食道ガンは、本人より他人が先に気づくことが多い「ガン」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「最近食べるの遅い 」「水のお代わり多いね 」なんて、目の前の相手に妙な顔をされたことはないでしょうか?

もし、そういわれたら食道ガンを疑ってみる必要がある。というのも、食道ガンは本人がまったく気づかず、周囲の人に指摘をされて、実はガンだったという場合がけっこう多いのです。

【食道がん】Malignant-tumor(部位別ガンの症状と検査・治療)
http://w1.avis.ne.jp/~yochi263/memo/malignant-tumor/2.html

食事中の習慣やクセは、案外他人の方がよく知っています。食道ガンで比較的早くあらわれる症状が、何か飲み込んだとき胸のあたりに「ものが触るような感じがする」というものです。

正確には胸の中なのですが、食事中に肺と肺の間のあたりを何気なく押さえているといったしぐさも要注意です。こんなことも本人は気づかずやっているケースが多いのです。

食道ガンの早期発見は案外簡単です(ガンであった場合、Ⅹ線と内視鏡検査でほぼ100% 発見することができる)。

しかし、食べ物を飲み込むとつっかえる感じがするとか、本人がはっきりと自覚するようになった状態では、実はすでに手遅れというケースも多いのです。身近な人と食卓を共にしていて、ひとことでも食事中の習慣やクセの変化を指摘されたら、「聞き流さずに、さっさと検査を受けた方がいいでしょう。

たとえば胃の検診のときにでも食道のレントゲン写真をいっしょに撮ってもらうとか。特に喫煙者のあなたはチェックが必要。

有害なタバコの煙の成分は、肺に入るほかにも、口の中に付着して食道や胃にまでのど流れ込んでいるのである。また、特に辛いもの、熱いもの、喉が焼けつくような強いアルコールが好きな人も注意です。刺激物のがゆとり過ぎがガンにつながるデータもあります。

「茶粥」といった非常に熱い料理を好む地方では、食道ガンの発生率が高いことも報告されています。

絶望的な末期の肺ガンでもプロテサン S「濃縮乳酸菌」で数値が改善し、ガンも縮小https://hood.minibird.jp/impressions/2019/02/12/%e7%b5%b6%e6%9c%9b%e7%9a%84%e3%81%aa%e6%9c%ab%e6%9c%9f%e3%81%ae%e8%82%ba%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%81%a7%e3%82%82%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%b5%e3%83%b3-s%e3%80%8c%e6%bf%83%e7%b8%ae%e4%b9%b3%e9%85%b8/