サークルではどのような活動をしていましたか?・その2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
「OK」例
落語研究会に所属していました。落語というのは見た目のユニークさとは違って、ネタ作りは、それこそ死に物狂いです。生みの苦しみというのを毎回経験していました。先輩に出来を確認してもらうのですが、そこでは罵倒され、実に惨めな気持ちになることも日常茶飯事です 。自分にはセンスがないと落ち込み、退会しようと考えたことは数知れませんそんなときにサポートしてくれたのが同輩たちでした。ネタを試し合い「インパクトが弱い」「そこが面白い」と真剣に議論を交わすことで、傷を舐め合う仲ではなく建設的な結果を出すことを目指して、ともに切磋琢磨してきました。クラブ活動を通じて私は、支え合うことの大切さを学びました。貴重な体験だったと今でも大切に思っています。
新入社員の場合は、罵倒されるというのも仕事のひとつになるだろうから、このようなエピソードは入社後の姿が想像できて効果的といえる。
「NG」例
大好きな軽音楽部に所属していました。ここでは生涯の友と言えるバンドメンバー5人に出会いました。一曲を完成させるために、夜を徹して練習したことも。意見の食い違いから何度もぶつかり合うことがありましたが、その度に結束を強められてきたように思います。社会人になっても意見をぷつけ合える友に巡り合い、良い人間関係を構築していきたいと思います。
いい話だがやや感傷的で、思い出に浸っている感が否めない。人間関係についての詰もややありきたり。どういう意見をぶつけ合い、その結果どうなったかを語ると、話が興味深くなる。少し抽象的すぎる印象。