活性酸素は胃に2重で負担をかけてしまう

ストレスが胃に与える影響

活性酸素が体に障害を及ぼす場面として、好中球性の炎症と虚血-再灌流について説明しましたが、身近な例では、胃・十二指腸潰瘍の発症にも活性酸素の障害作用が深くかかわっています。

胃・十二指腸登場の原因といえばまず、ストレスを思い浮かべる読者が多いかもしれません。ストレスと胃潰瘍の関係は、たとえばネズミを身動きできないように縛り、首から下を数時間、水につけておくと、胃潰瘍ができるという実験からも明らかです。そのメカニズムは必ずしも明らかではありませんでしたが、虚血-再灌流によって説明できるようになりました。

潰瘍とは粘膜などの組織の一部が欠けてえぐれた状態をさす言葉ですが、ストレスを受けた胃粘膜では、血管が強く収縮し、血流の一時的な低下が起こり、組織に血液が不足した状態に陥ります。この虚血状態のあと、再灌流に伴って発生する多量の活性酸素が胃粘膜にダメージを与え、渡歩をつくることがわかってきたのです。

ピロリ菌に感染した胃潰瘍には好中球が多い

ところで、最近、難治性の胃・十二指腸潰瘍や慢性胃炎の原因としてヘリコバクター・ピロリという細菌の感染が注目されています。この細菌は体がらせん状( ヘリコ)べんもうで長い鞭毛を持ち、胃の出口(ピロリ) 付近の粘液中に棲みついています。

胃酸にさらされる胃袋の中では細菌のほとんどが死滅しますが、ピロリ菌はアンモニアをみずから合成して、周りをアルカリ性の」環境に変え、胃粘膜に棲みつく能力を持っているのです。

胃粘膜に起きた好中球性の炎症であることが明らかになりました。ことに、以前は胃粘膜の老化現象と見られていた慢性萎縮性胃炎や、いったん治っても容易に再発してくる易再発性の胃・十二指腸潰瘍、さらには胃がんにも、ピロリ菌感染が憲にかかわっていることがわかってきました。

このため、欧米では胃・十二指腸潰瘍の治療に、従来の酸分泌抑制剤に加え、抗生物質によるピロリ菌の除菌療法が試みられ、除菌に成功すると胃粘膜に浸潤していた好中球の数がしだいに減ってくることも観察されています。

胃粘膜にピロリ菌が感染している患者さんが、仕事などで強いストレスにさらされれば、好中球の出す活性酸素に加え、虚血-再灌流に伴う活性酸素の洪水が胃粘膜を襲い、二重のメカニズムで胃粘膜を傷めつけることになります。