赤よりこわい黒色のタール便

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

便の「せん血」と聞くと「鮮」の字を思い浮かべ、見るも鮮やかな赤い色の血便を想像するかもしれませんが、ふつう便の異常で重要なのは「潜血」。

つまりひそかに潜伏した血液です。潜血反応は肉眼でははっきりと確認できないので、検診などの際に便を取って調べてもらう必要があります。便の潜血では大腸ガンをはじかいようめポリープ、潰瘍、胃ガン、白血病などさまざまな病気が、潜んでいるかもしれません。

尿の場合は腎炎や泌尿器系の病気と、ほんの少量の出血でもわずかな赤血球成分を検出して異常の有無がわかります。近ごろどうも貧血気味で、と調べてもらったら、どこかの内臓が出血していたというケースもよくあります。便の中にまぎれて、ひそかに少しずつ血を減らしていたというわけです。

たしかに、真っ赤に染まった赤い便が出ればびっくりするのは当然です。しかし、こうした出血はふつう便の出口、つまり肛門の少りあたりの異常、特に痔によるものが多いのです。

内臓の病気ならば、肛門のすぐ上にある臓器、直腸の病気です。試しにお尻を紙で拭いて見てみればどこから血が出ているか察しがつくはずです。

むしろ怖いのが黒い便。これはタール便(コールタールのような黒光りした便) といい、胃や十二指腸内で出た血液が変化したもので、潜血どころではなく、かなりの量の出血があったはずです。健康時の便は黄褐色をしています。これは胆汁の中にあるビリルビンという成分と腸内の細菌が関係していて、腸内細菌がうまく働かないときは、より緑色に近くなります。つまり胆汁のどリルビンの色は緑色ということです。

胆汁が腸管に出てこなければ便の色は灰白色で、この場合は重大な病気を疑っていいでしょう。さっきまで自分の体内を巡っていたもの。くさいくさいと嫌がらずに、たまにはじっくり便を観察してみましょう。

男性に多い「痔ろう」 | 健康マニア
https://www.h-mania.info/2015/02/17/%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%ab%e5%a4%9a%e3%81%84%e3%80%8c%e7%97%94%e3%82%8d%e3%81%86%e3%80%8d/

女性に多い「きれ痔」 | 健康マニア
https://www.h-mania.info/2015/02/12/%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ab%e5%a4%9a%e3%81%84%e3%80%8c%e3%81%8d%e3%82%8c%e7%97%94%e3%80%8d/

便からわかる腸の状態 | 腸をきれいにして便秘解消
https://constipation-guide.net/intestines/?p=16

自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める
https://malignant-tumor.com/archives/313