糖値が高めの人に朗報です。糖尿病予備群の方々もこの バナジウム が含まれる ミネラルウォーターを常飲してほしいものです。

バナジウムは一部のミネラルウオーターに含まれる微量ミネラルです。この成分を含むミネラルウオーター(バナジウム水)を飲むと、糖尿病が予防できる。こんな研究成果が発表され、話題になっています。

糖尿病に効果 バナジウム水

実はこのバナジウム、糖尿病を改善する効果は従来から注目されており、糖尿病を治療する薬としても期待されています。ただし治療効果が確認できた投与量は、 1 日あたり数十mg。これに対し、予防であれば、この数百分の1の量で効果を期待できる可能性があるということです。

一方、血糖値が高めの人を対象とした東京医科大学薬理学の渡辺泰雄助教授らの研究でも、バナジウムを 1 リットルあたり約 65 μg 含む飲料水を飲んでいると、 2 カ月ほどで血糖値が下がって安定してくることが示されています。

その他、麦茶や番茶など、糖尿病予防に効果のある成分を含むお茶もありますので、糖分が多い清涼飲料水ではなく、お茶を飲む習慣をつけたいものです。

糖尿病に効くお茶 八酵麗茶 はこちら。

また、アルコールには利尿作用があるので水分補給の面から言うと逆効果です。肝臓がアルコールを分解する過程で糖を血液中に放出するため、血糖値が上がります。そのため、糖尿病予防にお酒は厳禁という医師もいますが、お酒がストレス解消法という人も少なくありません。

ですので、グラス 1 杯ほどの適量であれば、糖質を含まず、度数が低い焼酎などはよいと思います。赤ワインは、ポリフェノールが体内の活性酸素を抑える働きがあるため、1 日にグラスワイン1 杯程度であれば、全くアルコールを飲まない人に比べて糖尿病の発症率が低いというさまざまな調査研究が報告されているはどです。

赤ワインに含まれる レスベラトロール には、2型糖尿病患者の動脈硬化を軽減する効果があることも明らかになった。 これは米国腎臓病学会(AHA)のサイエンス セッションで発表された研究だ。 「レスベラトロールは、2型糖尿病の患者さんにおいても、大動脈の構造変化を促し、血管の弛緩を減少させ動脈硬化を改善することが分かりました。

血管 を守る 赤ワイン の レスベラトール はこちら。

血糖値 ヘモグロビンA1C を安定させるためには 白い食べ物を控えて糖のとり過ぎをふせぐ ことがとても大切です。私たちの体を動かすエネルギー源は炭水化物であり、主に主食の穀物から摂取します。しかし、炭水化物のとり過ぎは糖質のとり過ぎになり、高血糖につながります。

また、炭水化物のとり過ぎは肥満にもつながりますが、それは体内に入ってきた糖質を必死に処理しようとインスリンが過剰に分泌され、余分な糖や脂質がどんどん細胞に取り込まれるためです。

white-rice-2907724_640.jpg

しかし、そのまま食生活を改善せずにいると、やがてインスリンの働きが低下し、糖尿病へ一直線という道をたどってしまいます。

つまり、炭水化物の量ととり方は、とても大切なのです。そのコツとして、GI グライセミック・インデックス ( Glycemic Index ) の略。値という指標を利用する方法があります。 GI 値は、食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの。

ブドウ糖を摂取したときの血糖値上昇率を1 0、0として、相対的に表された値のことです。 GI 値は低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インスリンの過剰分泌をふせぐことができます。

つまり、GI 値が低い食品を積極的に取り入れれば、血糖値の急上昇、肥満をふせぐことができるということです。たとえば、お米のGI値は、精白米が84、玄米が56 ですが、数値を暗記するのは大変なので、判断の仕方は「白い食べ物を控えて黒い食べ物を選ぶ」と覚えましょう。

GIは、特に1990年代に脚光をあびはじめ、1998年にFAO/WHOレポートが発表されました。さらに2003年にWHOから「過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを、低GI食品が低減させる可能性がある」というレポートが出されるなどの背景から、その後もさまざまな研究が行われ、食品メーカーは食物繊維が多く、エネルギー密度が少ない、GIの低い食品を供給するために商品開発を行いました。

高GI食が体を疲れさせ、生活習慣病のリスクを増やす

GI値は高 中 低 と分類されます。

高GI
GI値が70以上
中GI
GI値が56~69
低GI
GI値が55以下

代表的な食材のGI値一覧(穀物・パン・野菜・芋類・肉類・魚介・豆類・砂糖・菓子類など)

ブログ

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.9.1