年代別うつの症状(思春期~青年期)

思春期から青年期の場合((疲れやすく、ひきこもったり、暴力的になったりする)

思春期から青年期にかけては、人間形成のうえで重要な時期で、体の面でも心の面でも変わり目にあたります。このため、心の病気になりがちです。

思春期・青年期のうつ病の特徴

思春期は精神的にも不安定になりがちです。ストレスにも弱くなり、心が揺れ動きやすくなります。このため、ささいなことで必要以上に不安になったり、気にしたりします。

身の回りに起こることに過敏に反応するためです。思春期のうつ病の症状としては、基本的にはおとなの症状と同様で、頭痛や腹痛、食欲不振、睡眠障害などの身体的症状もみられます。ただし、憂うつな気分や自責的な傾向はあまり目立ちません。

むしろ疲れやすい、何をするのもおっくう、集中力がなくなるといった症状が多くみられます。まれに幻覚や妄想があらわれることもあります。

このために、不登校や、いわゆる「ひきこもりの状態になることもあります。また、ささいなことから怒り出し、攻撃的になり、暴力をふるうような問題行動を起こすことがあるのも、このころの症状の特徴です。

ただし、こうした暴力やひきこもりのような問題行動については、その背景にうつ病があるのか、ほかの心の病気でそのようになるのかの判断は非常にむずかしく、注意を要します。

しかも、思春期の子どものうつ病では、長い時間の経過とともに、ほかの心の病気に変わっていくこともあり、慎重な判断が求められています。

10代後半から20代にかけては、受験や就職、結婚など、人生の大きな節目や試練を経験する時期で、そうした変化の中でうつ状態やうつ病となることが多い年代でもあります。

受験生括の苦しさは多くの人が経験していますが、そのプレッシャーはたいへんなもので、そこから不安やあせりなどの気持ちにとらわれ、うつ状態になる若者が多くみられます。

また、就職して社会に出ると、これまでの環境とはがらりと変わります。人間関係も、主に友人関係中心だった学生時代とは異なり、職場や仕事関係の人たちとの対人関係のむずかしさを経験することになります。

特に上司との関係や同僚との折り合いがうまくいかなかったりして、悩むことも多くなります。自分がいだいていた仕事や会社のイメージと違ったりして、意気消沈してしまう若者の例も見かけられます。

いずれにしても、就職して社会に出るということは、人生の一大転機であることはまちがいなく、それだけに身の回りに大きな変化が起こり、それが心に影響を及ぼしたりします。

思春期のうつにどう対応するか

関連ページ

  1. うつによる自殺前のサイン、家族や周囲の人はこのサインを見逃さないようにする
  2. 年代別うつの症状(老年期)
  3. 年代別うつの症状(中年男性)
  4. 年代別うつの症状(思春期~青年期)
  5. 年代別うつ病の症状(子供)
  6. うつ病 症例5「漢方薬の処方と治療」
  7. うつ病 症例4「漢方薬の治療で二週間で改善した例」
  8. うつ病 症例3「異常な肥満は水毒の兆候」
  9. うつ病 症例2「私のうつの話」
  10. うつ病 症例1「不眠、だるさは危険信号」
  11. うつの経験を今後に生かす
  12. 「死にたい」といわれたら
  13. 友人のうつ状態をサポート
  14. 高齢者を孤立させないために
  15. 思春期のうつにどう対応するか
  16. 病状を周囲の人にどこまで話すか
  17. 受診をいやがる場合
  18. 受診をすすめるタイミング
  19. お手伝いできることはないかと聞いてみる
  20. 励ましすぎない、焦らない
  21. なるべくいつも通りに接する
  22. 楽しみの時間をつくる
  23. 大きな判断をしない
  24. ひとりで抱え込まずに相談する
  25. 生活のリズムを整える
  26. 自宅療養も有効
  27. まずペースダウン
  28. うつの兆しに早めに気づくこと
  29. 「気分の変化」は環境への適応
  30. 職場の異動と実施時の注意点
  31. 仕事の環境を変えられないか
  32. 環境面について
  33. 人間関係をらくにするポイント
  34. 3つめの「C」コミュニケション
  35. 具体的な問題解決に向き合う
  36. 2つめのC 「コントロール感覚」
  37. コラム法で現実を見る
  38. 自動思考について
  39. 7種類の認知のゆがみ
  40. 心の健康と「3つのC」
  41. 医師には何でも相談する
  42. 精神療法と環境調整
  43. どのように治っていくのか
  44. 入院も考える
  45. 抗うつ薬使用中の躁状態
  46. 症状が改善しても薬は続ける
  47. 効果が出るまでに一定の時間がかかる
  48. 抗うつ薬をためらってしまう
  49. そのほかの向精神薬を使う場合
  50. セロトニン濃度を高めるSSRI
  51. 三環系うつ薬、四環系抗うつ薬
  52. うつ病の薬物療法
  53. うつ病の治療
  54. 体の病気があるとき
  55. よい医師の条件
  56. 「行きやすい」ところを選ぶことが大切
  57. 受診する医療機関の見つけ方
  58. 体の病気とうつの関係
  59. 気分障害の分類、躁とうつについて
  60. うつ病でよく見られる9つの症状
  61. 子供のうつ病は表に出にくい
  62. 高齢者のうつ病
  63. 更年期はうつになりやすい
  64. 女性特有のうつ症状
  65. 職場、仕事の悩みが引き起こすうつ
  66. 大切な人の死別がうつのきっかけに
  67. 短気になり、キレやすくもなった
  68. 原因不明の体調不良が重なり続く
  69. 自信がなくなって不安な気持ちになる