糖尿病の診断基準

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2010年に、それまで参考所見にすぎなかったヘモグロビンA1Cが糖尿病の診断基準に取り入れられました。以前は血糖値で糖尿病を診断することが基本でしたが、いくつか面倒な問題がありました。

たとえば、健診でたくさんの人の空腹時の血糖値を計ろうとすると、2つの問題によく出くわします。

1つは、健診の何日か前から食うや食わずで血糖値を下げて、健診に引っかからないように必死の努力をする人が必ずいることです。私の知る、とある製薬会社に勤める人は、なんと健診の1ヶ月前から体重を5kgくらいしぼって健診に臨みます。健診が終わったその日は、糸の切れたタコ状態で飲んで食べるそうです。

気持ちはわかりますが、これでは、3ヶ月もするともとに戻ってしまい、健診の意味がありません。

もう1つは、健診で何百人もが受診すると必ず何十人単位で「ご飯食べちゃった」とか「牛乳飲んだんだけど」とか言う人がいます。食べ物が影響する指標はまず体重ですが、血糖値と中性脂肪値も大きく食事の影響を受けます。

そこで、ヘモグロビンA1Cの登場です。この指標は、2 ~3 日食事制限をしたり、健診当日、朝食を食べてしまっても大きな影響を受けません。ただ、健診での必須項目かというと、血糖値かHヘモグロビンA1Cのどちらかを計ればよいことにななっていますので、検査コストが高めのヘモグロビンA1Cを省く自治体も少なくありません。

健診で空腹時血糖値が1100~125mg/dlの人は、当面、境界型として取り扱われます。126mg/dl以上の糖尿病領域の人はもちろん、境界型の人も別の日にブドウ糖負荷試験を受けて正しい判定を受けることが望ましいと思います。

そのとき最初に起きる問題は、糖尿病ではないことを理由に再検査、あるいはさらなる精密検査を受けないまま放置する人が意外と多いことです。さらに、受診者が再検査を受ける気になつても、医療費を考慮して医師サイドが消極的な場合もあります。

さて、診断の手順は医師の裁量に任されていますが、境界型の血糖値を見たら、まず、ヘモグロビンA1Cと空腹時血糖値の再検査、あるいはヘモグロビンA1Cと食後1〜2時間の血糖値を知りたいと思うのが人情です。ヘモグロビンA1Cも高ければ、ブドウ糖負荷試験という精密検査をしてみようと考える医師は多いと思います。

つまり、最低2回は血液を調べないと、ブドウ糖負荷試験までたどり着かないという、健診を受ける人も医師もとても面倒くさい手順なのです。しかし新しい診断基準は、ヘモグロビンA1Cを組み込むことによって、より簡略な手順での診断を可能にしました。

もう1つのメリットは、ヘモグロビンA1Cを計って6.1% 以上なら、随時の血糖値、空腹時血糖値、症状の有無(口渇、多飲、多尿など) を参考に診断を下すことが可能なことです。血糖値、ヘモグロビンA1Cのいずれか、あるいは両方異常値が出れば、最低でも「糖尿病の疑い」というカテゴリーで経過観察を要するというのが、専門医の先生方の共通認識のようです。

糖尿病の診断に関しての細かい手順の説明は省きますが、心して知っておいてほしいことは、世の中には、「なるべく病人を出したくないと考えて、少々のことには目をつぶる人(医療サイド)、あるいは目をつぶってほしい人(患者サイド)」と、「何の症状もなくまったくの健康なときから発生の芽を摘んで豊かな未来を築こうとする人」の2種類の人種がいるということです。

あなたがどちらなのか、そしてあなたとかかわる医師や健康サービスがどちらなのか、あなた自身が心して見定めて、ご自分や家族の健康と未来の設計をしていただきたいと思います。最後に改めて整理しておきます。

糖尿病の診断

血糖値
空腹時126mg/dl以上、または食後2時間200mg/dl以上糖尿病型糖尿病型でも正常型でもないもの境界型
ヘモグロビンA1C
5.2 %未満正常5.2~6.1% 要指導(注意が必要)6.1% 以上受診勧奨(糖尿病の可能性がきわめて高い状態)

日本と欧米では、ヘモグロビンA1Cの測定方法が違います。日本の測定方法で得られた値はJDS値、欧米はNGSP値といい、JDS値は GSP値より0.4 % 低い備になります。1今後JDS億は廃止されてNGSP値に統一されることが決まっており、現在のヘモグロビンA1Cの基準値6.1% は6.5% に変わります。