天然の万能飲料、血圧、血糖値を下げる効果大「発酵黒豆ドリンク」

発酵が強力パワーを発揮

肥満とは、体重が多いだけでなく、過剰に体脂肪が蓄積した状態をいいます。見た目にはスレンダーな人でも内臓脂肪がついている人が多いのも日本人の特徴です。体脂肪がふえると、糖尿病、高血圧、高脂血症などを引き起こす誘因となるため、健康づくりに肥満の予防や解消は欠かせません。

肥満のタイプには、「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」があります。このうち、生活習慣病に関係するのが、内臓脂肪型肥満です。内臓の周りに脂肪がついて、おなかがポコツと出るのが特徴です。よく女性がポッコリお腹といって体型を気にするのがこれです。

なぜ内臓脂肪型肥満がよくないのかというと、内臓周辺に脂肪が蓄積すると、血中脂肪が多くなるからです。すると、血液がドロドロになり、しだいに動脈硬化が進みます。それが引き金となり、やがては高血圧や高血糖、高脂血症などが引き起こされるのです。

内臓脂肪をふやさないためには、食生活を見直したり、日ごろから運動を心がけたりする必要があります。とはいっても、食事をきちんと制限したり、運動を継続したりするのは容易ではないでしょう。1日2日はできても3日目ぐらいになるとイヤになってしまうのが人間です。

そこで、お勧めしたいのが、「発酵黒豆ドリンク」です。黒豆が健康にいいということは、昔から知られていました。最近、黒豆の効果・効能が科学的にも明らかになっています。黒豆の栄養についてはこちら

その黒豆を発酵させたこのエキスを分析すると、もともとの黒豆の成分に加え、驚くほど多くのアミノ酸とクエン酸が生成されていました。発酵という過程で、健康パワーが驚くほど高まっていたのです。血管がしなやかになり便秘も改善するそれでは、発酵黒豆ドリンクには、どのような健康効果が期待できるのでしょう。高血圧、糖尿病の改善黒豆の皮には、ポリフェノールの一種で、強力な抗酸化作用を持つアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンが活性酸素を除去してくれるため、血管がしなやかになり、動脈硬化や高血圧が改善します。

ダメージを受けた膵臓のインスリン分泌もよくなり、糖尿病の改着果も期待できます。

また、クエン酸の働きで、ブドウ糖が活発に消費されるようになり、この点でも糖尿病の改善に役立ちます。同時に、クエン酸は、インスリンの働きをおさえるアドレナリンとい、つホルモンの分泌も調整するため、高血糖の抑制につながります。

黒豆が含有するリノール酸やレシチンも、コレステロールや中性脂肪を溶かし、血流を改善。血圧の安定や動脈硬化の改善に役立ちます。たんばく質がアミノ酸に分解される過程で作られるペプチドにも、血圧上昇を防ぐ作用があることがわかっています。

発酵黒豆ドリンクの使用感と効果(血糖値、血圧、コレステロール)