日本ハム「 彩りキッチン ハーフベーコン」 カリカリジューシーだが発色剤が危険

  • 投稿日:
  • by

ベーコンにもハムやウィンナーと同様に亜硝酸Naが添加されています。ほかにもリン酸塩や着色料なども使われるこが多い食品ンです。ただし、中には発色剤を使っていない製品もまります。そうした製品はやや茶色っぽくて見た目は悪いのですが安心して食べることができます。

日本ハム 低温ハーフベーコン.jpg

品名
彩りキッチン ハーフベーコン
原材料
豚ばら肉、還元水あめ、卵たん白、食塩、大豆たん白、豚コラーゲン、乳たん白/調味料(有機酸等)、リン酸塩(Na)、カゼインNa、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、香辛料、コチニール色素、(一部に卵・乳成分・大豆・豚肉を含む)

添加物でつくられた不自然食品

原材料のうち、調味料(無機塩等)以外が添加物で、発色剤の亜硝酸沌が使われています。トレハロースは、きのこやエビなどに含まれる二糖類なので問題ありません。

増粘多糖類は、樹液や豆類、海藻、細菌などから抽出した粘性のある多糖類。全部で30品目程度あり、毒性のものは少ないのですが、中には発がん性や、胎児に影響のある催奇形性の疑いがあるものも。

ただし、どれが使われているのかは不明。pH調整剤は全部で30品目程度あり、酸性度ヤアルカリ度の調節、保存性向上の目的で使われます。

それほど毒性の強いものはありません。コチニール色素は、南米に生息するカイガラムシ科のエンジ虫から抽出した橙色の色素。これを3% 含むえさをラットに13週間食べさせた実験で、中性脂肪やコレステロールの増加が認められました。

微量でがんを引き起こすニトロソアミン類

亜硝酸ナトリウムとアミンが反応してできるニトロソアミン類は知られているだけでも10 種類以上あって、いずれも動物実験で発がん性が認められています。

中でも、代表的なN-ニトロソジメチルアミンの発がん性は非常に強く、えさや飲み水にわずか0.0001~0.0005 % 混ぜてラットに与えた実験で、肝臓や腎臓にがんが発生するという結果が得られました。

しかも、これまでにニトロソアミン類は、食肉製品からしばしば検出されているといいます。亜硝酸ナトリウムと肉に多く含まれるアミンとが反応してできてしまうようです。したがって、亜硝酸ナトリウムを添加したハムやウインナーソーセージ、ベーコンなどを頻繁に食べるのは好ましくないと考えられます。

安全なベーコンを食べるには

グリーンマークブランドの商品を購入しましょう。

安心、安全のグリーンマーク 信州ハム「グリーンマーク ローススライス 60g」