落下したりんごはジャム業者が狙っている

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

リンゴ農家にっても秋の収穫シーズンの台風は最大の心配ごとだが、この時期になると、毎日、うきうきしながら天気予報をみている人達もいる。一部のジャム業者である。彼らは台風がリンゴ産地の長野、青森県を集うことをひたすら祈っている。

直撃しそうとなれば、すぐさまトラックで現地へ向かう。狙いは台風で落ちたリンゴである。生食にできない落ちリンゴをタグ同然の値段で買い取るのだ。買い取られた落ちリンゴは、イモやデンプンを入れ粘りけを出し、リンゴジャムだけでなく、イチゴジャムやアンズジャムに化ける。うまく化けるためには、多くの食品添加物の力が必要となる。

たとえば、イチゴジャムに化けるには次のような添加物を使う。固めるためには塩化カルシウム。着色にタール色素の食用赤色10 2号や黄色4号。イチゴの匂いをつけるために合成香料のイソイソチ吉草酸エチルやプロビオ酸イソアミルの合成香料。甘みをつけるのはソルビット。酸化防止のためにシュガーエステル。変色防止にエリソルビン酸。

粘りを強くするのにはCMC(繊維質グリコール酸ナトリウム)、アルギン酸、プロピレングリコールエステル、リン酸エステル、防腐のためにソルビン酸を添加する。こうして出来たイチゴジャムは、主に業務用として使われていく。リンゴ農家にとって、落ちリンゴをただ同然とはいえ、引き取ってくれるのはありがたい。

しかし、丹精込めて育てたリンゴがわけの分からないジャムに加エされるのは耐えられない。ということから、台風で被害を受けると、落ちリンゴを消費者に直接、安く買ってもらおうという動きが出てきた。私も何度か送ってもらったが、多少の傷があるだけで、十分においしかった。落ちリンゴの流通を業者はよく考えてはしい。