体にいい水の条件

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

水について考えると、かなり深く普段、水道から出る水をイメージしがちですが、生命活動において欠かすことのできない生命として生きる上での...と壮大なテーマになりますが、日常的に考えた場合にどんなことを意識して水分摂取を心がけたらいいのでしょうか?
それは「体にいい水の条件」を考えることにあると思います。

  1. 天然の地下水であること。
  2. 健康に好適なミネラルをバランスよく含んでいること
  3. 人体に有害な化学物質や、病原菌を含んでいないこと
  4. ペーハー値が極端に高かったり、低かったりしないこと
  5. 人工的な処理がされていない、地下から汲み上げたままの水であること

この5つを満たすことがポイントだと思われます。
水は体の中で消化、排泄、栄養の運搬といった重要な役割を持ち、約1ヶ月をかけて体内のあらゆる場所を駆け巡り、循環します。その点において、体内の機能調節に役立つカルシウムやマグネシウム、カリウムといったミネラルをバランスよく含む水は「体が求めている水」「体に必要不可欠な水」 ということが言えます。


また人間は体内のペーハー値を一定に保つことで健康を維持していますから、ペーハー値が人間の血液に近いpH 7.1~8.0 の弱アルカリ性の水は「体にやさしい水」「体液に近い水」といえるでしょう。そして水には物質を溶かすという性質がありますから、発ガン性が認められているトリハロメタンのような有機塩素化合物、トリクロロエチレンなどの有機塩素系溶剤、そしてクロルニトロフェンといった農薬類さえも溶かし込んでしまいます。

こうした人体にとって有害な化学物質を含んだ水、あるいは含んでいる可能性のある水は、当然のことながら飲むべきではありません。
これらの条件をクリアするという意味で、水道水や浄水器を通した水より、ミネラルウォーターそれもナチュラルミネラルミネラルウォーターに分類される水の方が理想的であります。

ナチュラルミネラルウォーター の中でもミネラルの含有量が異なりますから自分の体調に合わせて選ぶといいでしょう。
便秘気味な人はミネラルが多く含まれる水を選ぶとより効果的です。

桜島活泉水がおすすめです。