体は試験管ではない!ラクトフェリンは本当に脂肪を減らす

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「●●の働きにより糖分、脂肪分を包み込んで体外へ排泄します」「脂肪の腸吸収を80 %ブロック」...そんなことはあり得ない、と厚労省がたびたび広告や販売を禁じてもどこ吹く風で、「脂肪ブロック」をうたうダイエット食品はあとを絶たない。

これらの商品、れっきとした医学博士が監修していることも多く、証拠として「試験管に脂肪分を入れて、製品を加えると脂肪分が固まる」実験結果がよく使われている。

白衣の博士が試験管を手にしているとありがたく見えるが、なんのことはない、「てんぷら油を固める」凝固剤のCM と同じである。

人間の体は試験管ではなく、食べたものはすべて、体の中に入ると胃腸の消化液で分解される。試験管の中で「有効」でも、生体の中でどうなるかは全く分からない。

そこで、マウスやラットなどを使った「実験」の結果もよく付記されるが、これがまたウソだらけ。「ラットの実験で証明! 食事の時に飲めば脂肪分や糖分の吸収を抑えられる」とうたうダイエット食品9点を使って、国立健康・栄養研究所が実際にラットの実験を行ったことがある。

普通のラットと比較して、どの製品も、体重や体脂肪の変化に差はなく、脂質と炭水化物は9割以上、腸で吸収されていた。アメリカの肥満治療薬「ゼ二カル」は、脂肪の吸収を助ける酵素リパーゼを抑えて腸の脂肪吸収を30% 抑えるというもの。

胃もたれ、油まみれの便が頻繁に出る、脂溶性のビタミンA・D・E・Kが欠乏しがち、などの副作用が報告されている。脂肪の腸吸収を80% もブロックするサブリが本当にあったら、摂った人は体内バランスが完全に狂って死んでしまうだろう。

脂肪の腸吸収ブロックが難しいなら、内臓にたまった脂肪を減らすのはどうか。ほ乳類の乳、とりわけ初乳にたっぷり含まれる多機能たんぱく質、ラクトフェリンの内臓脂肪の低減効果を確認とうたうのはライオン株式会社。

同社は、胃で分解されず膿まで届くラクトフェリン サプリを開発。35歳~60歳の男女12名に1日300mg摂らせる「世界初のヒト実験」を行った。食事制限や運動の指導なしで2ヶ月後、「被験者平均で、腹部CT断面の内臓脂肪面積2% 減、腹囲で4%滅の有意な効果を確認」したという。

被験者がわずか12人で、性別も年齢もバラバラ、食事も運動も自由。このような実験の「平均値」で、「効用の確認」をうたうのはまだ早いのではないだろうか。ちなみに、森永乳業は「本来の性質を保持したまま変性しない」ラクトフェリンを開発。こちらは「ラットの実験によって」大腸がんの予防と、大腸ポリープの抑制に役立つことがわかったという。早く人間でも証明してほしい。