体に必要不可欠なミネラルを水からとる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日本ではこれまで「ミネラルは食事から摂るもの」と言われ続けてきました。それは日本で飲める水のほとんどが、ミネラル分の少ない〝軟水〞だからです。火山列島である日本の国土には火山灰土壌の割合が高く、酸性の土になりやすいので、もともと土壌にミネラルがあまり含まれていません。
しかも雨が多いため地下水が地層の中に留まっている時間が短く、ミネラルが溶け出しにくいのです。ですから日本の水道水や井戸水をいくら飲んでも、ミネラルを補給することはほとんど期待できません。

それよりも食事からの方がずっと効率よくミネラルを摂取できます。それが「ミネラルは食事から」といわれていた理由です。しかし、それでは本当にミネラルを水で摂取することはできないのかといえば、そんなことはぁりません。むしろ食べ物より水を飲む方が、効率よく摂取できるミネラルもたくさんあります。たとえば、カルシウムがそうです。-般にカルシウムは吸収率のよくないミネラルといわれています。
チーズのような乳製品でも約50%、小魚や野菜では15~30%程度しか吸収率がありません( それはこれらの食品に含まれているカルシウムがイオン化されていないためです。

l般的に食品に含まれるカルシウムは、炭酸カルシウムや乳酸カルシウムなど、他の物質と結合した形で存在しています。それが胃や腸によって消化されてカルシウムイオンとなり、小腸の細胞膜を通り抜けることができる大きさになって、やっと体内に吸収されます。
ところが、先ほど説明した通り、カルシウムは水に溶けることでイオン化するミネラルですから、ミネラルウォーターの中にはカルシウムが最初からイオン化されたものがあります。こうしたカルシウムは非常に吸収率が高いのです。

フランスにある、世界で唯一といわれる水専門の研究機関『ウォーター・インスティテュート・ペリエ・ヴィッテル』では、日本でも輸入販売されている「ヴィッテル」 という水のカルシウムの吸収率について、さまざまな研究を行なっています。
ヴィッテルについてはこちらです。

そしてその結果、「ヴィッテル」に含まれるカルシウムには、食品の中で最もカルシウム吸収率が高いとされる牛乳と、同等以上の吸収率があることがわかっています。また、日本人には、乳糖不耐症といって、牛乳に含まれる乳糖という物質を分解するラクターゼという酵素を先天的に持っていない人がたくさんいます。たとえば牛乳を飲むとすぐ下痢をしてしまうという人がそうです。
こういう体質の人は体内で乳糖を分解することができず、そのまま体外に出してしまうのですが、その時一緒にカルシウム分も排出してしまいます。従って、こうした乳糖不耐症の人には、牛乳よりもミネラル分を多く含んだ「ヴィッテル」 のようなミネラルウォーターの方が、はるかにカルシウム吸収率が高いといえるのです。日本と異なり水成岩の地層でできているヨーロッパには、カルシウムやマグネシウムをたくさん含んだ水が多いため、ミネラルウオーターがミネラルの補給源として積極的に利用されています。
おそらく今後は日本でも、こうしたヨーロッパの「水でミネラル補給をする」というスタイルが、広く一般にも浸透していくと予想されます。

日本国内のミネラルウォーターの場合、安全性はある程度信頼できるのですが、基本的に軟水であるがために人体に必要なミネラルを摂取することができないのです。

関連ページ

  1. 国産 超軟水 おすすめ 5 選
  2. ミネラルを含む 温泉水 を飲んで スリム になる
  3. シリカ水 阿蘇外輪山天然優水 くまモンラベル
  4. ドクターウォーター 霧島天然シリカ水
  5. 高濃度 シリカ水 「silica」 美容に役立つミネラル シリカ
  6. 医師がすすめる体によい水とは 抗酸化力のある天然水「桜島 活泉水」
  7. 水 を飲みすぎる 水中毒 に注意
  8. 20年前に比べると11倍にもなったミネラルウォーターの市場
  9. 発作性偏頭痛 症例2「生理と関連した頭痛」
  10. 発作性偏頭痛 症例1「痰飲頭痛」
  11. 習慣性頭痛 症例2「頭痛体質は男性にも多い」
  12. 習慣性頭痛 症例1「瘀血による頭痛」
  13. 毎日流している生活排水ガ発ガン物質を作り出す
  14. 日本の水資源は水量も水質も恵まれていない
  15. 10時間以上のフライトでエコノミー症候群を防ぐには毎時80ccずつ水を飲む
  16. 水道水不信の、根拠
  17. 安全なミネラルウォーター ベースの天然水を化粧水として使用する
  18. 水分摂取と肌のうるおいについて
  19. 硬水が便秘を解消
  20. イライラを抑えるミネラルウォーター
  21. ミネラルウォーターによるダイエット
  22. 飲酒中は特に水分補給が大切
  23. 入浴中もミネラルウォーターを飲もう!
  24. 朝、昼、晩の3食中にも飲む
  25. 起床したらまずコップ1杯の水を飲む習慣
  26. どんな水を飲むのがいいのか?
  27. 飲むタイミング
  28. ウォーターローティングはアスリートだけではない
  29. ウォーターローティング
  30. ミネラルウォーターの考え方を変える
  31. 硬水と軟水の選び方
  32. 体にいい水の条件
  33. 沸騰させれば安全度は上がるのか?
  34. マンションの水道水は危険がいっぱい
  35. 水道水について
  36. pHにもこだわってみる
  37. 硬度別水の活用法
  38. 硬水・軟水について
  39. 無殺菌、フィルター除菌の水を選ぶ
  40. 地下水が清らかなミネラル豊富な自然水
  41. ミネラルウォーターを分類
  42. 浄水器の水はミネラルウォーターではない
  43. ヨーロッパの厳格な基準
  44. 本当のミネラルウォーターとは?を考える
  45. これほどミネラルウォーターが売れている理由
  46. 水の摂取が病気を予防する
  47. 水のリラックス効果
  48. イライラもミネラル不足が原因
  49. 現代人の食習慣の急激な変化
  50. マグネシウムとカルシウムの関係
  51. 骨量は20歳代までに決まってしまう
  52. 骨粗鬆症が急増している
  53. 体に必要不可欠なミネラルを水からとる
  54. 活動に必須の電解質イオン
  55. 体にとって欠かせない「マクロミネラル」
  56. ミネラルって?
  57. 血液=海水
  58. 「老化=水分を失う」こと
  59. 体の水分は1ヶ月サイクルで入れ替わる
  60. 水はどのくらい飲めばいいの?
  61. 女性は男性よりも水分が少ない?
  62. ほんの2%の水分不足でも脱水になる
  63. 体内に十分な水分が必要な理由
  64. 人体の6割は水分