飲むだけでやせる脂肪を分解するお茶

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ウ一口ン茶が日本で売れたっかけとなったのは、ウーロン茶の成分サポニンが脂肪を分解するということが科学的に分かったからだ。もっとも、人の体脂肪を分解させやせる効果を出すには、何万リットルのウー口ン茶を飲まなければならないということも科学的に分かっている。

そんなことは不可能で、要するに、やせる効果はないというのと、実質的には同じことだ。しかし、「何万リットル飲めばやせます」なんてことは口が避けても販売メーカーはいわず、きれいなスタイル抜群のモデルをC Mに出して「脂肪分解」ばかりを強調する。

これは「滅肥茶」の名称で出回る中国茶も同じことで、ウー口ン茶同様、サポニンが脂肪を分解させる。「滅肥茶」が最初に日本に上陸したのは1996年。「飲むだけでやせられる」のCMにのって大ブームとなった。確かにやせる人が続出したのである。ところで減肥茶には食欲抑制剤のフェンフルラミンが混入されていることが確認されたのである。

フェンフルラミンの食欲抑制効果は非常に高く、1996年に米国でダイエット薬トップの売上を上げた。だが、副作用も大きく、服用した人の約30% に心腹弁の異常が起きていることが確認され使用禁止になった。そんな薬が「滅肥茶」に意図的に混入されていたのである。やせるのは当たり前だ。こうして「減肥茶」ブームは去った。ところが6年後の02年にまた、中国製の「やせるお茶」ブームが起こった。「減肥茶」はないが、中国製の様々な名称の「やせるお茶」は飛ぶように売れた。しかし、「やせるお茶」の服用者に肝障害が相次いだ。全国で被害者は800人以上に及び、4人の死者が出た。「減肥茶」同様、フ工ンフルラミンが混入されていた。

食欲抑制剤って本当にあるのですか?