狭心症、寝ている派と起きている派の2種類

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ホームを走って駆け込み乗車し、ホッとした瞬間、みぞおちのあたりがキュンと痛む、そんな経験はないでしょうか。「狭心症かもしれない」と思ったときには痛みはスーツと消えています。

「いや、、狭心症はふつう夜になるもんだ」と、他人事のように安心していてはいけません。朝に起こる狭心症もあります。

狭心症はいくつかのタイプに分けられる。夜、睡眠中に発作が起きるのは安静時狭心症といって、冠状動脈(心臓の表面をとり巻いている、全身に血液を送る大動脈から一番はじめに枝分かれする動脈のこと) がけいれんを起こして血流量が急に低下するもの。

不思議なことに決まって明け方近くに起こる。一方、坂道を上ったり、重い荷物を持って歩いたり、運動したりすると起こるのは動作時狭心症(労作性狭心症)。

こちらは、動脈硬化などで冠状動脈の内脛が狭くなっているところに十分な血液が供給されない場合に起こります。

ふたつの発作は、同じ人間には起こりません。つまり、狭心症を大きく分けると、きっちりと夜型、昼型があるということです。このことは、検診などで心電図をとるときに重要な事項です。

もし、運動時狭心症なら、安静にして心電図をとっても意味はないし、身に覚えのある人は、必ず医者にその旨を伝え、運動負荷心電図をとってもらうことがとても大切。

これは2段の階段の昇降、傾斜のあるベルト上の歩行、自転車こぎなどの運動負荷を与えて、負荷前の心電図と比較するものです。実際に発作が起きたときのようにはいかないが、正常時からの変化の具合がわかるので診断しやすいということです。


複数のタイプがある狭心症 | 心臓病の基礎知識
https://cardiopathy-guide.com/archives/43

のべつまくなししゃべっている女房殿が、急に押し黙っていたりすると、「なんかおれ悪いことしたかなあ」と、妙に心配になってしまいます。

あるいは「どこか具合でも悪いんじゃないの? 」と冗談をいいたくなるかもしれません。が、冗談ともいっていられないような場合が実際にあります。

女性は一般におしゃべりといわれますが、これは文句なしでしょう。別にあなたの奥さんに限ったことではないのです。女性はもともと男性に比べて左脳と右脳を結ぶ脳梁という部分が発達していて、それがおしゃべりということと関係が深いと説明されています。

つまり、女性のおしゃべりは脳の特徴に由来するのです。だから、そんなおしゃべりな女性が他に理由もなく急に無口になったとしたら、脳血管障害を疑ってみた方がいいという話です。

年令などによっては、脳になんらかのトラブルが発生した可能性もあるということです。実際、脳の血管障害を起こした患者を調べてみると、その前兆としてそうした傾向があらわれているケースが多く報告されているのです。

本来、こうした前徴は男女ともにいえることなのだが、女性ではそれが特にわかりやすいためと思われるのです。

脳血管障害はいろいろな病気を引き起こします。たとえば脳の血液循環障害の代表的なものを脳卒中(脳血管発作)です。脳卒中には、脳の血管が狭くなって詰まる脳梗塞や、脳の血管が破れて出血する脳内出血などがあげられる。脳卒中は、意識障害や運動障害、言語障害などの症状を伴う。口がうまく回らない、体がいうことを聞かないといったことになります。

「たまには黙ってろ」と、奥さんにいいたくなる気持ちもわからなくないが、考えようによっては健康のあかし。目をつぶって、いや耳をふさいであげようではないか。

毒だし酵素のおかげで元気になった
http://best-review.sblo.jp/

「最近食べるの遅い 」「水のお代わり多いね 」なんて、目の前の相手に妙な顔をされたことはないでしょうか?

もし、そういわれたら食道ガンを疑ってみる必要がある。というのも、食道ガンは本人がまったく気づかず、周囲の人に指摘をされて、実はガンだったという場合がけっこう多いのです。

【食道がん】Malignant-tumor(部位別ガンの症状と検査・治療)
http://w1.avis.ne.jp/~yochi263/memo/malignant-tumor/2.html

食事中の習慣やクセは、案外他人の方がよく知っています。食道ガンで比較的早くあらわれる症状が、何か飲み込んだとき胸のあたりに「ものが触るような感じがする」というものです。

正確には胸の中なのですが、食事中に肺と肺の間のあたりを何気なく押さえているといったしぐさも要注意です。こんなことも本人は気づかずやっているケースが多いのです。

食道ガンの早期発見は案外簡単です(ガンであった場合、Ⅹ線と内視鏡検査でほぼ100% 発見することができる)。

しかし、食べ物を飲み込むとつっかえる感じがするとか、本人がはっきりと自覚するようになった状態では、実はすでに手遅れというケースも多いのです。身近な人と食卓を共にしていて、ひとことでも食事中の習慣やクセの変化を指摘されたら、「聞き流さずに、さっさと検査を受けた方がいいでしょう。

たとえば胃の検診のときにでも食道のレントゲン写真をいっしょに撮ってもらうとか。特に喫煙者のあなたはチェックが必要。

有害なタバコの煙の成分は、肺に入るほかにも、口の中に付着して食道や胃にまでのど流れ込んでいるのである。また、特に辛いもの、熱いもの、喉が焼けつくような強いアルコールが好きな人も注意です。刺激物のがゆとり過ぎがガンにつながるデータもあります。

「茶粥」といった非常に熱い料理を好む地方では、食道ガンの発生率が高いことも報告されています。

絶望的な末期の肺ガンでもプロテサン S「濃縮乳酸菌」で数値が改善し、ガンも縮小https://hood.minibird.jp/impressions/2019/02/12/%e7%b5%b6%e6%9c%9b%e7%9a%84%e3%81%aa%e6%9c%ab%e6%9c%9f%e3%81%ae%e8%82%ba%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%81%a7%e3%82%82%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%b5%e3%83%b3-s%e3%80%8c%e6%bf%83%e7%b8%ae%e4%b9%b3%e9%85%b8/