うつ病 症例5「漢方薬の処方と治療」

大黄(だいおう)という生薬には、瀉下(しゃげ)作用があることがよく知られている。しかし、案外これが向精神薬的な作用をもっていることを知っている人は少ないかもしれない。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)や大承気湯(だいじょうきとう)という漢方薬の名に含まれている承気(じょうき)には気を巡らすという意味があるのだが、大黄(だいおう)や芒硝(ぼうしょう)が単に瀉下(しゃげ)作用だけでなく、心を意味する『気』や精神にも作用するという薬効にもとづいて名付けられたのだ。

数年前に私のところで診察した50代男性の患者は、他の病院で診てもらっていた頃から、向精神薬を数多く処方されていた。その患者は「どうしても頭がぼーっとして、思いどおりに体を動かすことができない」と訴えていたのだが、その行動を緩慢にしていたのは、いくつも服用している向精神薬のせいでもあったのだろう。とりあえず、現在のんでいる昼の薬の一部を減らしてみようと考えた。薬を減らしてからは眠気が減り、何かをするにも集中できるようになったのだが、しばらくすると、また調子が悪くなってしまった。

その後、便秘や腹痛もあったため、患者に大承気湯(だいじょうきとう)の処方を加えてみたが、結局、そのときはうまくいかなかった。

漢方薬にしろ、西洋薬にしろ、患者からの訴えが増えるに連れ、つい薬の種類も量も多くなってしまいがちだ。薬に頼るのが好きな我々日本人の性格が、さらに拍車をかけているのだろう。

漢方ではさじ加減という操作ができ、薬の処方に加減ができる。しかし、最近ではエキス剤が多いため、加法はできても減法ができないのだ。西洋薬の場合は錠剤が多いためにいずれも簡単だが、病気の進行に合わせ薬も増えていく傾向がある。

これは、日本の現代医学にきちんとした処方学が無いことに起因している。日本の診断学は互いに共通点があって、テーブル上でのディスカッションができるが、処方学のことでこういったことは、まず無い。つまり、現状では、薬剤の処方については個々の医師の裁量に任されているのだ。私にとって大切な参考書は、現在でも先輩方の処方である。

漢方薬とうつ病の関連ページはこちら。