そのほかの向精神薬を使う場合

状態によっては、抗うつ薬に加えて、抗不安薬が睡眠薬など、いくつかの違ったタイプの向精神薬が使われることもあります。

これまで説明してきたように、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI などの抗うつ薬が、うつ病に対する薬物療法の中心になります。症状によっては、抗うつ薬のほかに、抗精神病薬、気分安定薬、抗不安薬、睡眠薬などの薬を使うこともあります。

これらの薬は、うつ病だけでなく、多くの精神医学的な治療に使われます。ここうせいしんやくのような精神機能に作用する薬をまとめて、向精神薬と呼んでいます。

不安が強いときには、抗不安薬と呼ばれるベンゾジアゼピン系の薬をき使います。速く効いて短時間で作用が消えていくものや、比較的長時間作用が続くものなど、いくつものタイプの薬があります。それでも不安が非常に強かったり、焦燥感がつのるようなときには、向抗精神病薬と呼ばれる薬を使うこともあります。幻覚や妄想などの精神病症状をおさえるために使われる薬ですが、うつに伴う強い不安をしずめる目的で使われることもあります。

寝つきがわるい、早く目が覚めてしまうなどの睡眠障害がみられるときには、睡眠薬を使用します。以前はパルピツール系の睡眠薬が使われていましたが、最近では、抗不安薬として紹介したベンゾジアゼビン系の薬が用いられています。

ベンゾジアゼビン系の薬には眠気をさそう働きがありますが、睡眠薬として使われているのは、そのなかでも睡眠導入の働きがより強く出るように、薬の構造を少し変化させたもので、パルピツール系の睡眠薬と比べると、依存や中毒の心配がより少なくなっています。

治療中などに躁状態がみられたときには、気分安定薬を使うこともあります。また気分安定薬は、抗うつ薬の効果があまり出ないときに、効果を高めるために併用することもあります。

このように、私たち精神科医は、病名からではなく、患者さんひとりひとりの症状をみて、その症状を改善するために必要だと思われる薬をそのつど処方しています。

たとえば細菌感染による肺炎ならば、その原因菌に有効な抗生物質による治療が考えられますが、精神科の領域では、原因という面ではまだわかっていないことも多いために、症状中心の考え方が現在の基本になっています。

妄想などの精神病症状

うつ病が重くなった人では、妄想などの精神病症状が見られることがあります。たとえば、そういう事実はないのに、お金がまったくなくなってすぐに破産してしまうとか、自分はなんの役にも立たない人間だなどと、自分を極端に低く見てしまう微少妄想や、周囲が自分をいじめてはくいるとか、目に見えない存在から迫がい害されているなどと感じる被害妄想などです。周囲の人がこのようなことに気づいたときには、なるべく早く医師に相談するようにしてください。