日本の水資源は水量も水質も恵まれていない

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日本は水に恵まれた国だとされてきました。だからこそ、私たち日本人は、水に対して不注
意だったのかもしれません。「何事も水に流してしまえばよい」という日本人独特の、いささか
無責任な側面をもった発想は、結果として、人間のみならずこの日本という国に生きるあらゆ
る生命にとってかけがえのない生命活動の土台である「国土と水」を、もしかしたらすでにと
り返すのがきわめて困難なほどに汚してしまったのかもしれません。


水の問題に限らず、環境全般を考えるとき、私たちはこうしたとらえ方、すなわち水や大気
や大地を汚してきたのは、はかならぬ私たち自身であるということを忘れてはならないと思い
ます。何事によらず、他人のせいにしたり行政の怠慢を責めるばかりでは解決できないのでは
ないでしょうか。

生きる未来の環境とは、私たちが生きている現在の環境の延長にはかならないからです。さて、日本全国の平均年間降水量は、世界各国の平均である1000mmの倍に近い約1800mmに達しています。この数字だけをみれば、たしかに日本は水の豊かな国のように思われるでしょう。しかし現実ほ違うのです。

日本では、せっかくたくさん降る雨なのに、国土が急峻なために水資源としてはさはど有効に利用できないのです。つまり山から海までの傾斜がきつく距離が短く、したがって河川も短く流れが速いために、降った雨水がどんどん海に流れ去ってしまうと思えばよいでしょう。

加えて、重要な「貯水池」である森林面積も減少し、森林そのものも荒廃も進んで、ますます水をためにくい国土になりつつあります。

日本は、必ずしも水に恵まれていないとする理由は、もう1つあります。それは人口です。たしかに世界平均の2倍近い雨が降る国土でほあるのですが、その狭い国土の上には世界でもトップクラスの人口密度で、人々が肩を寄せ合うようにして暮らしています。

つまり、国民の1人1人に割り当てて換算したなら、日本の降雨量は必ずしも多くはありません。それが証拠に、夏ともなれば毎年のように、どこかの地方に水不足が起こってしまいます。

そんな、必ずしも豊かに恵まれているわけではない水資源が、質の面からみても問題を抱えています。もとをただせば、雨水は天然の蒸留水にはかなりません。

ですからミネラル成分などの「よい水」の条件のいくつかを欠いています。そのあげく昨今でほ、天から地へと降るまでの間に大気中の酸化汚染物質を吸収して酸性雨となって降り注ぐようになりました。したがって雨水そのものは、とてもじゃありません、

飲むのによい水ではないばかりか危険な水に成り下がってしまったのが実情です。また日本人は「井戸水や湧き水は美味しい(同時に安全だ)」という、はぼ信仰心にも近い思いを持つ民族でした。

たしかに昔はそうだったのです。降り注いだ雨水が大地に染みこみ、地下のさまざまな地層を通過する中で十分に浄化され、加えて有用なミネラル成分を溶かしこんでいたからです。

しかし現在の井戸水は違います。多くの産業排水や農薬が染みこんでしまった大地です。加えて立ち木を枯らしさえするほどの酸性雨です。都市部周辺の井戸水だけではなく、全国各地の井戸水、さらにはかつては名水といわれた湧き水までもが、分析してみると飲用には適さないはどに質の悪い水になってしまった例が数限りありません。

水道水の源水ほはとんどが河川水です。湧き水や井戸水の状態がこれほどに悪くなっているのですから、環境悪化の影響をもっと直接に受ける河川水の状態ほよいはずはありません。私たちが水の問題を考えるときにほ、すべてこうした「水資源の悪化」という現状を踏まえた上でなければなりません。