ししゃもは「カペリン」で代用

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

普段の食卓だけではなく赤ちょうちんでもサラリー万に人気のししゃも。ところが北海道出身者は「あんなのはシシャモではない」と、怒っている。「内地の友人に札幌でシシャモを食べさせたら『今まで食べていたのと形も味も全然違う』と、驚いていた。

内地でししゃもといって売られているのは、大半がカペリンという魚。カペリンで売っているならそれはそれでいいですが、あれじゃ詐欺だと腹をたてる。

シシャモはサケ目キュウリウオ科シシャモ属。

その姿から漢字は「柳葉魚」があてられている。北海道の太平洋岸だけにすむ日本固有種だ。沿岸の水深120 メートルより浅い所に棲み、ゴカイや甲穀類などを食べて成長する。10月から11月にかけて川を湖上して産卵する特異な生態を持っている。

1980年代には年間1000トン前後だった漁獲量は、回帰率が低い、人工ふ化についても未解明な部分が多い。このため、今や高級魚扱いされている。実際、スーパーなどで見かけることはなく、「、都誉では産地直送で入手するしかない。瓶格も高く、例えば、雄、雌各8尾づつのセットで1200円以上する。

そこで代用品になっているのが、カペリン(カラフトシシャモ)。シシャモと同じキュウリウオ科だが、カラフトシシャモ属で、日本へはアイスランド、ノルウエー 、カナダなどの北洋域でとられたものが輸入される。沿岸から沖合の水深3300メートルまでを遊泳し、小型の甲穀頬などを食べて育つ。因みに2000年の輸入量は32 万トン強。「全国で流通している子持ちシシャモの90%以上はカペリン」といわれる。両者の見分け方はウロコがポイントになる。カペリンのウロコはとても小さくほとんど無いように見えるのに対して、シシャモは大きくはっきりとしている。