高級料亭は味付けに隠し味の砂糖が結構使われている

和食というと、みなさんは「ヘルシーな料理」というイメージをもっていると思われます。 かつて肥満が深刻化するアメリカで和食ブームが起きましたが、それも和食のヘルシーさに注目してのことでした。

しかし糖質オフの観点から見ると、じつは和食はあまり歓迎できる料理ではありません。なぜなら多くの和食の店では、料理に砂糖を使っているからです。

煮ものや煮魚、照り焼き、西京焼き...これらにはすぺて砂糖が使われています。高級料亭だからといって油断はできません。料亭ではコースで料理を供されるこさきづけとがほとんど。先付・煮もの・蒸しもの・酢のもの・和えもの・焼きもの・汁もの・ご飯ものなどから構成されていますが、このうち安心して箸をつけることができるのは、焼きものと汁ものだけです。

高級料亭は味つけにも凝っているので、砂糖が使われるケースが多いのです。それでも接待などで、和食のコースを食べる機会もあることでしょう。そういう時の注意点としては、小麦粉を使っているてんぷらの衣は食べ過ぎない、焼き魚はみりんを使った照り焼きではなく塩焼きにしてもらう、煮魚や煮ものはつゆを極力つけない... といったことが挙げられます。

なお、寿司は白米をたっぷり使っている上に、その酢飯には砂糖が入っているのでNG。糖質オフ健康法的には、ヘルシーとはいえない料理になってしまいます。ただ素材をそのまま活かすお刺身は、もちろん大丈夫です。

糖質制限に向かない和食メニュー

  • 煮物
  • 寿司
  • 煮魚
  • 和え物
  • 天ぷら
  • 照り焼き
  • すき焼き
  • 西京焼き

糖質オフ効果はこちら。