食後に歩いて、 インスリンの追加分泌を抑える

ダイエットを試みたことのある人のなかには、リバウンドに悩んだ経験のもち主もいるはずです。カロリー制限のし過ぎで、ストレスがたまってドカ食い。結局、体重はダイエット前よりも増えてしまった。という人ですね。

じつは楯貿オフ健康法でも、リバウンドではないのですが、炭水化物依存症だった方々が、積算を無性にとりたくなることがあります。芥川賞作家の宮本輝さんの書籍にそれは『我ら糖尿人、元気なのには理由がある。』という本としてまとめられています。

宮本さんも私と同じように糖尿病を患っていて、そのことから糖質制限食を実践しています。友人にも糖質制限食をすすめたことがあるそうです。しかしその友人はしばらくして挫折。なんでも、「ご飯を食べたい」「うどん、そばが恋しい」ということだったそうです。

つい欲望に負けてしまい、うっかり糖質をとってしまった...。そういう場合はどうすればいいのでしょうか? そうした塘賞摂取時の対策としては、とにかく「歩く」ことです。30分から1時間かけて散歩をしましょう。そうすれば、筋肉のブドウ糖の吸収率がよくなり、インスリンの追加分泌を抑えることができます。

「そんな時間はつくれない」という人は、逆転の発想を。散歩の時間が確保できる休日などに糖質をとればいいのです。散歩にかぎらず、からだはこまめに動かしたほうがいいですね。

明治時代の人は現代人の約10倍の運動主だったといわれています。クルマもなければエスカレーターやエレベーターなどなかった時代ですから、それだけからだを動かすのは当然です。

明治の人など、から舶ようにはいかない今でも、日ごろから階段を使う、歩くクセをつけるを動かす習慣は身につけておきたいものです。なお、糖質オフ健康法を続けたまま運動も行なうと、効果はさらに高まります。

糖質オフ効果はこちら。