ラーメン、餃子などの中華は要注意

中華料理は子どもから大人まで、幅広い年齢層に親しまれている人気料理です。長い歴史のなかでさまざまなメニューが考案され、多彩な味が楽しめます。

しかし残念ながら、糖質オフ健康法を実践する人にとって、中華料理はかなりの注意を要します。なぜなら小麦や砂糖をたっぷりと使っているお店が多いからです。

中華料理で最も身近なメニューといえば、ラーメンですね。日本人はとくにラーメンが好きですが、中華麺には1食あたり約70グラムもの糖質が含まれています。

同じくギョーザも人気のメニューです。しかしギョーザの皮が問題。小麦粉からっくられており、1人前を食べると約20グラムの糖質が体内に入ってきます。

春巻ヤシユーマイなどの点心類も皮に小麦粉が使われているのは同じです。中華料理店のランチには、よくラーメン・ギョーザ・ミニチャーハンといったセットがありますよね。

チャーハンは米を使っていますから、このセットはトリプルパンチの威力をもっていることになります。とろみを使ったメニューが多いのも中華の特徴です。

たとえば、カニ玉、八宝菜、酢豚など。このとろみには片栗粉が使われています。こうした庶民的な料理だけではなく、北京ダックのような高級料理も糖質たっぷりです。なにしろパリパリに焼いたダックを、小麦粉を使った薄い皮で包んで、甘いタレにつけて食べるわけですから。

こうして見ていくと中華料理はメニュー選びに苦労することがおわかりかと思います。もしもつきあいで中華料理店に行った時は、ラーメンは無理として、砂糖使用の少ない惣菜を選び、とろみのあるメニューでは具材だけを食べるなどの工夫をしましょゝつ。参考までに、比較的糖質の少ないメニューを紹介しておきます。パンパンジーやジャーチャンドーフ、野菜や魚介類の塩抄め、牛肉とピーマン抄めなどはわりと安 心です。上手に選んで楽しんでください。

糖質オフ効果はこちら。