専門的な情報、最新情報を検索するなら「goo」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
「yahoo!」が「厳選」志向の検索サイトの代表格とすれば、「多選」志向の代表格は「goo」といってもいいでしょう。「goo」で検索すると、キーワードをその一部に含んでいるホームページをすべて抽出してくれます。
これは、自動的にホームページ上の情報を集めてくるプログラムを働かせており、このタイプの検索サイトを「ロボット型」といいます。専門用語や最新用語など、あまり一般的でない情報を調べるときや、ホームページをなるべく多くヒットさせたいときは、非常に便利です。
さらに、「goo」の大きな特徴としては、新しくできたサイトや更新されたホームページをピックアップすることが挙げられます。ホームページの内容はつねに更新されます。つい2日前には掲載されていなかった情報が、今日見ると載っていた、ということが少なくありません。「goo」以外の検索サイトでは、新しいサイト、新しく更新された情報が掲載、登録されるまで、3週間ほどかかる場合があります。
つまり、最新の情報ほど、検索結果にあがってこない可能性があるわけです。「goo」には、「フレッシュサーチ」という機能があって、これが最短で1日前に更新された情報を検索結果として拾ってくるのです。
ですから、新しいキーワードが次から次へと出てくるI T関連の情報を検索するのにも向いているといえるでしょう。「goo」で検索した場合、その検索結果が大きく2段に分かれます。
上部には「最新の結果」が表示され、下部には「一般の結果」が表示されます。
この上部に示される「最新の結果」で抽出されたホームページは、過去2週間以内に更新された最新の情報が掲載されているものです。
したがって、「たしか数日前にリリースがあった」という情報を確認するようなときには、この欄を見ればいいのです。こうした機能は、たとえば、自分の取引先の最新情報をキャッチしたい場合にも活用できます。
会社名で検索すると、その会社の最新情報が「最新の結果」に集まるからです。さら「goo」では、会社名などのキーワードを登録しておくと、この〔最新の結果〕を定期的にメールで配信してくれるサービスも行なっています。待っているだけで、自動的に最新情報が集まるおいしいサービスといえるでしょう。