年代別うつ病の症状(子供)

子どもでも、うつ病ではないかと疑われるケースがみられます。ただ、自分の気持ちをうまく伝えられないために、いらだって、うつ病にはみえないことがあります。子供の場合、いらいらしたり、反抗したりするのが代表的な症状です。

子どもの行動や身体症状に注意する

子どもも、うつ病になるものでしょうか。もともと、うつ病は、性格とか人格が形成されてからの病気だと考えられていました。

しかし、現実には、うつ病ではないかと疑わせるような症状をみせる子どもがいることも確かです。したがって、子どもにはうつ病はないとは言いきれません。

ただし、小さい子どもの場合は、言葉をはじめ表現力が未熟ですから、診断が非常にむずかしくなります。一般に、子どもの心の病気は、家庭環境や親子の関係が深く影響しているといゎれています。特に母親との問で、十分な愛情が注がれていないと、子どもは不安になり、心の不調があらわれてくるということがよく指摘されます。

また、小学校に通うようになると、親子関係ばかりでなく、学校生括の中で友達とのトラブルやいじめなどがあったり、先生とうまくいかなかったり、加えて成績の問題などが起こるようになると、それらが憂うつな気分を招くようになります。

受診をいやがる場合は

子どものうつ病の症状は、おとなの典型的な症状のような形では出ないといわれます。いらいらしたり、問題行動を起こしたりするケースが多いのです。

表現力がないので単純な訴え方に

子どもは、自分の心がいまどのような状態にあるかを、言葉ではうまく表現できません。憂うつな感じや億劫な気持ちを、おとなにうまく伝えることができないのです。

そのため、ちょっとしたことで感情的になったり、態度が反抗的になったりします。それが体の不調としてあらわれることもあります。

注意しなければならないのは、正確にごい表現するだけの語彙が少ないので、「おなかが痛い」とか「頭が痛い」という、きわめて単純な訴え方をしてしまうことです。

おとなは、それを言葉どおりに受けとってしまい、子どもの本当の気分を見すごしかねません。学校に行きたがらなくなり、長く休む、いわゆる不登校なども、うつの気分のひとつのあらわれと考えられますので、注意する必要があります。もちろん、これらの症状は、その背景にあるのはうつ病ばかりとはいえず、ほかの心の病気についても考える必要があります。

関連ページ

  1. うつによる自殺前のサイン、家族や周囲の人はこのサインを見逃さないようにする
  2. 年代別うつの症状(老年期)
  3. 年代別うつの症状(中年男性)
  4. 年代別うつの症状(思春期~青年期)
  5. 年代別うつ病の症状(子供)
  6. うつ病 症例5「漢方薬の処方と治療」
  7. うつ病 症例4「漢方薬の治療で二週間で改善した例」
  8. うつ病 症例3「異常な肥満は水毒の兆候」
  9. うつ病 症例2「私のうつの話」
  10. うつ病 症例1「不眠、だるさは危険信号」
  11. うつの経験を今後に生かす
  12. 「死にたい」といわれたら
  13. 友人のうつ状態をサポート
  14. 高齢者を孤立させないために
  15. 思春期のうつにどう対応するか
  16. 病状を周囲の人にどこまで話すか
  17. 受診をいやがる場合
  18. 受診をすすめるタイミング
  19. お手伝いできることはないかと聞いてみる
  20. 励ましすぎない、焦らない
  21. なるべくいつも通りに接する
  22. 楽しみの時間をつくる
  23. 大きな判断をしない
  24. ひとりで抱え込まずに相談する
  25. 生活のリズムを整える
  26. 自宅療養も有効
  27. まずペースダウン
  28. うつの兆しに早めに気づくこと
  29. 「気分の変化」は環境への適応
  30. 職場の異動と実施時の注意点
  31. 仕事の環境を変えられないか
  32. 環境面について
  33. 人間関係をらくにするポイント
  34. 3つめの「C」コミュニケション
  35. 具体的な問題解決に向き合う
  36. 2つめのC 「コントロール感覚」
  37. コラム法で現実を見る
  38. 自動思考について
  39. 7種類の認知のゆがみ
  40. 心の健康と「3つのC」
  41. 医師には何でも相談する
  42. 精神療法と環境調整
  43. どのように治っていくのか
  44. 入院も考える
  45. 抗うつ薬使用中の躁状態
  46. 症状が改善しても薬は続ける
  47. 効果が出るまでに一定の時間がかかる
  48. 抗うつ薬をためらってしまう
  49. そのほかの向精神薬を使う場合
  50. セロトニン濃度を高めるSSRI
  51. 三環系うつ薬、四環系抗うつ薬
  52. うつ病の薬物療法
  53. うつ病の治療
  54. 体の病気があるとき
  55. よい医師の条件
  56. 「行きやすい」ところを選ぶことが大切
  57. 受診する医療機関の見つけ方
  58. 体の病気とうつの関係
  59. 気分障害の分類、躁とうつについて
  60. うつ病でよく見られる9つの症状
  61. 子供のうつ病は表に出にくい
  62. 高齢者のうつ病
  63. 更年期はうつになりやすい
  64. 女性特有のうつ症状
  65. 職場、仕事の悩みが引き起こすうつ
  66. 大切な人の死別がうつのきっかけに
  67. 短気になり、キレやすくもなった
  68. 原因不明の体調不良が重なり続く
  69. 自信がなくなって不安な気持ちになる