pHにもこだわってみる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

硬度による分類ほどは使い分けの目安にはなりませんが、ペーハー値によっても、その水の特徴や適性がわかります。
ペーハー値とは、「溶液中の水素イオン濃度を表す数値」のこと。わかりやすくいえばその溶液が酸性かアルカリ性かを示す目安。

7.0の値を中性とし、それより数値が大きくなるとアルカリ性、小さくなると酸性です。。小学生の時にやったリトマス試験紙を使った実験を思い出す人もいるでしょう。
人間が飲む水としては、当然ながらアルカリ性や酸性が強すぎるものは向きません。飲めないということはありませんが、健康への適性を考えれば弱アルカリから弱酸性くらいの水がふさわしいのは、当たり前の常識です。

ミネラルウォーターのペーハー値はだいたい5~9 の範囲内が多く、このうち、7.1~1.8 のものを弱アルカリ性ミネラルウォーター、6~6.9までを弱酸性ミネラルウォーターに分類されます。

弱アルカリ性ミネラルウオーターは、健康促進に効果があるといわれています。そもそも人間の健康時の血液は、常に州7.35~7.45の弱アルカリ性に保たれているため、弱アルカリ性の水は体内に無理なく吸収されるからです。
とりわけpHを調節する機能が未熟な乳幼児にとっては、より負担が少ないと考えられます。弱酸性のミネラルウォーターは、化粧水がわりに使うのに向いています。それは人間の皮膚や髪の毛の表面が、弱酸性のペーハー・バランスだからです。
こうした化粧水が人気を集めるのはこうした理由からでしょう。

それよりも数値が低い酸性の水になると、弱い殺菌効果がありますから、うがいや洗顔に用いるのもいいでしょう。また腐りにくい特性があるので、災害時に備えて長期保存するのにも向いています。
弱アルカリ性のミネラルウォーターには、pH7.2 の「エビアン」や、pH 7.4の「六甲のおいしい水」などが代表的です。弱酸性のミネラルウォーターには、pH 6.4の「屋久島縄文水」 などがあります。

普通の水はpH(ペーハー)が7前後の中性ですが、活泉水はpHが8.8~9.5もあります。

桜島活泉水

関連ページ

  1. 国産 超軟水 おすすめ 5 選
  2. ミネラルを含む 温泉水 を飲んで スリム になる
  3. シリカ水 阿蘇外輪山天然優水 くまモンラベル
  4. ドクターウォーター 霧島天然シリカ水
  5. 高濃度 シリカ水 「silica」 美容に役立つミネラル シリカ
  6. 医師がすすめる体によい水とは 抗酸化力のある天然水「桜島 活泉水」
  7. 水 を飲みすぎる 水中毒 に注意
  8. 20年前に比べると11倍にもなったミネラルウォーターの市場
  9. 発作性偏頭痛 症例2「生理と関連した頭痛」
  10. 発作性偏頭痛 症例1「痰飲頭痛」
  11. 習慣性頭痛 症例2「頭痛体質は男性にも多い」
  12. 習慣性頭痛 症例1「瘀血による頭痛」
  13. 毎日流している生活排水ガ発ガン物質を作り出す
  14. 日本の水資源は水量も水質も恵まれていない
  15. 10時間以上のフライトでエコノミー症候群を防ぐには毎時80ccずつ水を飲む
  16. 水道水不信の、根拠
  17. 安全なミネラルウォーター ベースの天然水を化粧水として使用する
  18. 水分摂取と肌のうるおいについて
  19. 硬水が便秘を解消
  20. イライラを抑えるミネラルウォーター
  21. ミネラルウォーターによるダイエット
  22. 飲酒中は特に水分補給が大切
  23. 入浴中もミネラルウォーターを飲もう!
  24. 朝、昼、晩の3食中にも飲む
  25. 起床したらまずコップ1杯の水を飲む習慣
  26. どんな水を飲むのがいいのか?
  27. 飲むタイミング
  28. ウォーターローティングはアスリートだけではない
  29. ウォーターローティング
  30. ミネラルウォーターの考え方を変える
  31. 硬水と軟水の選び方
  32. 体にいい水の条件
  33. 沸騰させれば安全度は上がるのか?
  34. マンションの水道水は危険がいっぱい
  35. 水道水について
  36. pHにもこだわってみる
  37. 硬度別水の活用法
  38. 硬水・軟水について
  39. 無殺菌、フィルター除菌の水を選ぶ
  40. 地下水が清らかなミネラル豊富な自然水
  41. ミネラルウォーターを分類
  42. 浄水器の水はミネラルウォーターではない
  43. ヨーロッパの厳格な基準
  44. 本当のミネラルウォーターとは?を考える
  45. これほどミネラルウォーターが売れている理由
  46. 水の摂取が病気を予防する
  47. 水のリラックス効果
  48. イライラもミネラル不足が原因
  49. 現代人の食習慣の急激な変化
  50. マグネシウムとカルシウムの関係
  51. 骨量は20歳代までに決まってしまう
  52. 骨粗鬆症が急増している
  53. 体に必要不可欠なミネラルを水からとる
  54. 活動に必須の電解質イオン
  55. 体にとって欠かせない「マクロミネラル」
  56. ミネラルって?
  57. 血液=海水
  58. 「老化=水分を失う」こと
  59. 体の水分は1ヶ月サイクルで入れ替わる
  60. 水はどのくらい飲めばいいの?
  61. 女性は男性よりも水分が少ない?
  62. ほんの2%の水分不足でも脱水になる
  63. 体内に十分な水分が必要な理由
  64. 人体の6割は水分