「死にたい」といわれたら

うつ病の人が自分を傷つけることがありますが、こうすれば防げるという「特効薬」はありません。とにかくまず、きちんと向き合って話し合うことです。

家族や身近な人、親しい人から「死にたい」といわれたら、だれでもびっくりして、動揺します。なんとかしなければと思います。そういう場面では、私たち医師も含めて、こうすれば必ず防げるという教科書的いな答えはありません。

ただ一生懸命くい止めるしかないと思います。「私なんか、いるだけでみんなに迷惑だ。いないほうがいいんだ」という相手に対して、あなたなりのいい方で、「そんなことはけっしてない。あなたは私にとってだいじな人だ。あなたがいなくなったら、私はとてもつらく、悲しく感じると思う」というメッセージを、誠実に、一生懸命伝えるしかないだろうと思います。

ふあなたとその人の、これまでの関係や出来事をもう一度振り返ってみることも、役に立つかもしれません。なにか背景になっている問題があるのならば、話し合って、それをなるべく具体的にはっきりさせて、いつしょに解決策を探してみるのもいいでしょう。自分の死を考えるほど思い詰めているときには、視野が狭まって、具体的な問題点が見えなくなっていることも多いので、なにが問題なのかが見えてくるだけで、本人の気持ちが少しらくになることもあります。

ういう心境のときには、まわりを断ち切るような思いと、救いの手を引っ張り込もうとする力が、両方ともすごく強くなっているこふとがあるので、巻き込まれすぎない、踏み込みすぎない、振り回されないという気持ちを持つこともたいせつです。

あなた自身の足場をきちんと確保して、見通しをよくしておくことが、手助けにも役立つはずです。どこから広まったのか、「『死にたい』と口にする人は、なかなか死ぬもんじゃない」とよくいわれますが、そんなことはけっしてありません。「死」や「自殺」ということばが聞かれたら、きちんと話し合うべきですし、医師にも早く相談してほしいと思います。

そういうときに、相手のことばのウラを読んだり、別の考えがあるのさぐではないかと探ったりしても役には立ちません。それよりも、そういうことばを口に出すくらい、本人はとてもつらいのだろうと受け止めて、そういう気持ちにきちんと目を向けていくことのほうがずっとたいせつです。