レモン酢は血圧、血糖値、高脂血症を改善させる

脂肪燃焼効果

最近、レモンを酢に漬けて飲む、「レモン酢」という健康法が話題となっているようです。
私はこれまでに、野菜や果物、乳製品やチョコレートなど、さまざまな食品の、体への有用性を実証する研究を続けてきましたが、なかでもレモンは、体への有用性を数多く証明してきた食品です。
ところで、レモンと酢はどちらも、「体のために積極的に取ってください」と言われることが多い食べものです。

そもそもどうして、私たちの体には、酸っぱい食べものが必要なのでしょうか。それには、レモンと酢に、それぞれ含まれる酸味成分の働きが問与しています。

まず、レモンにはクエン酸が含まれます。 クエン酸には、糖を分解しエネルギーに転換する、TCA回路(別名:クエン酸サイクル) という働きがあり、この作用が働くと、新陳代謝が活発になっていきます。 効果は絶大で、疲労回復、脂肪の燃焼、老廃物の排出、若返り、血圧や血中脂質の低下などの健康効果が期待できます。

一方、酢には、酢酸とアミノ酸が含まれています。酢酸には、脂肪燃焼効果や疲労回復効果があり、アミノ酸は、体の働きを調整するホルモンや、脳の働きを謝整するセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質をつくる重要な物質です。以上の理由から、心身の健康維持には、レモンや酢などの酸っぱい食品を取ることが大切だといわれているのです。

レモンのキレート作用により、酢に含まれるカルシウムなどのミネラルが、体内に吸収されやすくなります。さらに、レモンに含まれるリモネンなどの香り成分には、脳の神経細胞に働きかけてリラックスさせる効果がありますが、これが、酢の刺激を和らげ、飲みやすくしてくれるわけです。また、

レモン酢には氷砂糖が使われていますが、クエン酸と糖を併せて取ると、クエン酸の体への吸収がより高くなることが知られています。

レモン酢の効果は、まだ実験していないので客観的なデータがありませんが、血管を強化し、血液の状態を改善する成分が豊富なので、血圧、血糖値、中性脂肪値、コレステロール値などの数値が改善していくことも期待できるでしょう。

これらの健康効果を得るためには、少しずつでも毎日、継続して飲むことが大切です。レモンも酢も、胃への刺激が強いので、レモン酢の原液を水で3~4倍に薄めたものを、空腹時を避けて食後などに飲むのがお勧めです。