国産 超軟水 おすすめ 5 選

水の硬度と、国産 の 超軟水 に関する情報です。

水の硬度、硬水と軟水について

知っている人もいるかと思いますが、水には 硬度 というものがあります。水にはいくつかのミネラルが含まれていて、主にマグネシウムイオンとカルシウムイオンが含まれているのですが、水 1000 ml ( 1 L )の中に溶け出している マグネシウム と カルシウム の量を表した数値が 硬度 です。この マグネシウム と カルシウム が多く含まれているほど、水の硬度が高いということになります。

そして、硬度の高い水を 硬水 、硬度の低い水を軟水 と呼んでいます。

WPIMGL2641_TP_V4.jpg

日本では、一般的に 硬度 0~100 mg/l を軟水、 101~300 mg/l を中硬水、 301 mg/l 以上を硬水としています。これからこちらで紹介するのは、日本で分類されている軟水の中でも、さらに硬度の低い( 0~50 mg/L ) 超軟水 です。ちなみに、国連のWHO( 世界保健機関 )での基準では、硬度が 0~60 mg/L 未満を 軟水、 60~120 mg/L 未満を 中程度の軟水、120~180 mg/L 未満を 硬水、180 mg/L 以上を 非常な硬水 といいます。

好みの問題もあるでしょうが、一般的には水の硬度が高いほど、まったりとしたクセのようなものがあり飲みにくいといわれています。反対に硬度が低いほどスッキリしていて飲みやすく、おいしいと感じることが多いようです。

おすすめの 国産 超軟水 の紹介

白神山地の水
世界自然遺産の白神山地のブナの森が生んだ自然水。ほとんど不純物を含まない日本では珍しい超軟水です。クラスター(水分子)が小さいため、のどごしもやわらかです。
日田天領水 ( ひたてんりょうすい )
万病の根元といわれる活性酸素を除去する効果が期待されている活性水素水です。モンドセレクションを受賞したこともあり、世界的にも評価の高い水です。
奥長良川の秘水
万病の原因とされる活性酸素の除去に期待できる活性水素水。日本では数少ない非加熱無菌充填処理でボトリングされています。口当たりもよくまろやかな味わいが好評です。
屋久島縄文水
日本有数の多雨地である屋久島の縄文杉を育んだこの天然水は有機物をほとんど含まない硬度10の天然水。世界遺産が生んだミネラルウォーターとして人気です。
温泉水99
温泉水99は油と混ざる不思議なアルカリ性の温泉水です。超軟水で クラスター (水分子集団)が細かいので吸収率がよく体内にミネラル、水分が素早く浸透します。

ミネラルを含む 温泉水 を飲んで スリム になる