糖質オフは最初の1~2週間で効がでやすい

世の中には無数の健康法があります。みなさんもそうした健康法のいくつかを試したことがあるのではないでしょうか?

しかしなかなか効果が感じられなくて、そのうちやめてしまったというパターンも多いかもしれません。糖質オフ健康法のメリットのひとつが「すくに効果が実感できること」。そのため、これまでいろんな健康法にチャレンジしては挫折した人でも続けやすいといえます。

week-688662_640.jpg

たとえばその効果ですが、高血糖に悩んでいる人なら、糖質制限食をとった当日から数値が劇的に改善します。血糖値を上昇させる原因である糖質を体内に入れないわけですから、考えてみれば当たり前です。

また、ダイエット効果なら数日で実感できます。糖質オフ健康法を始めた人の大半は、l~2週間で1~2kgの体重減を経験。以降はゆるやかにダイエット効果が続いて、その人本来のペスト体重になるまでおもしろいほとやせていきます。

最初の1~2週間で体重減が速いのは、脂肪と一緒に水分が排出されているからです。これは脂肪をエネルギーとするからだへ切り替わる時に起こる現象です。切り替わってからの体重減は、そのままからだに蓄積されていた脂肪が減ったぶんと考えてよいでしょう。

大切なのは1〜2週間の体重減で満足せずに、もう少し続けてからだを切り替えてしまうことです。切り替えたからだで安定すれば、リバウンドもしにくくなります。余分な脂肪の量に違いがあるので、期間の幅は人それぞれありますが、糖尿病になったのをきっかけに糖質制限食を始めた作家の桐山秀樹氏は、わずか3週間で体重が20キロも減りました。

その体験をもとにおやじダイエット部の奇跡 「糖質制限」で平均22kg減を叩き出した中年男たちの物語 (単行本・ムック) / 桐山秀樹/著 という本も書かれたほどです。

糖質オフ健康法ですくに効果が現われるのは、体重減と血糖値の改善。その後、続けるうちに血行がよくなつたり自然治癒力がアップしたり、気分が安定したりと、さまざまな効果を実感できるようになります。