足の裏のホクロはガンへの早道か?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

皮膚ガンのひとつに「黒色腫」というのがあります。マンガ「巨人の星」の主人公、星飛雄馬の恋人を覚えているでしょうか。美人にして薄命だった奈美さんというです、

彼女の病気が悪性黒色腫だでした。作品中では黒点肉腫と呼んでいました。たしか爪の中に小さなホタロのような点があり、それがガンだという話です。

聞かされた飛雄馬も驚いたのですが、読者も、えっ、ホクロが? と驚いたのではないでしょうか。

皮膚などの組織はメラニンという色素をつくる細胞( メラノサイト)をもっています。このメラニンの量によって皮膚の色が異なり、多くなれば黒くなるわけです。

紫外線によってメラニンがつくられ、それが日焼けあるいはシミ・ソバカスの原因になることはよく知られています。

黒色腫は正常の皮膚からもできるのですが、ホクロから発生する場合も多いのです。ホクロ( 黒子と書く) はメラニン細胞の集まり。正式名称は良性黒色腫です。

ところが悪性黒色腫は、突然まっ異なホクロのようなものができ、次第に大きくなる、最もたちの悪い悪性腫癌といわれています。

早期に発見すれば治る見込みがあるのだが、ただのホタロと思い、気づいたときには... 手遅れ...というケースもあります。特に手のひらや足の裏にできたホほくろは要注意です。

悪性黒色腫はほかのガンと同様、皮膚に限らずあらゆる細胞からできる可能性もありますが、ともかくUVカットをすることが美容のためはもちろん、ガン予防のためにもやっておいて損はない、というわけです。

「皮膚がん」日本人のがん、白人のがんでは大きく異なる | 健康メモ
https://health-memo.com/2016/10/04/%e3%80%8c%e7%9a%ae%e8%86%9a%e3%81%8c%e3%82%93%e3%80%8d%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%ae%e3%81%8c%e3%82%93%e3%80%81%e7%99%bd%e4%ba%ba%e3%81%ae%e3%81%8c%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%af%e5%a4%a7%e3%81%8d/