リンゴダイエットで20kg以上のダイエットに成功!便秘が解消し、肌荒れも解消

長期間諦めずに続けた人は20kg以上のダイエットも実現

最近、腸の健康状態が、全身の健康(特に免疫力)やダイエットに深く関係していることがわかってきました。そこで、注目されているのが「リンゴ」です。腸内環境を整えるリンゴ

リンゴは、食物繊維が豊富なうえに水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。そのため、リンゴを食べると腸のぜん動運動が促進され、お通じがよくなるのです。

また、水溶性食物繊維のリンゴペクチンは、腸の善玉菌のえさになるので、善玉菌が増え、腸内環境が整います。イギリスには、「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」、スペインには「毎日1個のリンゴは医者の費用を節約できる」などということわざがあります。

実際、リンゴをとると、腸内環境がよくなり、便秘が改善するだけではありません。近年の研究で、「血圧が下がる」「血糖値の急上昇を防ぐ」「ガンの発生や転移を防ぐ」「シミやくすみが減り、肌が白くキレイになる」「余分な脂肪が減り、筋力がつく」など、さまざまな健康効果が解明されてきました。

まさに、リンゴは食べる万能薬といえるでしょう。リンゴを使ったダイエットもその効果が見直されています。リンゴダイエットは、30年近く前に健康情報誌で紹介したところ、全国的なブームとなりました。昨今のダイエットブームの先駆けといえます。

3日間だけリンゴのみを食べるというダイエット法ですが、2~4kgの減量や便秘の解消など、多くの人がすぐに効果を実感しました。また、リンゴダイエットを定期的に長期問続けた人には、20kg以上やせた人も少なくありませんでした。その後、朝食にリンゴ1個を食べ、昼食や夕食は自由に食べる「朝リンゴダイエット」の人気も出てきました。

顔のむくみが取れてあごのラインがシャープに

43歳女性の場合

私はいろいろなダイエット法を試み、一度はやせるものの、リバウンドで少しずつ太ることをくり返していました。その影響で、身長156cmで体重が80kgもありました。そこで、3日間リンゴだけを食べるリンゴダイエットを毎月1回行ったところ、便がどっさり出るようになり、おなかのぜい肉がどんどん落ちました。そして、1年半後には54kgになり、26kgのダイエットに成功。ほおにあったシミや吹き出物が消え、その後はリバウンドもなく56kg前後をキープしています。

70歳代男性の場合

私は、若いころ、身長143cmで体重39kgと細身でした。ところが、結婚後、つい食べ過ぎるようになりました。そのため、10年前には58kgまで太り、ひざに負担がかかって痛みが出てきました。

階段を下りるのも大変だったので、友人に救えてもらったリンゴダイエットを始めました。私は、毎食前にリンゴを1個食べました。朝はヨーグルトにすりおろしたリンゴを入れ、ゴマやハチミツを加えて食ベました。昼や夜はリンゴを皮付きのまま丸ごと食べました。すると、どんぶりで食べていたご飯が、茶碗1杯で済むようになり、お菓子などの間食もしなくなりました。

最初に効果を感じたのは、お通じです。リンゴを食べるようになってすぐ、便秘が治り、バナナのような便がスルスル毎日出るようになりました。少しずつ体重も減り、3年後には10kg減って減量に成功しました。おかげで、ひざ痛も起こらなくなり、趣味の卓球を楽しんでいます。