大事なポイントはインスリン

この糖代謝をつかさどっているホルモンがいくつかあります。血糖値が低くなるとグルカゴン、アドレナリン、コルチゾールなどのホルモンが分泌されて血糖値を上げる方向に働き、血糖値が高くなるとインスリンというホルモンが分泌されて下げる方向に働きます。

人類の血糖値を上げるホルモンは複数ありますが、下げるホルモンはインスリンだけです。長い飢餓の時代を経て、その飢餓の中でも生き残るために血糖値を上げる方向に進化した結果、人類は血糖値を下げるホルモンをたった1つしか獲得しませんでした。

血糖値を下げる唯一のホルモン、インスリンとはどのようなものでしょう。インスリンは膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞でつくられます。これが細胞の表面にあるインスリン受容体に結合すると、「ブドウ糖を取り込みなさい」という信号が細胞の中に送られてブドウ糖を取り込むようになっています。

ちょうど、カギとカギ穴のように、インスリンが受容体にピッタリはまると、細胞にある扉が開いてブドウ糖が細胞の中に入っていくのです。それによって血液中のブドウ糖が少なくなり、血糖値が下がります。いくらブドウ糖が細胞の中に入りたくても、インスリンが分泌され、それが受容体に結合しない限り、ブドウ糖を取り込む扉は開きません。

その結果、ブドウ糖は血液中に残り、血糖値が上がってしまいます。血糖が増えても、ブドウ糖が血液の中におとなしく存在するだけなら、人類の歴史に糖尿病という病気は存在しなかったでしょう。ところが、血液中に残ったブドウ糖は血管を傷つけながら、全身をめぐります。それが、動脈硬化を急速に進行させる原因になるのです。糖尿病になるかならないか。そのカギを握っているのは、インスリンです。

そもそもンスリンが正常に働いていたら、誰も糖尿病になることはなかったのです。健康な人なら、就寝中など長い時間、食事などから糖質が補給されないときは、肝臓にためておいたブドウ糖を血液中に引き出して利用しますが、引き出しすぎると血液中のブドウ糖が増えすぎて、血糖値が高くなります。

ですから膵臓は、つねにインスリンを分泌して血糖値を一定に保つように調節しています。これをインスリンの「基礎分泌」といいます。また、食事をしたとたん血糖値はすぐに上がり始めますが、同時に基礎分泌の何倍ものインスリンが一時的に分泌されてブドウ糖を肝臓に取り込みます。

これをインスリンの「追加分泌」といいます。このように膵臓は、血液中のブドウ糖の量が多いか少ないかを判断してインスリンの分泌量を調節しながら、血糖値が安定するように働いているのです。この流れをまとめると以下のようになります。食事をする→血液の中にブドウ糖が吸収されて血糖値が高くなる→膵臓でインスリンがつくられて血液中に分泌される→インスリンの作用で血液中のブドウ糖が細胞の中に取り込まれる→血糖値が下がる