胃がんの原因となるピロリ菌を副作用なしで除去する「マヌカハニー」

マヌカハニー専門店【BeeMe】

有害菌を除去する強力な抗菌力

ピロリ菌(正式名はヘリコバクター・ピロリ) の除菌には、通常、抗生物質と制酸剤の服用がすすめられます。とはいえ、薬を飲むと少なからず副作用の起こることがあるため、できるなら身近な食品でピロリ菌を除菌したいと思う人が多いでしょう。

そうした人におすすめしたいのが、ニュージーランド産のハチミツ「マヌカハチミツ」です。「マヌカハニー」と呼ぶ人もいます。

マヌカハチミツは、毎年11月から1月に白い花を咲かせる「マヌカ」という木から採取されます。ほかのハチミツに比べて強力な抗菌力を持つのが特徴で、抗菌・抗炎症作用に優れた成分のメチルグリオキサール(MGO)、ビタミンB1やB2、葉酸などのビタミン類、カルシウムや鉄などのミネラル(無機栄養素)、2種類のアミノ酸(たんばく質の構成成分)、80 種類の酵素など、実に150種類もの栄養素が含まれているのです。

これまでの研究では、マヌカハチミツにはブドウ球菌や大腸菌・サルモネラ菌・連鎖球菌など、食中毒の原因になる有害菌を消滅させる働きがあることが確認されています。

さらに注目すべき働きとして、マヌカハチミツはピロリ菌に対しても大きな抗菌作用を発揮することが判明しているのです。

ピロリ菌は除菌が難しく、抗生物質でも死なない耐性菌も見つかっています。しかし、マヌカハチミツはそうしたピロリ菌に対する抗菌作用があるため、ニュージーランドやオーストラリアには、胃か潰瘍や胃ガンの予防・改善にマヌカハチミツを取り入れている医療機関もあるほどです。

なお、ピロリ菌などに対する優れた働きは、マヌカハチミツに含まれるMGOや150種類もの栄養素と、マヌカの木の花特有のフラボノイド(植物に含まれる化合物) の相乗作用によるものと考えられています。

日本でも、ある病院での臨床試験で、ピロリ菌に対するマヌカハチミツの働きが確認されています。

試験では、ピロリ菌の感染が認められた8人のうち、4人には小さじ1杯のマヌカハチミツを毎日食前に3回、残りの4人には小さじ2杯を同じく3回、12週間にわたってとってもらいました。

その結果、1回に1杯ずつとっていたグループのうち3人に、また2杯ずつとったグループのうち2人に、ピロリ菌の抑制作用が認められたのです。

これまでは、外食で揚げ物を食べると、ときどき下痢をしていましたが、マヌカハチミツをとりだしてからは、下痢や腹痛を起こすことがなくなりました。

最近は、日本でもさまざまな種類のマヌカハチミツが市販されていますが、MGOの多いものを選ぶといいでしょう。製品のラベルに表示されたMOの数値が大きいほど、抗菌作用が強いと考えられるので、マヌカハチミツを選ぶさいの参考にしましょう。

マヌカハニー マヌカ 蜂蜜

マヌカハニー専門店【BeeMe】

  • マヌカハニーは農薬を一切使わず、自然に育つマヌカの花から養蜂家達の手によって集められたハチミツです。生産工程でも抗生 物質は使われていませんので、100%純粋ピュアハチミツです。

天然のはちみつにはビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、葉酸、鉄、マグネシウムなどの豊富なビタミンやミネラルが含まれています。さらにマヌカハニーの甘さは虫歯の原因になりにくいと言われる「フルクトース」と「グルコース」です。 それ以外にもマヌカハニーにはさまざまな健康成分が含まれています。