抗AGE食で高い尿アルビミン値が治りヘモグロビンA1Cも大幅低下

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ヘモグロビンA1Cが10%台に達してしまった

私は数年前に糖尿病を発症し、専門の病院で治療を受けていましたが、血糖値がどうしても下がらずに、悩んでいました。そんなとき、AGE対策で血糖値が下がった人の体験を聞き、興味をもちました。

ヘモグロビンA1Cも10%台に突入し、本当に困っていました。

腎症や神経 障害の自覚症状は全く感じてい ませんでしたが、しかし、これほ ど血糖値の高い状態が数年間も 続いていたとすると、腎症が起 こっている可能性は大きいと言われました。

そこで、尿アルブミン値も測 定してみると、31.5mgもあり初期の腎症を発症している ことがわかりました。

ただ、血中AGE値は0.073μgで、今 はたまたま血中AGE値が基準 値内にあるとはい、え、今後増え ていくのは確実だとういことです。すでに腎症の発症が確認さ れていることもあり、抗AGE治療が効果的だろうと言われました。

1年で血糖値も尿たんぱくも正常値に

焼い たり揚げたりする料理をさ け、緑茶や大豆食品などAGE減らしに役立つカテキンとビタミンB群が多く含 まれる食品を積極的にとる よう言われました。

生で食べられる物は橿力生のまま食べ、ゆでたり蒸しエ する調理法を活用することでかなりAGEが減らせると言われました。

こうして抗AGE治療を実行した結果、尿アルブミン値は3ヶ月で8.3mgと劇的に減り、ヘモグロビンA1Cも 7%台まで改善しました。 約1年後にはヘモグロビンA1Cが5.6% 、尿アルブミン値は3.0mgとすべて正常値で落ち着いています。