ひざ 操体は医師など多数が治療で実践中やり方はたったの3動作

らくに動く方向にゆっくり動かす

操体法の基本は、「らくに動かせるところから動かす」「動かしたときに快感がある」ことです。「少しくらい痛むのは効いている証拠」は問違いで、動かして痛みが増す運動は逆効果です。

痛みは体の異常を知らせる黄色信号であり、赤信号にならないようにしなければいけません。痛みがひざから起こつていれば、ひざがゆがみ、その周囲が炎症を起こしていると考えられます。

それなのに、痛みを感じるような体の動きを続けていれば、ひざはいっそうゆがんでしまい、炎症が悪化して、水(関節液)もたまるようになります。

これに対して、操体法の1つである「ひざ操体」では痛みを感じる方向には体をいっさい動かしません。まず、体をさまざまな方向に動かしてみて、痛みや違和感があるところを探ります。そして、らくで気持ちのいい方向にゆっくりと体を動かして快感を得るのがコツです。

すると、ひざの関節のゆがみが自然に正され、ひざ痛が解消し、水もたまらなくなるのです。ひざ操体は、単純な動きの3動作を、床の上に横になって行うだけです。そのため、歩けないほど重症の人でも、運動不足のお年寄りでも自力療法として簡単に行え、数多くの人がその効果を実感しています。

また、ひざ操体は医師をはじめ、数多くの専門家が治療に活用し、何万人ものひざ痛を解消してきたという実績もあります。

朝、昼、晩と1日3回行うだけ

ひざ操体には、1ひざ伸ばし、2ひざ倒し、3ひざ引き上げの3つの動作があります。それぞれの動作を行う前に、まず、左右どちらの足が動かしやすいかを確かめます。そして、1~3の動作を行います。ひざ痛の人は、たいてい痛むひざがどちら側かはっきりしています。

初めて行う場合は、右ひざが痛む人は左足を、左ひざが痛む人は右足を動かしてください。両ひざが痛い人は、比較的らくに動かせる足を動かすようにしましょ、つ。ただし、ひざ操体では、毎回同じ側の足を動かすとは限りません。3動作を行っているうちにゆがみが正されて、痛む側の足が動かしやすくなることもあります。必ず毎回、どちら側の足がより強く痛むのか、チェックしてから行うようにしてください。

そして、始める前には、正座か、らくな姿勢で座って深呼吸をしましょう。また、それぞれの動作の最後には、一気に脱力します。ゆっくりとカを抜くのではなく、口から息を「フツ」と吐き、一気に力を抜いてください。ひざ操体の3動作は、朝・昼・晩の1日3セット行うのが基本です(1回の所要時問は約3分)。

忙しくて1日3セット行うのが無理な人は、1日1~2 セットでもいいので、続けるようにしてください。ひざ操体は毎日続けるこ
とで効果が高まります。

ひざ操体を行って、ひざ痛やひざの水を解消した人は数多くいます。階段の昇り降りもやっとで外出もままならなかった80歳の女性は、ひざ操体を毎日行っていたところ、1ヶ月後には、ひざの痛みが消えてスタスタと歩けるようになりました。また、ひざに水がたまっていた70歳の男性も、1過問後には痛みが引き、1カ月後にはひざの水もほとんど解消したと話していました。ひざの痛みやたまった水に悩んでいる人は、誰でもらくに行えるひざ操体を、ぜひ試してみてください。

ひざ痛を軽減、改善するひざサポーターはこちら。