これほどミネラルウォーターが売れている理由

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1997年の統計によれば、ミネラルウォーターの平均消費量(ひとりあたり1年間にどのくらい飲んでいるか) は、6.3 リットルにも達しました。これは前年比133%増という驚くべき数字です。

国民ひとりあたり6L強というと、ずいぶん少ない感じがしますが、これは日本全国の赤ちゃんからお年寄りまでを含めた平均値。ミネラルウォーター は良質な飲み水に恵まれている地方ではほとんど売れていませんから、水道水に問題を抱えている東京や大阪の、20~30 代の人々だけで統計を取れば、おそらく年間何十Lという数字になると考えられます。ミネラルウォータl がここまで消費量を増やしている背景には、まず「用途の多様化」ということが挙げられます。
ほんの15年ほど前まで、日本でミネラルウォーターといえば、ウイスキーの水割り用の水のことでした。それが家庭用の飲料水として認知されるようになったのは、1983年に発売された「六甲のおいしい水」がきっかけです。この「六甲のおいしい水」 が華々しいテレビコマーシャルと共に登場するまで、日本でミネラルウォーターを一般市民に定着させるのは不可能と考えられていました。
それまでの日本では「水と安全はタグで買える」という考えが常識でしたから、ヨーロッパ諸国のように「お金を出して水を買う」という習慣が日本人に普及するとは、誰も想像していなかったのです。ところが、そうした予想に反して「六甲のおいしい水」は大成功をおさめました。

それは、この商品の発売と前後して、それまで日本人が「世界一の水」と誇りを抱いていた日本の水道水に、トリハロメタンやトリクロロエチレンといった発ガン性物質が含まれていることが、さまざまなメディアで報道されるようになったことと関連しています。つまり、日本でミネラルウォーターがその市場を拡大した最大の理由は「水道水への不信感」にあったのです。健康に不安を感じる人たちが「水道水の代用品」として買い求める、それがミネラルウォーター普及の第一歩でした。
しかし、1990年代に入ってからは、大分事情が変わってきました。バブル時代に起こったグルメブームによって、それまで水道水の代用品だったミネラルウォーターが、一躍、食生活のフィールドでも注目されるようになったのです。
料理に向く水、コーヒーがおいしくなる水などと、用途に応じたミネラルウォーターの使い分けがなされるようになってきたのもこの頃からです。
そして、1993年には、コンビニエンス・ストアで輸入ミネラルウォーターのミニボトルが販売されるようになり、ミネラルウオーターを片手に町を歩く若者の姿がごく自然に見受けられるようになりました。また同時期にミニボトルを入れて首から提げる「エビアンボトルホルダjー」が登場し、流行となったのは、まだ記憶に新しいところです。
ここ数年では、スーパーモデルや有名芸能人のインタビューなどがきっかけとなって、ミネラルウオーターのダイエット、美容への効果が若い女性の注目を集めています。とりわけ「スリムウォーター」として話題となった「コントレックス」の存在は、水とダイエットとの関係を大きくアピールしました。
最近では、なんと洗顔や歯磨きにまでミネラルウォーターを使うという人が増えているといいます。こうした「用途の多様化」こそが、ミネラルウォーター市場の急成長の理由です。すでにミネラルウオーターは「水道水の代用品」から「生活必需品」へと大きな進歩を遂げているのです。

関連ページ

  1. 国産 超軟水 おすすめ 5 選
  2. ミネラルを含む 温泉水 を飲んで スリム になる
  3. シリカ水 阿蘇外輪山天然優水 くまモンラベル
  4. ドクターウォーター 霧島天然シリカ水
  5. 高濃度 シリカ水 「silica」 美容に役立つミネラル シリカ
  6. 医師がすすめる体によい水とは 抗酸化力のある天然水「桜島 活泉水」
  7. 水 を飲みすぎる 水中毒 に注意
  8. 20年前に比べると11倍にもなったミネラルウォーターの市場
  9. 発作性偏頭痛 症例2「生理と関連した頭痛」
  10. 発作性偏頭痛 症例1「痰飲頭痛」
  11. 習慣性頭痛 症例2「頭痛体質は男性にも多い」
  12. 習慣性頭痛 症例1「瘀血による頭痛」
  13. 毎日流している生活排水ガ発ガン物質を作り出す
  14. 日本の水資源は水量も水質も恵まれていない
  15. 10時間以上のフライトでエコノミー症候群を防ぐには毎時80ccずつ水を飲む
  16. 水道水不信の、根拠
  17. 安全なミネラルウォーター ベースの天然水を化粧水として使用する
  18. 水分摂取と肌のうるおいについて
  19. 硬水が便秘を解消
  20. イライラを抑えるミネラルウォーター
  21. ミネラルウォーターによるダイエット
  22. 飲酒中は特に水分補給が大切
  23. 入浴中もミネラルウォーターを飲もう!
  24. 朝、昼、晩の3食中にも飲む
  25. 起床したらまずコップ1杯の水を飲む習慣
  26. どんな水を飲むのがいいのか?
  27. 飲むタイミング
  28. ウォーターローティングはアスリートだけではない
  29. ウォーターローティング
  30. ミネラルウォーターの考え方を変える
  31. 硬水と軟水の選び方
  32. 体にいい水の条件
  33. 沸騰させれば安全度は上がるのか?
  34. マンションの水道水は危険がいっぱい
  35. 水道水について
  36. pHにもこだわってみる
  37. 硬度別水の活用法
  38. 硬水・軟水について
  39. 無殺菌、フィルター除菌の水を選ぶ
  40. 地下水が清らかなミネラル豊富な自然水
  41. ミネラルウォーターを分類
  42. 浄水器の水はミネラルウォーターではない
  43. ヨーロッパの厳格な基準
  44. 本当のミネラルウォーターとは?を考える
  45. これほどミネラルウォーターが売れている理由
  46. 水の摂取が病気を予防する
  47. 水のリラックス効果
  48. イライラもミネラル不足が原因
  49. 現代人の食習慣の急激な変化
  50. マグネシウムとカルシウムの関係
  51. 骨量は20歳代までに決まってしまう
  52. 骨粗鬆症が急増している
  53. 体に必要不可欠なミネラルを水からとる
  54. 活動に必須の電解質イオン
  55. 体にとって欠かせない「マクロミネラル」
  56. ミネラルって?
  57. 血液=海水
  58. 「老化=水分を失う」こと
  59. 体の水分は1ヶ月サイクルで入れ替わる
  60. 水はどのくらい飲めばいいの?
  61. 女性は男性よりも水分が少ない?
  62. ほんの2%の水分不足でも脱水になる
  63. 体内に十分な水分が必要な理由
  64. 人体の6割は水分