糖尿病の薬

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

糖尿病には、血糖値を下げるインスリンというホルモンが出なくなる1型と、インスリンの分泌が衰えたり、その効きが悪くなったりして血糖値が高くなる2型があります。

日本人の糖尿病患者の95%以上は2型なので、ここでは2型糖尿病の治療薬について解説します。2型糖尿病治療の基本は、食事療法と運動療法です。これらを実行しても高血糖が改善しない場合、薬による治療が検討されます。

血糖値を下げる飲み薬(血糖降下薬)には、多くの種類があります。インスリンの分泌を促す薬、糖の消化吸収をゆるやかにする薬、肝臓で糖が作られるのを抑える薬、インスリンの効きをよくする薬など、アプローチもさまざまです。

その人の体質、症状、肥満傾向、生活状況などによって、適合する薬も違ってきます。そのため、生活習慣と効き目を勘案し、薬を変更していくこともあります。糖尿病の治療薬を服用中、特に気をつけなければいけないのが、低血糖です。

薬の作用が強く出過ぎて血糖値が異常に下がり、意識がもうろうとして非常に危険な状態に陥ィることもあります。手足のふるえ、手足の力が抜ける、動悸、冷や汗、頭痛などが、低血糖の代表的な症状です。

低血糖が起きたら、すぐにブドウ糖や砂糖を補給します。糖尿病の薬を服用し始めても、治療の基本である食事療法と運動療法は続けることが大切です。また、薬を飲み忘れがちの場合は、正直に主治医に伝えるようにしましょう。医師は患者さんが薬を正しく飲んでいる前提で診察し、薬を決めるからです。

糖尿病 | 薬の選び方