もはや国民病と化している糖尿病、体内環境を整えて糖尿病になりにくい体をつくる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

糖尿病は、日々の生活の中でとにかく血糖コントロールを安定させることにつきます。糖尿病の恐ろしいところは、なんといっても合併症。病気の本当の正体をしっかり理解した上で適切な対処がとても大切です。

初期は自覚症状が乏しい

ここ最近、糖尿病患者は予備軍を含めるとほぼ2000万人になる状況です。1年間に200万人~300万人も増加しているのです。これだけ多い病気であるにもかかわらず糖尿病が強く疑われる人のうち、およそ半数しか治療を受けていないのです。その理由は自覚症状が乏しいためです。「痛い」「かゆい」「だるい」「ツライ」といった症状が皆無なのです。

血液中に含まれるブドウ糖のことを血糖といいますが、健康な人の場合、血糖値は80~100mg/dl程度です。血糖値は当然、1日の中でも変動し食後には上昇するのが普通です。食後に上昇した血糖は通常、2時間以内に正常に戻りますが慢性的に血糖値が高くなっている状態を糖尿病といいます。

糖尿病の基礎知識はこちら。

怖い合併症

糖尿病の発症に気づかなかったり、気づいても症状がないために治療を行わなかったり、高血糖の状態が数ヶ月、または数年続くと血管や神経傷つけられ臓器にも異変を生じます。いわゆる合併症です。合併症には急性の合併症と慢性の合併症があります。

急性合併症の代表は糖尿病性昏睡です。慢性の代表は多くの視神経が分布する目の網膜に異常が起こり、失明にいたることさえもある糖尿病性網膜症、腎臓の血管が傷つけられ、腎臓の働きが低下してしまう糖尿病性腎症、神経にも病変が及ぶ手足のしびれや痛み、発汗異常などもあります。

動脈硬化が進行すれば心筋梗塞、脳梗塞、といった重篤な病気、目の白内障や緑内障、高血圧、足の壊疽、関節症などもあります。高脂血症が重なった場合には「死の四重奏」と呼ばれ心筋梗塞などのリスクがさらに高まります。

適正なエネルギー量

糖尿病とわかったら日頃の食生活を見直します。そして血糖を適正にコントロールできるように食事療法、運動療法を同時に行います。食事療法は、1型、2型ともに必須ですが、多くの人が該当するインスリン非依存の場合、食べ過ぎによる肥満がインスリンの働きを悪くすし血糖をあげる要因になるので食べ過ぎには注意します。糖尿病に限らず、現代人は食べ過ぎ傾向なので注意します。また、コレステロールなども上昇しないように注意します。便秘体質の人は、どうしても脂肪が蓄積されやすく肥満になりやすいので便秘解消に注意します。生活習慣で快便体質にすることが困難ならイサゴール
などを利用するのもおすすめです。