朝食はファーストフード店のサイドメニューを活用

「朝はどうしてもバタバタしてしまって、朝食をとる時間がない」という人もたくさんいらっしゃいます。朝食抜きのライフスタイルに関して眉をひそめる識者もいるようですが、私は「朝食抜き、おおいにけっこう」だと考えます。

糖質オフ健康法を実践する人は無理して朝食をとる必要はありません。人間が1日3食とるようになったのは、ほんの200~300年前。日本では江戸中期以降のことで、ヨーロッパでも18 世紀になってからです。

700万年にのぽる人類の歴史のなかで1日3食の時期なんてゼロに等しく、朝食を抜いて1日2食にするのは不自然でもなんでもありません。実際、私も34歳から62歳の現在まで、1日2食の生活を続けていますが、からだは至って快調です。それでもやっぱり朝は何かを食べたいという人は、糖質の少ないメニューを選ぶようにしましょう。

糖質制限食を実践するに当たって外食がの多い人があきらめてしまうケースが多いことをよく耳にしますが、それに関していえば、朝の外食といえばファストフード店が思い浮かびますね。ハンバーガーショップでは、ハンバーガーは食べずにチキンナゲットやサラダなどのサイドメニューを選ぶようにしましょう。

また、牛井店の「すき家」には糖質オフにふさわしいメニューがあります。『牛井ライト』といって、ご飯の代わりに豆腐を使っているメニューです。サイドメニューもサケやサラダなど充実しているので利用価値は高く、数分で出てくるのも忙しい朝にはピッタリですね。

糖質オフ効果 はこちら。