硬水と軟水の選び方

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

同じ( ナチュラルミネラルウォーター) でミネラルをバランスよく含んでいる水でも、その種類は大きく分けて2 つあります。硬水と軟水です。
異なる点は、カルシウムとマグネシウムの含有量です。


一般的に「日本人がおいしく感じるのは軟水」といわれています。国土の多くが火山灰が降り積もってできた地層の日本では、地下水の多くがミネラル分の少ない軟水であり、その軽い味に慣れ親しんでいるためです。


ミネラルの量はミネラルウォーターの味わいを決める重要な要素です。カルシウムは水にきりっとした喉ごしの良さを与えますが、量が多いと舌に重く感じ、また時に舌に粉っぼい感覚を残します。マグネシウムは多いと独特の苦みを感じさせます。そして塩化ナトリウムが多ければ塩辛く、硫酸ナトリウムが多いと渋みを与えます。ですからミネラルが多く含まれる硬水は、日本人には「クセがあって飲みにくい水」と思われることが多いようです。しかし、水を飲む目的を「ミネラル分の補給」 と考えた場合、有効なのは硬水です。


中でもカルシウムとマグネシウムがバランスよく含まれ、かつイオン化されているミネラルウォーターは、ミネラル補給にとって理想的な水であるということができます。それでもカルシウムの多い硬水を飲み続けることで、尿路結石などの病気にかかりやすくなるのではないかと不安に思う人もいることでしょう。

しかし、日本全国の水道水に含まれるカルシウムとマグネシウムと、尿路結石の患者の発生頻度との関連を調べた、ある大学の研究によれば、問題なのは飲み水に含まれるカルシウムの量ではなく、カルシウムとマグネシウムの比率であることがわかっています。

単純にいうと、水道水にカルシウムが多くてマグネシウムが少ない地域では尿路結石患者が多く発生し、カルシウムに対してマグネシウムも高い比率で含まれてい.る地域には尿路結石患者が少ないということです。ですから、ミネラル補給を目的にミネラルウォーターを選ぶ場合は、水の硬度だけにとらわれずにラベルに表示されているカルシウムとマグネシウムの含有に注目することが大切です。

軟水なら桜島活泉水がおすすめです。