本当のミネラルウォーターとは?を考える

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

しかし、ここまでシェアを拡げ、一般家庭に完全に浸透しているミネラルウォーターなのに、実際にミネラルウォーターがどういう水を指しているのか、何がミネラルウォーターの基準なのかについては、ほとんど知られていません。もしあなたが「ミネラルウォーターつてなんですか〜」と質問されたら、なんと答えますか。おそらく「ミネラルのたくさん入った水」とか「おいしい水」「体にいい水」などと答えるのではないでしょうか。

もちろん、そうした見解が全く間違っているわけではありません。ただ、残念なことに日本では、天然自然の水ではないもの、成分にミネラルをほとんど含まないものでも、ミネラルウォーターの一種として販売されているのが現状です。

1990年に農林水産省が出した「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によると、日本のミネラルウォーター類は、4 つの種類に分けられています。まず、特定の水源から取水した地下水に加熱や濾過といった殺菌(除菌) がほどこされたものを( ナチュラルウォーター) といい、この中でミネラルが地下で自然に溶け込んだものを( ナチュラルミネラルウオーター) といいます。そして( ナチュラルウォーター) と同じ地下水が水源であっても複数のミネラルを混ぜ合わせたり、人工的にミネラルを添加したりしたものを( ミネラルウォーター) と呼びます。

それ以外の水、つまり地下水以外の地表水や水道水などを水源としたものはすべて( ボトルドウォーター) と呼んで区別しています。このガイドラインは業者向けに作成したものなので、一般の人にはまぎらわしく、ちょっと目を通したくらいではわかりにくい内容となっています。ただ、私たちがイメージしているミネラルウォーターという言葉のピュアなイメージとは、ちょっと違うものだということがおわかりでしょう。

このガイドラインの大きな特徴は、水に含まれるミネラルの量について全く触れられていないということです。だからほとんどミネラルが含まれていない水でも、堂々と( ミネラルウォーター) と名乗ることができるわけです。もっと疑問に思うのは、ミネラルを後から人工的に添加したり、複数の水源の水を混ぜたりすることが認められている点です。
これだけでミネラルウォーターを自然の水と呼ぶことはできなくなります。そして( ボトルドウォーター) に分類される水に至っては、なんと水道水をそのまま詰めてもOKなのですから、驚くほかはありません。加えてこのガイドラインには、健康への影響については一行も触れられていません。水道水と同程度に安全であればいい、ということは記されていても、健康にいいかどうかは全く問題とされていないのです。どうしてこのような曖昧で不明瞭なガイドラインが施行されているのか、その最大の理由は、これまで日本では、ミネラルウォーターがジュースやサイダーと同じ清涼飲料水の一種と考えられてきたからです。

清涼飲料水を製造する上で最も配慮しなくてはならないのはその安全性であり、健康への適性ではありません。このガイドラインが安全性だけに偏ったものになっているのはそのためです。日本のミネラルウオーターに加熱または濾過による殺菌(除菌) を義務づけているのも同じ理由からです。殺菌をすることは、二見、安全性に配慮しているかのように思えます。しかし極端な言い方をすれば、日本では水源に雑菌がウヨウヨしていても、水源の近くに産業廃棄物の処理場があっても、殺菌さえしていれば( ミネラルウォーター) と名乗ることができるのです。

果たしてこうして製造されたものを〝大自然に育まれた健康的な水″ と呼ぶことができるでしょうか。もしあなたが「ミネラルウォーターはすべてミネラルがたくさん入っていて、健康にいい水」と思い込んでいたとしたら、その考えはすぐに改めた方がいいでしょう。

関連ページ

  1. 国産 超軟水 おすすめ 5 選
  2. ミネラルを含む 温泉水 を飲んで スリム になる
  3. シリカ水 阿蘇外輪山天然優水 くまモンラベル
  4. ドクターウォーター 霧島天然シリカ水
  5. 高濃度 シリカ水 「silica」 美容に役立つミネラル シリカ
  6. 医師がすすめる体によい水とは 抗酸化力のある天然水「桜島 活泉水」
  7. 水 を飲みすぎる 水中毒 に注意
  8. 20年前に比べると11倍にもなったミネラルウォーターの市場
  9. 発作性偏頭痛 症例2「生理と関連した頭痛」
  10. 発作性偏頭痛 症例1「痰飲頭痛」
  11. 習慣性頭痛 症例2「頭痛体質は男性にも多い」
  12. 習慣性頭痛 症例1「瘀血による頭痛」
  13. 毎日流している生活排水ガ発ガン物質を作り出す
  14. 日本の水資源は水量も水質も恵まれていない
  15. 10時間以上のフライトでエコノミー症候群を防ぐには毎時80ccずつ水を飲む
  16. 水道水不信の、根拠
  17. 安全なミネラルウォーター ベースの天然水を化粧水として使用する
  18. 水分摂取と肌のうるおいについて
  19. 硬水が便秘を解消
  20. イライラを抑えるミネラルウォーター
  21. ミネラルウォーターによるダイエット
  22. 飲酒中は特に水分補給が大切
  23. 入浴中もミネラルウォーターを飲もう!
  24. 朝、昼、晩の3食中にも飲む
  25. 起床したらまずコップ1杯の水を飲む習慣
  26. どんな水を飲むのがいいのか?
  27. 飲むタイミング
  28. ウォーターローティングはアスリートだけではない
  29. ウォーターローティング
  30. ミネラルウォーターの考え方を変える
  31. 硬水と軟水の選び方
  32. 体にいい水の条件
  33. 沸騰させれば安全度は上がるのか?
  34. マンションの水道水は危険がいっぱい
  35. 水道水について
  36. pHにもこだわってみる
  37. 硬度別水の活用法
  38. 硬水・軟水について
  39. 無殺菌、フィルター除菌の水を選ぶ
  40. 地下水が清らかなミネラル豊富な自然水
  41. ミネラルウォーターを分類
  42. 浄水器の水はミネラルウォーターではない
  43. ヨーロッパの厳格な基準
  44. 本当のミネラルウォーターとは?を考える
  45. これほどミネラルウォーターが売れている理由
  46. 水の摂取が病気を予防する
  47. 水のリラックス効果
  48. イライラもミネラル不足が原因
  49. 現代人の食習慣の急激な変化
  50. マグネシウムとカルシウムの関係
  51. 骨量は20歳代までに決まってしまう
  52. 骨粗鬆症が急増している
  53. 体に必要不可欠なミネラルを水からとる
  54. 活動に必須の電解質イオン
  55. 体にとって欠かせない「マクロミネラル」
  56. ミネラルって?
  57. 血液=海水
  58. 「老化=水分を失う」こと
  59. 体の水分は1ヶ月サイクルで入れ替わる
  60. 水はどのくらい飲めばいいの?
  61. 女性は男性よりも水分が少ない?
  62. ほんの2%の水分不足でも脱水になる
  63. 体内に十分な水分が必要な理由
  64. 人体の6割は水分