ネチケット

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
ネチケット(Netiquet)とはネットワークとエチケットを組み合わせた造語で、ネットワーク上で守るべきエチケットのことです。

インターネットは、多くの人々がいろいろな目的を持って参加し、さまざまなメリットを享受できます。したがって、一般社会と同様にルールやマナーを守り、社会の一員としての自覚と責任を持って利用しなければなりません。
ネチケット発祥の地である米国では、さまざまなネチケット集が出回っており、wwwでもいろんな議論がなされています。

日本語版ネチケットとしては、業界団体の電子ネットワーク協議会が作成した「インターネットを利用する方のためのルールとマナー集があります。

これは、当協議会が平成8年に公表した「パソコン通信サービスを利用する方へのルール&マナ集」をインターネット版として書き換えたものです。

「電子メールの文章の書き方」「題名( タイトル、サブジェクト)のつけ方」「使用する文字やメール形式の注意」「返事が遅くても怒らない」「不愉快な電子メールへの対処」といった一般的な電子メールの注意事項や、「発言には責任を持つ」「初心者の失敗には寛容に」「アドバイスは謙虚に聞く」「多離を認める」といった電子掲示板での注意事項のほかに、「パスワードの管理方法」「他人のユーザーID を使わない」「プライバシーの守り方」「コンピューターウィルスへの対策」「著作権の侵害」「商標の使用」「プライバシーの侵害」「風俗営業」「通信販売」「個人情報の保護」といったインターネットセキュリティに関連する具体的な事項も含まれています。