気持ちが安定し、キレる、イライラするなどがなくなる

うつ病の増加は、近年大きな問題になっています。それを受けて厚生労働省は、従来の4大疾病(ガン・脳卒中・心臓病・糖尿病) に「精神疾患」を加えて5大疾病としました。

この5 つの病気は、国レベルで力を入れてとり組むべき病気ということになったのです。それほど深刻な状態になっているわけです。みなさんの周りにも、うつ病に悩んでいる人がいるのではないでしょうか?

tea-381235_640.jpg

糖質オフ健康法を実践すると、うつ病やうつ状態を改善できるケースがあります。ただ、その効果に個人差があることをしっかりと認識してください。

しかも精神疾患のなかには双極性障害や統合失調症のように、糖質の問題だけではないものもあります。これらに対しては糖質オフ健康法を実践しても現段階では効果はあまり期待しないほうがいいでしょう。精神疾患は専門医に診てもらうようにしましょう。

ただ、糖質をオフにすれば、精神が安定しやすいのは確かなことです。糖尿病でない正常な人でも、糖質をとると、ある程度血糖値が上昇します。この上昇速度が急激だとぼーっとしたり眠たくなったりします。そして今度は血糖値がインスリンの作用で急激に下がる時も同様の症状が出たりイライラしたりします。

さらに食事開始後4時間くらいで、血糖値が下がりすぎると機能性低血糖の症状がでることがあります。このように食前食後の血糖値の変動幅が大きいタイプの人は心理的にも不安定になりやすいのです。このような時糖質をとると一時的に症状は改善するのですが、また血糖値が上昇して下降して、同じような悪循環になります。

糖質がないとイライラするようになるのは、これは立派な依存症状。前にふれた「炭水化物依存症」です。これでは心が健康だとはいえません。

精神が不安定だと、簡単なことで落ち込んだり、ささいなことで感情的になったりします。糖質オフにすれば依存症状はなくなり、血糖変動もからだも安定するので、結果的に精神も穏やかに落ち着くということになります。