従業員が見てしまったかいわれ工場の白い粉

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

カイワレエ場で働く従業員から次のような手紙がきた。私の手手がただれたり、爪が弱くなったりする原因は、私はどうもあの白い粉にあるように思えてなりません。会社の人が白い粉の入ったバケツを運んでいるのを見たことがあるのですが、カイワレに水をまくときに、その水の中に溶かすのではないかと思います。

その白い粉を私はカイワレを早く大きくするための生長剤だろうと勝手に思って、ある投稿誌に、爪が弱くなったり、先の方が欠けたりするのは、あの生長剤のせいではないかと思うと書きましたところ、編集部に反論があり、生長剤というのは高価なもので、カイワレなどに使うはずはないという内容のものでした。

主婦から白い粉の正体を教えて下さいと、いわれた。「工場生産されている食品は企業秘密の部分が多く、なかなか分かりにくいのが実態だが、多分、カイワレやエ場の消毒に使う次亜塩素酸だろう?と答えた後日、別のカイワレ業者の社長に会う機会があったのでこのことを話した。すると、カイワレ業者によっては、カイワレの栽培に根腐れ防止剤、緑化促進剤、発芽促進剤などが使われていると明らかにしてくれたのだった。

そして、カイワレやスプラウト栽培についてこう指摘した。「カイワレもスプラウトも水耕栽培ですので、水と温度だけでは育成できず、肥料がどうしても必要なんです。肥料は1日2回、水に溶かしてやりますが、どこも肥料の成分表は公開しません。そこが、問題だと思います」カイワレは太陽があたるはど葉も大きく青々とする。しかし、天候不順のときでも、青々としたカイワレをスーパーなどでみかける。たぷん緑化促進剤のお世話になったのだろう。