ヨーロッパの厳格な基準

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

もちろん日本で売られているミネラルウォーターのすべてが、ミネラル分のあまり入っていな
い水や、天然の水とは呼べないものばかりではありません。軟水が多いのは事実ですが、日本産のミネラルウオーターでも( ナチュラルミネラルウオータ⊥ に分類されるものの中に
は、水道水よりも豊富なミネラルを含んでいる水や、水源周囲の環境保全に努力している水、ミ
ネラルバランスを壊さないために非加熱のフィルター処理しかしていない水がたくさんあります。

それでも、まったくの天然のまま、人為的な処理が一切加えられていない水は、ヨーロッパの( ナチュラルミネラルウォーター) にしかありません。
それはなぜかといえば、ヨーロッパ(EU加盟国) のミネラルウォーター製造基準が、日本とは比較にならないくらい厳しいものだからです。
ヨーロッパにおける(ナチュラルミネラルウォーター) の条件を簡単に整理すると、以下の4つになります。

  1. 水源があらゆる汚染から完全に隔離されている地下水であり、また水源の周囲の自然環境がきちんと保護されていること。
  2. 飲み続けることで健康に好適な特性があることが、科学的、医学的、または臨床学的に証明されていること。
  3. 人体にとって安全な生菌が正常な範囲内で生きており、殺菌やミネラル分の添加など、あらゆる人為的な加工をしていないこと。
  4. 水が地下の水源から一切空気に触れることなくボトリングされていること。

これだけでも、日本のガイドラインとの大きな違いがおわかりでしょう。実は、
他にも「人体の健康に有益なミネラルを一定量保持していること」や「その含有成分や温度、および他の性質が常に安定していること」といった、複雑な条件が山ほどあるのですが、とくにかくヨーロッパでは「水源には一切手を加えない」ことを(ナチュラルミネラルウォーター) を生産する上での大前掟としているのです。

日本人の感覚では「殺菌しない生水を飲んで大丈夫なの? 」と考えるところですが、ヨーロッパ人にしてみれば、日本の殺菌したミネラルウオータl は「殺菌しなければいけないほど汚れた水なの?」ということになります。天然の地下水には体にとっていい作用をもたらす生菌も含まれていますから、無殺菌の「生きた水」でなくては本当の〈ナチュラルミネラルウォーター〉とはいえない、というのがヨーロッパの考え方です。
そのかわり、ヨーロッパでは水源と採水地の管理は徹底しています。たとえば〈ヴィッテル〉の水源では、その周囲6500ヘクタールを保護区に指定し、地上に建造物を建てるのはおろか、すべての地下活動も禁止して地下水を守っていますし、保護区内の農薬や化学肥料の使用すら認めていません。ここまでの水源管理をして、初めて無殺菌の水を商品として販売することができるのです。
キレイな水を維持するための努力が日本とは比較になりません。

関連ページ

  1. 国産 超軟水 おすすめ 5 選
  2. ミネラルを含む 温泉水 を飲んで スリム になる
  3. シリカ水 阿蘇外輪山天然優水 くまモンラベル
  4. ドクターウォーター 霧島天然シリカ水
  5. 高濃度 シリカ水 「silica」 美容に役立つミネラル シリカ
  6. 医師がすすめる体によい水とは 抗酸化力のある天然水「桜島 活泉水」
  7. 水 を飲みすぎる 水中毒 に注意
  8. 20年前に比べると11倍にもなったミネラルウォーターの市場
  9. 発作性偏頭痛 症例2「生理と関連した頭痛」
  10. 発作性偏頭痛 症例1「痰飲頭痛」
  11. 習慣性頭痛 症例2「頭痛体質は男性にも多い」
  12. 習慣性頭痛 症例1「瘀血による頭痛」
  13. 毎日流している生活排水ガ発ガン物質を作り出す
  14. 日本の水資源は水量も水質も恵まれていない
  15. 10時間以上のフライトでエコノミー症候群を防ぐには毎時80ccずつ水を飲む
  16. 水道水不信の、根拠
  17. 安全なミネラルウォーター ベースの天然水を化粧水として使用する
  18. 水分摂取と肌のうるおいについて
  19. 硬水が便秘を解消
  20. イライラを抑えるミネラルウォーター
  21. ミネラルウォーターによるダイエット
  22. 飲酒中は特に水分補給が大切
  23. 入浴中もミネラルウォーターを飲もう!
  24. 朝、昼、晩の3食中にも飲む
  25. 起床したらまずコップ1杯の水を飲む習慣
  26. どんな水を飲むのがいいのか?
  27. 飲むタイミング
  28. ウォーターローティングはアスリートだけではない
  29. ウォーターローティング
  30. ミネラルウォーターの考え方を変える
  31. 硬水と軟水の選び方
  32. 体にいい水の条件
  33. 沸騰させれば安全度は上がるのか?
  34. マンションの水道水は危険がいっぱい
  35. 水道水について
  36. pHにもこだわってみる
  37. 硬度別水の活用法
  38. 硬水・軟水について
  39. 無殺菌、フィルター除菌の水を選ぶ
  40. 地下水が清らかなミネラル豊富な自然水
  41. ミネラルウォーターを分類
  42. 浄水器の水はミネラルウォーターではない
  43. ヨーロッパの厳格な基準
  44. 本当のミネラルウォーターとは?を考える
  45. これほどミネラルウォーターが売れている理由
  46. 水の摂取が病気を予防する
  47. 水のリラックス効果
  48. イライラもミネラル不足が原因
  49. 現代人の食習慣の急激な変化
  50. マグネシウムとカルシウムの関係
  51. 骨量は20歳代までに決まってしまう
  52. 骨粗鬆症が急増している
  53. 体に必要不可欠なミネラルを水からとる
  54. 活動に必須の電解質イオン
  55. 体にとって欠かせない「マクロミネラル」
  56. ミネラルって?
  57. 血液=海水
  58. 「老化=水分を失う」こと
  59. 体の水分は1ヶ月サイクルで入れ替わる
  60. 水はどのくらい飲めばいいの?
  61. 女性は男性よりも水分が少ない?
  62. ほんの2%の水分不足でも脱水になる
  63. 体内に十分な水分が必要な理由
  64. 人体の6割は水分