ブラックシリカのサポーターでひざ痛が完治、十数年来の腰痛も解消した

驚くほどぐんぐん痛みが軽減

私は、これまで元気で健康で、病院に通うことは、ほとんどありませんでした。

ところが、寄る年波には勝てないのか、昨年の夏あたりから、突然、ひざがズキズキと痛みだしたのです。こんなことは、初めての経験でした。

正直なところ、最初のうちは、「ほうっておいても、そのうちに治るだろう」とたかをくくっていました。「市販の塗り薬でも塗っておけば、すぐによくなるだろう」と思っていたのです。

しかし、塗り薬を塗った当座は多少楽になるものの、ひざ痛はよくなるどころか、どんどんひどくなるばかりでした。

私は電車通勤をしており、自宅から最寄りの駅までは20分程度歩かなくてはなりません。ひざ痛が悪化するにつれて、それまで平気で歩いていた、この距離を歩くのが、どんどんつらくなっていきました。

駅にたどり着く前に、必ずひざに激痛が走るようになり、そろそろと足を運びながら、やっとのことで到着する状態になってしまったのです。

こうした状態になって初めて、「病院で診察してもらわなくては」と思うようになりました。

そんな、ある日のことでした。ひざを引きずるようにして歩く私の様子を見ていた、仕事の関係者が、「ひざ痛を改善できるいいものがあるから、使ってみたらどうですか」といってくれました。彼が渡してくれたものは、一見するとなんの変哲もないひざ用のサポーターでした。

しかし、そのサポーターの生地は、「ブラックシリカ」という天然石の粉末が練り込んであるのだといいます。

彼の話によれば、「ブラックシリカはトルマリン(別名「電気石」とも呼ばれる、常にマイナスイオンを発生している鉱石) やゲルマニウムを超えるパワーを持つ天然石として、医学界からも注目を浴びている」のだそうです。

実をいうと、こういった説明を受けても、この段階ではまだ、「これでほんとうにひざ痛が治るのだろうか」と、半信半疑でした。

ところが、彼はさらに、北海道テレビがブラックシリカについて特集した、番組のビデオまで見せてくれました。そうなると、だんだん「ほんとうにすごいパワーがあるのではないか」と思うようになり、とにかく試してみることにしました。

私は、ブラックシリカのひざサポーターを、両ひざにつけるようにしました。最初は、締めつけられるような感じが気になりましたが、すぐに慣れて、違和感はなくなりました。

すると不思議なことに、ひざの痛みがみるみる和らいでいきました。やがて、1ヶ月もたたないうちに、ひざの痛みがすっかり消え去り、スムーズに歩けるようになったのです。これには、とても驚きました。

体がぽかぽかしてくる

もともと、そんなに重症ではないのですが、私は十年来、しばしば腰痛にも悩まされていました。そこで、ひざサポーターでひざ痛が改善してきているという手ごたえを感じた私は、腰痛改善のために、ブラックシリカのウェストバンドも入手しました。

それを、いつも寝るときにつけるようにしたところ、腰痛もすっかりなくなりました。

ひざ痛と腰痛が解消した現在も、サポーターとウェストバンドはつけ続けています。これをつけていると、体の調子がとてもいいのです。

ウェストバンドをして寝るようになってからは、体がポカポカと温まり、熟睡できるようになりました。ですから、寝起きもたいへんよくなりま した。

また、ひざサポーターをして出勤しているせいか、この冬は厚手のコートを着る必要がありません。

以前の私は、かなり寒がりやでしたが、最近は、どんなに気温が低い日でも、薄手の生地のコートだけで全く寒さを感じなくなりました。

ひざ痛や腰痛がすっかり治ったため、痛みのために控えていたゴルフを、元気にできるようになりました。これもブラックシリカのおかげだと思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。

天然鉱石 ブラックシリカはこちら。

温熱効果で体が芯から温まる

ブラックシリカは、常温で強力な遠赤外線とマイナスイオンを放出するという、大変優れたパワーがあることがわかっています。

その粉末を練り込んだひざサポーターをつけていれば、温熱効果で体が内側から温まり、血行がよくなります。そのため、細胞の働きが活発になり、ひざの痛みも改善してくるのでしょう。また、天然鉱石であるブラックシリカが発する磁気も、細胞の働きを活発にするのに役立っていると思われます。