お酒はウィスキー、ブランデー

糖質制限食はそもそも糖尿病の治療のために開発されたものです。従来の糖尿病では食事療法としてカロリー制限食を奨励してきました。そしてアルコールに関しては基本的に禁止しています。

brandy-2060499_640.jpg

糖尿病患者のなかには、その禁酒ができないばかりにカロリー制限の食事療法を断念してしまう人が多いという現実があります。

糖質制限食でもアルコールに制限をかけますが、何でもかんでも飲んではいけないと禁じるわけではありません。糖質を含んでいないお酒なら飲んでもOKなのです。覚えているでしょうか? 糖質を含んでいないお酒とは蒸留酒のことです。

蒸留酒(じょうりゅうしゅ)とは、醸造酒を蒸留して作ったお酒です。スピリッツ(spirits)とも呼ばれる。酒を製造方法で、醸造酒・蒸留酒・混成酒に分類したときのひとつです。

基本的にはアルコール度数が高いものの、蒸留後に加水した場合でも蒸留酒とされるので、アルコール度数を大きく落とすことも可能です。世界各地に、地域に応じた様々な蒸留酒が存在します。

お酒の種類で言うと、ウイスキーやブランデー、ジンや焼酎といったものが挙げられます。これらは比較的アルコール度数が高いのが特徴です。なので「度数の高いお酒より、度数の低いビールなどのほうがからだにやさしいのでは? 」と思う人もきっといるはずです。

しかし、それはあくまでもイメージ。糖質オフ健康法では糖質の有無を問題にするので、度数の強弱は関係ないのです。ピールや日本酒、白ワインなどの醸造酒には楯辛がたくさん含まれています。ただ、度数が強いと酔いがまわりやすいのは事実。そうなれば、ついついテンションが上がって、「仕上げはラーメンだ! 」ということになりかねません。お酒を飲む機会が多いのは夜。仕上げとなると深夜近くになっているでしょう。

その時間帯に糖質たっぷりのラーメンを食べたりすると、もとも子もなくなるので、くれぐれも注意してください。蒸留酒を飲む時は、水割りかお湯割り、あるいは炭酸割りで楽しみましよう。ストレートで飲むと濃過ぎるので、食道ガンになるリスクも生じてきます。