年代別うつの症状(老年期)

老年期はうつ病にかかりやすい年代でもあります。体のさまざまな機能低下に加えて、親しい人との別離などが、争えてきます。これらが心の不調を引き起こしやすいのです。

妄想を伴い、自殺を考えることも

年をとるにしたがい、老化が進み、体が思うように動かせなくなったり、あちこちが痛くなったり、視覚や聴覚も衰えてきます。

また身体機能の低下とともに、病気にもかかりやすくなってきます。また、退職などによって生活環境が大きく変わるときでもあります。

加えて、この年齢になると、長年連れ添った妻や夫に先立たれたり、親しい友人が亡くなることも多くなりますので、喪失感や孤独感が深まってきます。これらのいくつかのことが重なって、生きがいをなくしてしまう人もいます。このような老化、別離などは、心にも大きく影響します。ささいなことで精神のバランスをくずしてしまいがちです。

その結果、うつ病になってしまう同齢者が多く見かけられます。高齢者の精神疾患の中で、最も多くみられるのはうつ病であるといわれています。老年期のうつ病の症状では、次のような特徴が指摘されています。

  • ほかの世代の症状にくらべると、著しい憂うつな気分はそれはど前面に出ることがない
  • ことさらいらいら感や焦燥感、不安感などが生じやすく、このため落ち着かない様子をみせたり、じっと座っていることができなくなったりする。
  • ちょっとした体の不調が気になって、それにとらわれてしまう、聖丸症状が目立つ。精神面よりも体の症状のはうが多くみられる傾向がある。
  • 特に痛みや腹部の不快感を訴えることが多く、その訴え方もおおげさで、ヒステリックな感じさえする。
  • 以上のような体の症状について、つらさを訴える傾向がある。
  • がみがみ口うるさくなる。
  • 食欲が低下して、体重も減少する。
  • 妄想を伴うことがある。
  • 体力が低下するので、横になっている

ことが多くなり、その結果、運動不足になってさらに体力が低下する。それとともに気分も落ち込み、それが悪循環となっていく。

以上のように、高齢者のうつ病の症状は、憂うつな気分よりも、体の不調や痛みを口うるさく訴えたりすることが多いため、ちょっとみただけではうつ病とは思えないことが多いといわれます。

また、妄想を伴うこともあるのが、高齢者の症状の特徴です。主に「被害妄想」「罪業妄想」「心気妄想」、あるいは「貧困妄想」といった妄想です。

また、自殺を考える人が多いことも心配です。高齢者の場合は不安や焦燥感が強いだけに、実際に自殺をはかってしまうこともあるので要注意です。

老年期うつ病の発症に関わる要因

老化に伴う身体的変化
  • 脳内アドレナリン、セロトニン、ドーパミンの合成能の低下
  • 感覚機能の低下
  • 運動機能の低下
  • 性機能の低下
  • 身体疾患の合併
  • 感冒、下痢、打撲
メランコリー親和型性格
  • 執着気質
  • 強迫的、まじめ、徹底的
  • 無気力・内向的性格傾向
家庭内力動関係の変化
  • 配偶者・友人の喪失
  • 社会的地位の喪失
  • 孤立的環境
  • 経済的問題

うつ病か認知症かわかりにくい

高齢者のうつ病を考えるうえで気をつけなければならないのは、うつ病の症状と「認知症」の症状とが非常に似ていることです。

先にあげた症状の特徴とはいささか異なりますが、もうひとつ高齢者に特徴的な症状があります。口数が減り、行動や反応が鈍くなるなどの症状のほかに、物忘れがひどくなったり、著しい場合には、いま自分がどこにいるのかがわからなくなることさえあります。実は、これらのうつ病の症状は、「認知症」と非常によく似ているのです。このため、うつ病の場合は「仮性痴呆」と呼ばれます。

自分がどこにいるのか、あるいはまわりにいる人などを正しく認識する能力を「見当識」と呼びますが、この機能がきちんと働かない状態を失見当識(見当識障害) といいます。

これはうつ病ばかりでなく、実は認知症によくみられる症状でもあります。また、記憶障害の症状も、双方にみられます。認知症と仮性痴呆との見分けはむずかしいとされています。

ただ、うつ病の場合、記憶障害は比較的急激にあらわれるようです。また、認知症では病状が進んでいきます。それにしたがって、自分が病気であびょうしきるという自覚、つまり病識も失われていきます。これに対し、うつ病では症状の進行はありません。また記憶力の低下などにたいへん悩み、そうした症状を隠そうとせずに、むしろ過剰ともいえるような態度で訴えようとする傾向がみられます。仮性痴呆は、うつ病が治ってしまえば、症状も改善していきます。「仮性」の名がつくゆえんです。

認知症予防はこちら。