便秘の時に便秘薬、健康食品やサプリを使わずに治す方法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

現代女性に増えている便秘の悩み。少し前は1週間~10日も出ない!というタイプが多かったのですが、最近は、排便はあるものの、おなかが張ったり残便感があったりなど、腸の運動(蠕動運動) 機能が低下している人も、増加しているのです。

便は汚いものですからお腹の中に入れたまま暮らしていると必ず様々な害が生じます。これをしっかり頭に入れて便秘改善策を講じなければいけません。

便秘の原因

便秘は万病の元

便というのは体に不必要になったものというより、排泄しなければならないもの、体に残っていてはいけないものです。

その便が速やかに排泄されないで体内に停滞していると、どんなことが起こると思いますか? 便秘で悩んでいる人の具体的な問題は、お腹が出っ張る、肌荒れくらいなもののように思われていますが、とんでもありません。

リウマチとか、膠原病とか、パーキンソン病などいわゆる「難病」と呼ばれている病気を持つ人のほとんどが20 ~30年来のベテラン便秘症です。これは偶然ではないと思います。その難病系の人たちの傾向をもう少し詳しくお話すると、とにかくすべてにおいて「排泄」がうまくいってないようなのです。具体的には「便・汗・生理」。この3つがセットでうまくいってない人で、元気ハツラツ、お肌ツヤツヤの人がいるはずはないのです。

便秘の原因は食べ過ぎ

便秘の原因のほとんどは「食べ過ぎ」が圧倒的です。よく便秘の人で「食べなきや出ない」といっては食べている人がいますが、上から詰めれば下から出るなんて、そんなトコロテンみたいなものではないです。便秘というのは消化器や腸のオーバーワークから生じるのです。便秘の人のお腹の中はいつも残った便を抱えていなければならないし、その上で新しく入ってきたものを消化したりしなければならないのだから大変。だから腸がくたびれて、働きが鈍るのも無理ないわけです。の人がまずはじめにすべきなのは、腸に休みをあげることです。

下剤は安易に使わない

腸壁というのは、たくさんのヒダヒダがあって、それがて便を下へ下へと運んでくれるのですが、強い下剤を長年使っていると、腸壁のヒダヒダが溶けてツルツルになってしまいます。

だから下剤なしでは便を自力で出せない腸になってしまうのです。。そこまでいかなくても、下剤で便を出すのが習慣になると腸のほうも心得たモノで、「別に無理して働かなくても、そのうち下剤が大掃除してくれるでしょう」と、「他人任せな、無気力な腸」になってしまうのです。

便秘解消のためには

便秘になってしまったら食事量を減らします。2~3日軽食にすればすぐに出るようになるでしょう。腸を動かすにはやっぱり朝一番に少し冷たいお水を飲むのも効果的です。食事量は減らしますが、食物繊維はしっかり摂るようにします。野菜、果物、キノコ、海藻類、豆類などですが、必ず自分の腸の蠕動運動によく効くものがありますからこれを見つけておくと便秘をしたときに心強いでしょう。

実際に便秘が治った方法

便秘解消効果があるものでもある人には効いて、ある人には全く効かないなどがあります。自分に効く方法が必ずあります。これを見つけることも大切です。普段食べているヨーグルトが100gでもこれを200gにするだけで改善する人もいます。